ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

たばこ対策のページ

たばこ対策のページタイトル

たばこの害

 タバコは毒の缶詰

  • タバコの煙の中には約4000種類以上の物質が含まれているが、そのうち200種類以上は有害物質です。
  • 代表的な有害物質には、ニコチン、一酸化炭素、タールの他、カドミウム、砒素、アンモニア、シアン化水素、さらにはダイオキシンなどがあります。
  • ニコチンには、依存性があるほか、血管収縮作用や胃酸の分泌促進作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こします。
  • タールには、約40種類の発がん物質が含まれており、肺がんをはじめ、多くのがんを引き起こします。
  • 酸化炭素は、血管内皮を傷害して動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こします。また、ヘモグロビンとの結合力は酸素の約250倍も高く、酸素の運搬を妨害するため、持久力や作業能率が低下します。

   (厚生労働省「禁煙支援マニュアル」から抜粋)

タバコの害

たばこ対策に関する配布物は、こちらをご覧ください。

http://www.pref.aichi.jp/0000043075.html

受動喫煙防止に関する情報

受動喫煙の害

 タバコを吸わない人が知らず知らずのうちにタバコの煙を吸っていることを受動喫煙といい、最近問題になっています。喫煙している人のそばにいると、タバコを吸わない人までタバコの害を受けるからです。

受動喫煙でなぜタバコの害を受けるのか

 タバコに火をつけたとき、先から立ちこめる煙を「副流煙」、喫煙者が吸い込む煙を「主流煙」と呼びます。副流煙はアンモニアなどの刺激性ガスを多く含み、目や咽頭の粘膜に刺激を与えます。また、副流煙はタール、ニコチン、一酸化炭素などの有害物質が主流煙に比べて、二~三倍も濃度が高いのです。換気の悪い部屋で喫煙すると、室内の空気がタバコの煙で汚染され、周囲の人のがん、心臓病等のリスクが増大するなど受動喫煙によってタバコを吸わない人の健康まで脅かされます。とくに、感受性の高い新生児、幼児、学童、老人、呼吸器疾患の人に対する影響は気をつけなければいけません。

受動喫煙の害

受動喫煙防止対策について

 平成22年2月25日付けで厚生労働省健康局長から都道府県知事に対して通知があり、今後の受動喫煙防止対策としては原則建物内全面禁煙とすべきとされました。

 詳細は http://www.pref.aichi.jp/0000031347.html をご覧下さい。

受動喫煙防止対策実施施設認定制度

 愛知県では、すべての方々が、生涯を通じて、健康でいきいきと過ごす活力ある健康長寿あいちの実現を目指して、平成34年(2022年)度を目標とする健康づくりの計画として、「健康日本21新あいち計画」を策定いたしました。この計画における喫煙対策を推進するために、受動喫煙防止対策実施施設の認定制度を行っております。

 次の基準に適合する施設を「禁煙施設」と認定し、ステッカーを交付します。

  • 禁煙施設

   建物全体が禁煙で 、そのことを標示しており、屋内には灰皿が置いていない施設

認定は、施設がある地域を所轄する保健所が行います。申請や相談等は、所轄の保健所又は健康対策課へ問合せください。(ただし、名古屋市、豊橋市、豊田市、岡崎市を除く)

 詳しくは、http://www.pref.aichi.jp/kenkotaisaku/tobacco/damedas/damedas.html をご覧ください。

禁煙認定証ステッカー

受動喫煙防止対策推進事業様式集

愛知県立施設受動喫煙防止対策実施状況

 愛知県では、平成15年の健康増進法の施行を受け、愛知県立施設受動喫煙防止対策推進計画を策定し、受動喫煙防止対策を進めてまいりました結果、平成19年3月末をもちまして、すべての県立施設の禁煙・分煙化が完了しました。
部局ごとの受動喫煙防止対策実施状況(平成28年4月1日現在)
 部局 禁煙分煙未対策      計
 県庁 0 4 04
 知事政策局 1 0 0 1
 総務部20 9 029
 地域振興部 2 2 0 4
 県民生活部 6 1 0 7
 防災局 6 0 0 6
 健康福祉部671 068
 環境部 3 0 0 3
 産業労働部224 026
 農林水産部54 2 056
 建設部 411 042
 企業庁 201 0 21
 病院事業庁 3 1 0 4
 教育委員会 201 1 0202
 警察本部 60 3 0 63
 合計 50630 0 536

愛知県内市町村庁舎禁煙実施状況(平成28年1月1日現在)

庁舎
赤色が庁舎禁煙未実施市町村
白色は庁舎禁煙実施市町村
※瀬戸市・尾張旭市・岩倉市・幸田町は全ての市・町施設で敷地内禁煙実施

愛知県内公立学校敷地内禁煙実施状況(平成28年1月1日現在)

