ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 企業立地情報 > 企業立地情報 > 中部臨空都市での研究開発センター建設に係る愛知県とユミコア社(ベルギー)との覚書締結について

中部臨空都市での研究開発センター建設に係る愛知県とユミコア社(ベルギー)との覚書締結について

平成24年6月14日(木曜日)発表

中部臨空都市での研究開発センター建設に係る愛知県とユミコア社(ベルギー)との覚書締結について

この度、ベルギーの機能材料大手ユミコア社(Umicore S.A.)が(株)日本触媒と共同で新会社「ユミコア日本触媒(株)」を設立し、本県常滑市の中部臨空都市に研究開発センターを建設することになりました。

ユミコア日本触媒(株)は、この研究開発センターにおいて、日本の自動車メーカーと共同で自動車触媒の研究開発を行う予定であり、今般の立地は、本県の基幹産業である自動車産業のさらなる発展に大きく寄与するものと期待されます。

研究開発センター建設に関して、愛知県とユミコア社は基本的な合意に達したため、本日、大阪市内において、愛知県の大村知事と、ユミコア社のマーク・グリンバーグ(Mr.Marc Grynberg)CEOとで、覚書を締結しましたので、ご報告させていただきます。

なお、覚書の締結式には、折から来日中のベルギー王国フィリップ皇太子殿下がご臨席されました。

1 覚書の概要

ベルギー・ユミコア社は、その出資会社(ユミコア日本触媒(株))を通じて、愛知県常滑市の中部臨空都市に研究開発センターを建設し、愛知県は、ユミコア社の建設に対し支援を行うことを双方確認する。覚書の写しについては、別添のとおりです。

覚書(写し)

2 今後のスケジュール(予定)

○本年8月に、愛知県企業庁とユミコア日本触媒(株)との間で、事業用借地権設定契約を締結。

○本年10月に、ユミコア日本触媒(株)に土地を引渡し、工事着工。

○平成25年10月に研究開発センター竣工。ユミコア日本触媒(株)による操業開始。

3 立地場所の詳細

○住所  常滑市りんくう町1丁目25-19

○面積  約1.5ヘクタール

○地図  下記位置図参照

ichi

↑ 上記位置図の「2」が空港対岸部です。

map

↑ 今回の立地区画です。

添付資料

ユミコア社(ベルギー)・株式会社日本触媒の概要

問合せ

愛知県産業労働部 産業立地通商課
 国際ビジネスグループ 担当:判治、杉本
 052-954-6356(ダイヤルイン)
愛知県企業庁 企業立地部 企業誘致課
 臨空都市総括・対岸部グループ 担当:永井、秋田
 052-954-6693(ダイヤルイン)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)