ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 防災危機管理課 > 愛知県庁業務継続計画(愛知県庁BCP)

愛知県庁業務継続計画(愛知県庁BCP)

愛知県業務継続計画(愛知県庁BCP)を改定しました

 大規模災害が発生すると、行政自身も被災して業務が中断するなど、県民生活や経済活動等に大きな影響が及ぶおそれがあります。
 そこで、災害から県民の生命、身体、財産を守り、県民生活への影響を最小限に抑えるため、平成21年11月に「愛知県庁業務継続計画(愛知県庁BCP)」を策定し、業務継続力の向上に向けた取組を推進してきました。
 この度、東日本大震災の教訓や、新たに実施した被害予測調査の結果等を踏まえ、愛知県庁BCPを総点検して見直し、「南海トラフ地震想定」として改定しました。

見直しの特徴

○ 南海トラフ地震の被害想定を踏まえ、計画を総点検
 ・非常時優先業務の整理
 ・職員の参集予測の見直し

○ 発災時の初動対応を見直し
  津波浸水想定域、交通機関の運行状況、通信状況を踏まえた職員の参集行動を追加

○ 平常時の対策
 ・業務継続推進体制の強化
 ・BCPのマネジメント(BCM)の取組
 ・市町村へのBCP策定支援の取組

資料

 


 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)