学校

禁煙支援に関する情報

あなたのニコチン依存度を判定(TDS)します

 次の10の質問に答え、はいの合計点数が5点以上になった場合、あなたはニコチン依存症である可能性があります。

ニコチン依存度判定テスト(TDS)
 質問項目はい(1点)いいえ(0点)
1自分が吸うつもりよりも,ずっと多くたばこを吸ってしまうことがありましたか?  
2禁煙や本数を減らそうと試みて,できなかったことがありましたか?  
3禁煙したり本数を減らそうとしたときに,たばこが欲しくて欲しくてたまらなくなることがありましたか?  
4禁煙したり本数を減らしたときに,次のどれかがありましたか?(イライラ,神経質,落ち着かない,集中しにくい,ゆううつ,頭痛,眠気,胃のむかつき,脈が遅い,手の震え,食欲または体重増加)  
5問4でうかがった症状を消すために,またたばこを吸い始めることがありましたか?   
6重い病気にかかった時に,たばこは良くないとわかっているのに吸うことがありましたか?   
7たばこのために,自分に健康問題が起きているとわかっていても,吸うことがありましたか?   
8たばこのために,自分に精神的問題が起きているとわかっていても,吸うことがありましたか?   
9自分はたばこに依存していると感じることがありましたか?  
10たばこが吸えないような仕事や付き合いを避けることが何度かありましたか?  
合計 ⇒ 5点以上で「ニコチン依存症」と診断  

<ニコチン依存症のスクリーニングテスト「TDS」について>

 保険適用の対象患者を抽出するために実施するニコチン依存症のスクリーニングテストは(TDS)は、WHOの、「国際疾病分類第10版」(ICD-10)やアメリカ精神医学会の「精神疾患の分類と診断の手引き」の改定第3版及び第4版に準拠して、精神医学的な見地からニコチン依存症を診断することを目的として開発されたものです。

 このテストは、上記の10項目の質問で構成されています。「はい」を1点、「いいえ」を0点とし、合計得点を計算します。質問に該当しない場合は、0点と計算します。このテストは、日本人を対象に信頼性と妥当性の検討がなされており、WHOの統合国際診断面接を用いたICD-10の診断結果をGoldStandardとした場合のTDSの感度は95%、特異度は81%と報告されています。ファーガストロームのニコチン依存度指数(FTND)は、生理学的な側面からニコチン依存症の程度を容易に評価するためのスクリーニングテストとして、国際的に広く用いられていますが、FTNDの旧版であるFTQとICD-10との相関は、TDSに比べて低く、精神医学的な立場から薬物依存症としてニコチン依存症をスクリーニングする場合はTDSを用いるのが正しいと考えられます。

(厚生労働省「禁煙支援マニュアル」から抜粋)

禁煙治療の方法 ~ あなたに合った方法を選ぶことが重要です ~

禁煙外来を利用する

■平成18年度から、禁煙治療に保険が適用されるようになりました。

 以下の条件をすべて満たす人が、保険治療対象者となります。これまでに禁煙に成功しなかった人も、医療機関を受診しニコチン依存症という病気を克服しましょう。

条件1 ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)でニコチン依存症と診断されること。

条件2 35歳以上の方は、ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること。

条件3 ただちに禁煙しようと思っていること。

条件4 禁煙治療について説明を受け、治療を受けることを文書により同意していること。

ただし、すべての医療機関が禁煙治療に保険が適用できるわけではありません。

禁煙治療に保険が適用できる医療機関の一覧は、下記を参照してください。http://www.pref.aichi.jp/kenkotaisaku/tobacco/supporters/supporters.html 

■標準的な禁煙治療プログラムとは?

期間:3ヶ月

回数:12週間に渡り計5回受診

   初回に禁煙開始日を決め、2週間後、4週間後、 8週間後、12週間後に禁煙継続のため受診します。

費用:2万円程度(飲み薬で治療し、保険適用3割自己負担の場合) 

   ・飲み薬(バレニクリン)

    その他に、医療用ニコチンパッチを使う場合もあります。

   ・専門家としての指導

バレニクリン

・飲み薬(バレニクリン)って?
ニコチンを含まない飲み薬で、ニコチンの禁断症状を抑えるほか、タバコがおいしいと感じにくくして喫煙欲求を抑える効果があります。
・禁煙治療費は高い?
1日に1箱(400円)吸うと2か月で約25,000円!
禁煙治療費のほうが安い!吸い続ければ、1年間で約15万円を燃やすことに・・

禁煙治療の詳細については下記の日本禁煙学会のホームページに掲載されています。

日本禁煙学会

禁煙サポート薬局を利用する

薬剤師が禁煙のコツをアドバイスしたり、たばこに関する不安や疑問等様々な相談にお答えすることができる禁煙サポート薬剤師がいる薬局を利用する方法です。

費用:相談は無料、禁煙補助剤の購入は実費

   ・市販用ニコチンパッチ

   ・ニコチンガム

期間:約3ヶ月   

ニコチンパッチの貼り方

禁煙サポート薬局の詳細については下記の愛知県薬剤師会のホームページに掲載されています。

http://www.apha.jp/medicine_info/entry-50.html

禁煙治療・禁煙支援医療機関等には、愛知県が次のようなステッカーを交付しています

禁煙治療実施医療機関用ステッカー

禁煙治療実施医療機関用ステッカー

禁煙治療保険適用医療機関用補助ステッカー

禁煙治療保険適用医療機関用補助ステッカー

禁煙サポート薬局用ステッカー

禁煙サポート薬局用ステッカー

世界禁煙デー・禁煙週間に関する情報

世界禁煙デーの様子
世界禁煙デー

 1987年の世界保健機関決議WHA40.38により、世界保健機関が設立40周年を迎える1988年4月7日が「第1回世界禁煙デー」と定められた。1988年に採択された決議WHA42.19で世界禁煙デーを毎年5月31日とすることが定められ、翌1989年以降この日に実施されています。

 WHOは、この禁煙デーを機会に、喫煙者にはタバコを控えるように、各国政府、自治体、個人などには喫煙と健康について考えるよう呼びかけでいます。

 この日にあわせ、世界中でさまざまな禁煙に関するイベントが開催されています。

禁煙週間

 日本では、厚生労働省が、平成4年から世界禁煙デーにあわせ5月31日から一週間を禁煙週間として国民に禁煙を呼びかけております。世界禁煙デーとあわせ禁煙週間中は日本においても各種のイベントが開催されています。

 愛知県の取組は http://www.pref.aichi.jp/0000061736.html を参照してください。

愛知県の喫煙率

県内男性喫煙率の推移(%)

年代

H12

H16

H21

H24

16~19歳

18.7

6.7

3.4

6.5

20歳代

48.8

38.2

27.1

34.5

30歳代

49.7

46.8

36.7

36.9

40歳代

48.7

47.4

39.1

32.0

50歳代

49.3

42.2

38.5

33.6

60歳代

39.8

34.2

29.3

29.6

70歳代~

27.7

23.2

15.0

15.7

県内女性喫煙率の推移(%)

年代

H12

H16

H21

H24

16~19歳

3.24.51.84.6

20歳代

19.515.717.56.7

30歳代

17.311.912.312.9

40歳代

10.713.916.17.8

50歳代

9.114.59.17.8

60歳代

6.17.96.24.8

70歳代~

5.03.73.82.2

出典 愛知県生活習慣関連調査

愛知県のたばこ対策の年表

愛知県たばこ対策年表

愛知県のたばこ対策関係会議実施状況

喫煙対策連絡会議

平成20年度

日時 平成20年5月12日(月曜日)

場所 愛知県自治センター

議題

 (1)禁煙週間の取り組みについて

 (2)今後の県立施設における受動喫煙防止対策について

 (3)その他

平成21年度

日時 平成21年5月12日(火曜日)

場所 愛知県庁西庁舎2F 第11会議室

議題

 (1)禁煙週間の取り組みについて

 (2)その他

平成22年度

日時 平成22年4月13日(火曜日)

場所 愛知県庁西庁舎1F 健康福祉部共用会議室

議題

 (1)今後の県立施設における受動喫煙防止対策について

   (2)禁煙週間の取り組みについて

 (3)その他

平成23年度

日時 平成23年5月11日(水曜日)

場所 愛知県西庁舎1F 健康福祉部共用会議室

議題 

  (1)禁煙週間の取り組みについて

  (2)その他

平成24年度

日時 平成24年5月15日(火曜日)

場所 愛知県西庁舎1F 健康福祉部共用会議室

議題 

   (1)禁煙週間の取り組みについて

   (2) 平成24年度喫煙対策の重点項目について

   (3)その他

平成24年度喫煙対策連絡会議資料

たばこ対策推進会議

平成20年度

日時 平成21年1月20日(火曜日)

場所 愛知県三の丸庁舎

議題

 (1)受動喫煙防止対策の推進について

 (2)平成21年度世界禁煙デー関連イベントの開催について

 (3)その他

会議資料等

平成21年度

日時 平成22年1月28日(木曜日)

場所 愛知県三の丸庁舎

議題

 (1)飲食店における受動喫煙防止対策の推進について

 (2)学校における防煙活動の推進について

 (3)世界禁煙デー関連イベントの開催について

 (4)その他

会議資料等

平成22年度

日時 平成23年1月26日(水曜日)

場所 愛知県自治センター

議題 

  (1)受動喫煙防止対策のあり方について

  (2)健康日本21あいち計画最終評価(たばこ分野)について

  (3)平成23年度愛知県たばこ対策事業について

  (4)その他

会議資料等

平成23年度

日時 平成24年1月23日(月曜日)

場所 愛知県三の丸庁舎

議題 

  (1) 健康日本21あいち計画最終評価(たばこ分野)(案)について

  (2) その他

会議資料等

平成24年度

日時 平成25年2月19日(火曜日)

場所 愛知県自治センター

議題 

  (1) 健康日本21あいち新計画について

  (2) 愛知県がん対策推進計画について

  (3) その他

会議資料等

平成25年度

日時 平成26年3月18日(火曜日)

場所 愛知県自治センター

議題 

  (1) たばこ対策の推進と地域の取組、関係機関の連携について

  (2) その他

会議資料等

平成26年度

日時 平成27年2月16日(月曜日)

場所 愛知県東大手庁舎

議題 

  (1) たばこを取り巻く最近の状況について

  (2) 地域におけるたばこ対策の取組みについて

  (3)愛知県におけるたばこ対策の取組みついて

  (4)関係団体、機関の取組みと課題について

  (5)世界禁煙デー関連のイベント計画について

会議資料等

平成27年度

日時 平成28年2月19日(金曜日)

場所 愛知県三の丸庁舎

議題等 

  (1) 愛知県におけるたばこ対策の取組について

  (2) 地域におけるたばこ対策の取組について

  (3)団体、関係機関の取組と課題について

会議資料等

    平成28年2月19日(金曜日)に開催されたたばこ対策推進会議資料です。

研修会・講演会の実施状況

受動喫煙防止対策研修会

平成22年度

受動喫煙防止対策研修会

日時 平成22年7月21日(水曜日) 午後1時30分から午後4時30分まで

場所 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 11階1104会議室

    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38

内容 「受動喫煙の健康影響 ~自治体設備の禁煙化に向けて~」

     講師 北海道深川市立病院 内科部長 松崎道幸氏

    「神奈川県受動喫煙防止条例の実現までの道のりと今後の課題」

     講師 神奈川県保健福祉局たばこ対策課 主幹 加藤康介氏

平成23年度

平成23年7月21日写真

平成23年度受動喫煙防止対策研修会

日時 平成23年7月21日(木曜日) 午後1時20分から午後4時30分まで

場所 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 12階1201会議室

内容 ・講演1 「子どもの受動喫煙と生活習慣病 ~小学生受動喫煙検診の結果から~」

     講師 日本小児禁煙研究会 代表幹事 井埜利博氏

   ・報告「公共施設敷地内禁煙を導入して ~これまでの取組と課題~」

     報告者 瀬戸市健康福祉部健康課 課長補佐 中村清治氏

   ・講演2 「知っているようで知られていない受動喫煙の本当の怖さ~女性と子どもをタバコから守ろう~」     

     講師 独立行政法人国立成育医療研究センター 原田正平氏

平成24年度

平成24年10月23日写真

平成24年度受動喫煙防止対策研修会

日時 平成24年10月23日(火曜日)午後1時から午後3時20分まで

場所 名古屋市女性会館 3階ホール

内容 ・講演「受動喫煙による健康被害」

    講師 愛知県がんセンター研究所 疫学・予防部 部長 田中 英夫 氏

   ・取組報告「トヨタ自動車における喫煙対策」

     トヨタ自動車株式会社 安全健康推進部 健康改善室  健康づくり活動推進グループ 嶋崎 大地 氏

平成25年度

受動喫煙防止対策を実践する関係者に対して、必要な知識や技術を習得する研修会を開催しました。

(1)日時 平成26年2月14日(金曜日) 午後1時30分から

(2)場所 名古屋市総合社会福祉会館

(3)主催 愛知県・名古屋市・全国健康保険協会愛知支部・健康保険組合連合会愛知連合会

(4)対象 企業・事業所、健康増進法第25条の対象となる施設の管理者等

(5)受講者 97名

(6)内容 講演1「たばこの煙とPM2.5について」

        講師 日本禁煙学会理事・総務委員長 宮﨑恭一 氏

      講演2「職場や住宅などにおける受動喫煙問題の法的対応について」

        講師 岡本総合法律事務所 弁護士 岡本光樹 氏

受講者アンケートからも「受動喫煙による健康被害について非常によくわかった」「法的な根拠を知ることができ、大変参考になった」「受動喫煙訴訟とその周辺の歴史的背景と流れや考え方の変遷を知ることができる大変良いものであった」と好評な意見が多く聞かれました。

研修会の様子

平成25年度受動喫煙防止対策研修会

研修会の資料

講習会資料

平成26年度

受動喫煙防止対策を実践する関係者に対して、必要な知識や技術を習得する研修会を開催しました。

(1)日時 平成26年11月19日(水曜日) 午後1時20分から

(2)場所 イーブルなごや

(3)主催 愛知県・名古屋市・全国健康保険協会愛知支部・健康保険組合連合会愛知連合会

(4)対象 企業・事業所、健康増進法第25条の対象となる施設の管理者等

(5)受講者 95名

(6)内容 講演1「受動喫煙対策のあゆみ ~『禁煙ジャーナル』発行25周年を振り返って~」

        講師 タバコ問題情報センター 代表理事 渡辺文学 氏

      講演2「ボランティアとして地域を動かす防煙・禁煙活動」

        講師 NPO法人 日本禁煙学会会員 花村一男 氏

受講者アンケートから「たばこ対策についての日本の状況・世界の状況がわかった」「小学生からの防煙教育の大切さがわかった」「受動喫煙対策を進める工夫とアイデアに驚いた」などの感想がありました。

渡辺文学氏

渡辺文学氏

花村一男氏

花村一男氏

講習会資料

平成27年度

受動喫煙防止対策を実践する関係者に対して、必要な知識や技術を習得する研修会を開催しました。

(1)日時 平成27年8月31日(月曜日) 午後2時から

(2)場所 名古屋市総合社会福祉会館

(3)主催 愛知県・名古屋市・全国健康保険協会愛知支部・健康保険組合連合会愛知連合会

(4)対象 企業・事業所、健康増進法第25条の対象となる施設の管理者等

(5)受講者 138名

(6)内容 講演「公共的な屋内空間(官公庁、企業、サービス産業)の全面禁煙化の

           必要性とメリット」

          講師 産業医科大学 産業生態科学研究所 健康開発科学研究室

            教授 大和 浩 氏

 

平成27年度受動喫煙防止対策研修会

研修会資料は、こちらをご覧ください。

http://tenji.med.uoeh-u.ac.jp/smoke/documents/1508-Aichi-Pref6-AM30min4.pptx

平成28年度

受動喫煙防止対策を実践する関係者に対して、必要な知識や技術を習得する研修会を開催しました。

(1)日時 平成28年7月26日(火曜日) 午後1時45分から

(2)場所 名古屋市高齢者就業支援センター

(3)主催 愛知県・名古屋市・全国健康保険協会愛知支部・健康保険組合連合会愛知連合会

(4)対象 企業・事業所、健康増進法第25条の対象となる施設の管理者等

(5)受講者 139名

(6)内容 講演1「リコーグループ喫煙対策について」

          講師 株式会社リコー コーポレート統括本部 ジャパンビジネスサポートセンター H&S統括部
               スペシャリスト 五十嵐 好彦 氏
               保健師      桃井 彩 氏 

              講演2「化学分析から見るたばこの煙」

          講師 国立保健医療科学院 生活環境部
               部長 欅田 尚樹 氏 

五十嵐氏
五十嵐好彦氏

桃井氏
桃井彩氏

欅田氏
欅田直樹氏

たばこ対策指導者養成講習会

平成20年度

日時 平成20年11月11日(火曜日)

場所 ウィルあいち

内容 「禁煙治療の実際と地域との連携」

  国立病院機構 名古屋医療センター 禁煙外来 専任看護師 谷口千枝 先生

  1 禁煙治療の実際
  2 市町村、学校現場との連携
  3 効果的指導法

講習会資料等

平成21年度(防煙関係)

講演会の様子

日時 平成21年11月5日(木曜日)

   午後2時30分から午後4時30分

場所 愛知県西三河総合庁舎 10階大会議室

内容 「時は今 教育・地域・医療が連携して子どもをタバコから守ろう」

   講師 京都府立医科大学 保健・予防医学教室 繁田正子氏

平成21年度(受動喫煙防止関係)

講演の様子

日時 平成21年11月12日(木曜日)

   午後2時30分から午後4時30分

場所 ウィンクあいち(愛知県産業労働センター) 10階1001会議室

内容 「飲食店における受動喫煙防止対策の進め方」

   講師 禁煙スタイル主宰 岩崎拓哉氏

平成22年度(禁煙支援・防煙関係)

日時 平成22年12月13日(月曜日)

    午後1時30分から午後4時30分まで

場所 愛知県産業労働センター 12階1201会議室

内容  ・講演1 「未来ある子どものための環境整備・防煙教育・禁煙支援~今、私たちが出来ること、すべきこと~」

     講師 禁煙マラソン 事務局長 三浦 秀史氏

       ・講演2 「中高生対象の禁煙支援~保健所における卒煙外来開設の取組み~」

        講師 静岡市保健所 所長 加治 正行氏

      ・情報提供 「防煙教育視覚教材の紹介」

     愛知県健康福祉部健康対策課 主任専門員 宇佐美 毅

平成22年度(母子禁煙支援関係)

日時 平成22年12月22日(水曜日)

    午後1時30分から午後4時30分まで

場所 愛知県産業労働センター 11階1101会議室

内容 ・講演1 「妊産婦・育児中の母親への禁煙支援」

     講師 医療法人徳洲会胎児科(茅ヶ崎徳洲会総合病院胎児クリニック)医師 中村 靖氏

    ・講演2 「母子保健活動における禁煙支援」

     講師 多治見市保健センター 保健師 永井 絢子氏

    ・講演3 「禁煙サポート薬局の取組み」

     講師 社団法人愛知県薬剤師会 理事 西川 弘嗣氏

平成23年度(禁煙支援・防煙関係)(共催 名古屋市)

■第一回 テーマ「学校での防煙教育・環境づくり」

日時 平成23年10月27日(木曜日)  午後1時30分から午後4時30分まで

場所 名古屋市昭和区役所 2階 講堂

内容 ・活動報告

   (1)「幼児防煙教育を実施して」

     講師 春日井市健康増進課 保健師 稲垣 めぐみ氏

   (2)「生徒主体の喫煙防止教育 ~ずっと無煙でいるために~」

     講師 愛知県立春日井西高等学校 養護教諭 木村 みどり氏

       ・講演「最初の1本を吸わせない地域づくりと未成年者の禁煙支援の立場から」

              講師 こどもをタバコから守る会 代表 加藤 一晴氏

■第二回 テーマ「成人への禁煙支援」

日時 平成23年10月31日(月曜日)  午後1時30分から午後4時30分まで

場所 愛知県産業労働センター 901会議室

内容 ・講演1 「COPD(慢性閉塞性肺疾患)と喫煙」

       講師 名古屋大学医学部付属病院呼吸器内科 助教 伊藤 理氏

       ・講演2 「毎月22日は禁煙の日、スワンスワンで禁煙を!-喫煙は病気、喫煙者は患者-」

            講師 禁煙推進学術ネットワーク 委員長 藤原 久義氏

       ・啓発媒体紹介「禁煙支援サポートブック」

      報告者 愛知県衣浦東部保健所 主査 長屋 由佳里氏

平成24年度

■第一回テーマ「学校での防煙教育・環境づくり」

 日時 平成24年8月9日(木曜日)午後1時20分から午後4時まで

 場所 名古屋市総合社会福祉会館 大会議室

 内容 ・講演「子どもに対する禁煙教育について」

     講師 無煙世代を育てる会 代表 平間 敬文 氏

   ・取組報告「黄柳野高等学校における禁煙の取組み」

     黄柳野高等学校 教頭 岡 晴雄 氏

■第二回テーマ「成人への禁煙支援」

 日時 平成24年10月22日(月曜日)午後1時30分から午後4時まで

 場所 名古屋市女性会館3階ホール

 内容 ・講演「あなたもできる! 禁煙サポートテクニック ~無関心期を中心に~」

      講師 独立行政法人国立病院機構 名古屋医療センター  禁煙外来看護師  谷口 千枝 氏

平成25年度

地域・職域でたばこ対策を実践する者に向けた禁煙支援の研修会を開催しました。

(1)日時 平成25年12月24日(火曜日) 午後1時30分から

(2)場所 伏見ライフプラザ5階 鯱城ホール

(3)主催 愛知県・名古屋市・全国健康保険協会愛知支部・健康保険組合連合会愛知連合会

(4)対象 企業・事業所、健診機関・医療機関、市町村等のたばこ対策担当者

(5)受講者 358名

(6)内容 「短時間でできる禁煙の効果的な働きかけ」

     講師 大阪がん循環器病予防センター 増居志津子氏

           (平成25年4月厚生労働省作成「禁煙支援マニュアル(第二版)」の編著者)

喫煙と健康の基礎的な知識から、現場での具体的な実践方法についての講演内容で、受講者からも「禁煙指導に対するやる気が高まった。是非実践したい」「非常に分かりやすく、今まで曖昧になっていたところがすっきりした」「どのようにアプローチするかが理解できた」という好評な意見が多く聞かれました。
講習会の様子

平成25年度たばこ対策指導者養成講習会

講習会の資料

平成26年度

日時 平成27年2月2日(月曜日) 午後1時30分から

場所 名古屋市総合社会福祉会館 大会議室

受講者 150名

喫煙者に対する個別支援を行う上での具体的な方法についての内容と個別支援は行わず、社内のルールをつくることで社内禁煙の取組みを行った内容の2つの講演でした。「個別支援を行う場合は、相手の行動変容ステージにおいて禁煙へのアプローチの仕方も変容させることが重要だと学んだ」「健康管理の推進体制について参考になった」など実践に活かせる内容であったという感想が多く寄せられました。

講演

1 「禁煙支援のコツ~短時間に効果的な支援を目指す~」

   講師 熊本市立熊本市民病院

       禁煙外来・糖尿病専任看護師 藤本恵子 氏

2 「社内禁煙の取り組み」

   講師 株式会社資生堂人事部人事企画室健康管理グループ

       ウェルネスステーション総括 新山さゆり 氏

平成26年度たばこ対策指導者養成講習会

平成26年度たばこ対策指導者養成講習会

講師 新山さゆり 氏

新山さゆり氏

平成27年度

日時 平成28年2月12日(金曜日) 午後1時30分から

場所 名古屋市中区役所ホール

受講者 172名

講演

1 「気づかせることからはじめる禁煙支援」

   講師 予防医療研究所

       代表 磯村 毅 氏

2 「受動喫煙防止を目指した母子健康事業での取り組み」

   講師 岐阜県郡上市健康福祉部健康課

       課長 和田 美江子 氏

講習会

平成27年度たばこ対策指導者養成講習会

講習会資料

     閲覧にはAdobe Readerが必要です。

     閲覧にはパワーポイントが必要です。

特定健診・特定保健指導における禁煙指導者育成研修会

講習会の様子

日時  1日目 平成21年7月16日(木曜日) 午前10時から午後4時まで

       2日目 平成21年7月17日(金曜日) 午前10時から午後4時まで

場所  愛知県自治研修所

対象者  特定保健指導にかかわる市町村・保健所等の医師、保健師、管理栄養士及び看護師等

研修内容 1日目 7月16日(木曜日)

       ・「愛知県におけるたばこ対策」

         講師 健康対策課 主任専門員 宇佐美毅

       ・「禁煙支援の基礎的知識(禁煙外来の実際と共に)」

         講師 独立行政法人国立病院機構 名古屋医療センター 専任看護師 谷口千枝先生

       2日目 7月17日(金曜日)

       ・「特定保健指導に生かすリセット禁煙の具体的な方法」

         講師 リセット禁煙研究会 代表 禁煙支援プロデューサー 医学博士 磯村毅先生

       ・「たばこ対策の枠組み」

         講師 国立保健医療科学院研究情報センター たばこ政策情報室 室長 吉見逸郎先生

       ・質疑応答

若い女性のための美容と喫煙に関する講演会

トークショーの様子

日時 平成20年10月7日(火曜日)

場所 椙山女学園大学星が丘キャンパス

内容

  1 トークショー 「からだのこと きれいのこと 健康のこと」

   ヘアー・メークアップアーチスト 山本浩未さん

  2 対談 「美容と喫煙」

   コーディネーター  愛知県健康福祉部技監 吉田 京

   ヘアー・メークアップアーチスト 山本浩未さん

   名古屋市立大学大学院医学研究科 森田明理教授

受動喫煙防止対策推進フォーラム

平成22年度 「迷惑タバコを防ぐためにできること。~食事を楽しむためのタバコのルールについて~」(愛知県・名古屋市 主催)

講師

日時 平成23年2月1日(火曜日)

場所 中区役所ホール

内容 

 講演:「サービス業における受動喫煙対策”分煙で受動喫煙は防げるの?”」

         講師 産業医科大学健康開発科学教室研究員 中田ゆり氏

 禁煙実施飲食店による事例報告:

   洋食ダイニングオガッシ 緒方利哉さん

   ナザレ新城店      吉橋敬子さん

 公開討論:「飲食店の禁煙化は可能か?」

   進 行    愛知県健康福祉部技監 柴田和顯

   アドバイザー 中田ゆり氏

   パネリスト  緒方利哉さん、吉橋敬子さん、県民代表 岩田賀世さん

           愛知県喫茶飲食生活衛生同業者組合理事長 舟橋左門氏

           名古屋市行政職員 榊原康人氏

事例報告
事例報告
写真

平成23年度「職場における受動喫煙対策をどう進めるか」(愛知労働局・愛知県・名古屋市 共催)

写真

基調講演

日時 平成23年11月14日(月曜日)

場所 名古屋市女性会館3階ホール

内容 ■基調講演:「タバコフリーな職場のつくりかた」

    講師 独立行政法人国立がん研究センター がん対策情報センター たばこ政策研究部長 望月友美子氏

   ■禁煙実施事業所による事例報告:

    ヤマハ健康管理センター 所長 倉田千弘氏

    三重県警察本部 厚生課 課長補佐 岡本孝夫氏

   ■公開討論会:「職場における受動喫煙防止対策をどう進めるか」

    進 行    名古屋市健康福祉局健康部 主幹 稲葉静代

    アドバイザー 望月友美子氏

    パネリスト   ヤマハ健康管理センター 所長 倉田千弘氏

            三重県警察本部厚生課 課長補佐 岡本孝夫氏

                愛知労働局労働基準部健康課 課長 竹平英敏

              半田保健所 保健師 椎葉直子

写真

事例報告1

写真

事例報告2

公開討論

公開討論会

平成24年度「職場に求められる喫煙対策を考える」(主催/愛知県・名古屋市・愛知労働局・全国健康保険協会愛知支部・健康保険組合連合会愛知連合会)

基調講演

基調講演

日時 平成25年1月22日(火曜日) 14時00分~16時30分

場所 愛知県歯科医師会館 2Fホール

内容 ■喫煙対策実施事業所による事例報告:

     大豊工業株式会社 総務部 杉山 徹氏

     サンエイ株式会社 安全衛生推進部 保健師 神崎 友子氏

       ■基調講演:

    「職場の受動喫煙対策に関わる労働安全衛生法改正の動きと企業に求められる喫煙対策」

     産業医科大学 産業生態科学研究所 健康開発科学研究室 教授 大和 浩氏

   ■パネルディスカッション:「職場に求められる喫煙対策を考える」

     進   行  谷口 千枝氏(国立病院機構名古屋医療センター 禁煙外来看護師)

     パネリスト  大和 浩氏(産業医科大学 教授)

            杉山 徹氏(大豊工業株式会社 総務部)

            神崎 友子氏(サンエイ株式会社 安全衛生推進部 保健師) 

事例報告1

事例報告1

事例報告2

事例報告2

会場

パネルディスカッション

これから開催する研修会・講演会のご案内

現在、開催予定の研修会・講習会はありません。

決まり次第随時ホームページに公開します。

愛知県主催のたばこ対策関係の研修会、講演会、フォーラムなどのイベント情報をメールでご案内いたします。

配信ご希望の方は、こちらから登録をお願いいたします。

https://www.shinsei.e-aichi.jp/pref-aichi-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=6243

スマートフォンはこちらから登録をお願いします。

スマートフォンはこちらから登録をお願いいたします。

携帯電話はこちらから登録をお願いします。

携帯電話はこちらから登録をお願いいたします。

保健所・市町村の喫煙対策実績

禁煙週間実施状況

地域喫煙対策推進事業実施状況

たばこ対策に関する条例の制定状況

平成28年2月1日現在の市町村の条例制定状況

たばこ対策に関する条例制定状況

自治体名

条例名

受動喫煙防止

路上喫煙防止

名古屋市安心・安全で快適なまちづくりなごや条例 
豊橋市豊橋市快適なまちづくりを推進する条例 
一宮市一宮市路上等の喫煙等の防止に関する条例 
稲沢市稲沢市快適で住みよいまちづくり条例 
小牧市小牧市快適で清潔なまちづくり条例 
大府市「健康都市おおぶ」みんなで美しいまちをつくる条例 
安城市安城市さわやかマナーまちづくり条例 

各種調査結果

公共の場所等における受動喫煙防止対策実施状況調査報告

平成16年度

平成21年度

飲食店における受動喫煙防止対策実施状況の訪問調査結果

目  的

平成15年5月に健康増進法が施行されてから7年が経過し、公共交通機関、官公庁、医療機関等の受動喫煙防止対策は、改善が進みつつありますが、その他の施設では、受動喫煙防止対策はまだまだ進んでいないのが現状です。そこで、こうした施設の中で、県民の関心が高く、今後更なる対策が求められる飲食店に焦点を絞り、受動喫煙防止対策の実施状況及び今後の取り組み予定等を把握するための訪問調査を実施しました。

調査方法

(1) 調査時期:平成21年10月1日から平成22年2月26日

(2) 調査方法:調査対象の全ての店舗に訪問し、聞き取りにより調査を行ないました。

(3) 調査対象:県内(名古屋市、中核市除く)の飲食店 10,944店舗

調査内容

ア 営業内容に関する事項

イ 従業員雇用に関する事項

ウ 禁煙・分煙に関する事項

エ たばこ販売に関する事項

オ 従業員・利用者からの声に関する事項

カ 来客数、客層に対する禁煙化・分煙化の影響等

キ 受動喫煙防止対策実施施設認定申請の意向

回答状況等

(1) 回答結果:実在した店舗8,558施設のうち7,080施設から回答(回答率83%)

調査結果のポイント

(1) 業種別の禁煙率

業種別の禁煙率は、カレー専門店系店舗74%、ファストフード店68%、寿司店舗32%の順で高く、バー0%、居酒屋1%、焼肉1%、お好み焼き2%などの業種では低く留まっていました。

(2)  禁煙化したあとの来客数、売り上げ、客層の変化

禁煙化をすでに実施済みの施設に対し、禁煙化後の来客数、売り上げ、客層の変化を聞いたところ、いずれの項目も変化がなかったという回答が90%以上を占め、受動喫煙防止対策による飲食店経営への影響は見られませんでした。

禁煙飲食店普及モデル事業について

 愛知県では、禁煙営業による影響の時系列変化と保健所による支援のあり方を検証するため、平成22年度県内の飲食店でモデル的に3ヶ月間禁煙営業を実施していただく店舗に対し、飲食店禁煙化の専門家によるアドバイスや保健所の支援活動を実施し、禁煙化後の来客数等の変化を追跡調査する「禁煙飲食店普及モデル事業」を実施しました。

詳しくは、下記をご覧ください。

http://www.pref.aichi.jp/0000033729.html

http://www.pref.aichi.jp/0000040416.html

リンク

○厚生労働省・たばこと健康に関する情報ページ

     http://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/main.html

○厚生労働省・最新たばこ情報(健康ネット)

… 健康・体力づくり事業財団のページ(たばこ対策年表などの資料が充実)

    http://www.health-net.or.jp/tobacco/front.html

○愛知労働局  http://aichi-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/

○愛知県医師会  http://wwwinfo.aichi.med.or.jp/

○愛知県歯科医師会 http://www.aichi8020.net/

○愛知県薬剤師会 http://www.apha.jp/top/

○愛知県健康福祉部健康対策課 http://www.pref.aichi.jp/kenkotaisaku/

○あいち健康プラザ http://www.ahv.pref.aichi.jp/

○日本禁煙学会 http://www.nosmoke55.jp/

○洲本市禁煙支援センター   http://www1.sumoto.gr.jp/shinryou/kituen/

○禁煙マラソン   http://kinen-marathon.jp/

○日本禁煙科学会    http://www.jascs.jp/

○少年サポートセンター  http://www.pref.aichi.jp/police/safety/shonen/bousi-5.html

関連コンテンツ

問合せ

愛知県 健康福祉部 保健医療局健康対策課

E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)