ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 広報広聴課 > 定例知事記者会見での市町村等イベント紹介

定例知事記者会見での市町村等イベント紹介

平成29年12月11日

12.11

岡崎モーターフェスティバル(岡崎市)

岡崎市では、12月17日(日曜日)に、岡崎中央総合公園で「岡崎モーターフェスティバル」を開催します。
岡崎市出身の元F1ドライバーの中嶋悟さんと、レーシングドライバーの中嶋一貴選手、中嶋大祐選手の親子3人を迎えトークショーや、レーシングカーのデモ走行などを行います。
そのほか、岡崎市消防本部に配備されている全地形対応車「レッドサラマンダー」を始め、はたらく車の展示や、交通安全啓発コーナーなど、家族で楽しめるイベントを用意しています。

ウィンターイルミネーション in 太田川2017(東海市)

東海市では、12月2日(土曜日)から1月8日(月・祝)まで、太田川駅周辺で「ウィンターイルミネーション in 太田川2017」を開催しています。
今年は「太田川きらめきアートナイト」をテーマに、どんでん広場や大屋根広場など太田川駅一帯でイルミネーションを展開します。約63,000球のLEDライトを使用し、生命の輝きを表現したメインオブジェのほか、光のアーチや映像投影、市民と作成した約100個のランタンなどで冬の太田川を彩ります。
毎週土曜日とクリスマスイブには、音楽と映像と照明を融合させたイルミネーションイベントも開催しています。

平成29年12月4日

12.04

2017 長久手コレクション冬・光(長久手市)

長久手市では、1月31日(水曜日)まで「2017 長久手コレクション冬・光」を開催しています。
市内の施設がイルミネーションの光で輝き、まるで星くずの輪のように冬の夜を彩ります。
また文化の家では、今年初めて約20,000球の屋内イルミネーションを実施します。たくさんの輝きに包まれた夢のような光の家をお楽しみください。

平成29年11月27日

11.27

第6回あさひ冬フェスタ(尾張旭市)

尾張旭市では、12月1日(金曜日)から12月25日(月曜日)まで、「第6回あさひ冬フェスタ」を開催します。
6回目となる今回は、「あさひを彩る冬」をテーマとして開催し、尾張旭駅前の色鮮やかなイルミネーションや、スカイワードあさひの展望室から360度の夜景と紅茶が楽しめる「夜景茶会」のほか、市内各所でコンサートなどのイベントを開催します。
12月16日(土曜日)にはメインイベント「Xmasキャンドルナイト」を開催し、駅前広場を色鮮やかなキャンドルで彩るほか、抽選会などをお楽しみいただけます。
また、会場には「第70回全国植樹祭」をPRするブースも出展されます。

平成29年11月20日

11.20

岡崎 泰平の祈り(岡崎市)

岡崎市では、11月25日(土曜日)に、乙川の殿橋から潜水橋までの区間で、光の祭典・「岡崎 泰平の祈り」を開催します。
泰平の世を築いた家康公の生誕の地岡崎において、LEDを内蔵した青く光る玉「いのり星」を、岡崎城下を流れる乙川に放流して、泰平を願う光で埋め尽くす光の祭典です。
約20,000個の「いのり星」や、川岸の竹灯篭の光が演出する幻想的な水辺空間をお楽しみください。

デンパーク ウィンターフェスティバル(安城市)

安城市では、11月25日(土曜日)から1月14日(日曜日)まで、「デンパーク ウィンターフェスティバル」を開催します。
ウィンターフェスティバルでは、30万球のイルミネーションが、北欧のクリスマスをテーマとした園内をロマンチックな雰囲気に彩ります。
11月25日には、SKE48のメンバーが開園20周年記念広報大使「ラブ・クレッシェンド」として登場し、イルミネーション点灯式を開催します。
また期間中は、スウェーデンを代表する切り絵作家「アグネータ・フロックの世界展」の開催のほか、高さ8mにも及ぶビッグツリーが登場する「クリスマスフラワーショー」や音楽に合わせて夜空を彩る「花火ショー」などのイベントも行われます。

平成29年11月13日

11.13

第20回そぶえイチョウ黄葉まつり(稲沢市)

稲沢市では、11月18日(土曜日)から11月26日(日曜日)まで、祖父江町で「第20回そぶえイチョウ黄葉まつり」を開催します。
第20回目となる今回は、サブテーマを「イチョウの郷の成人式」として開催し、町内全体を彩る1万本以上のイチョウのほか、ウォーキングイベントや写生大会、銀杏加工品の物産販売などもお楽しみいただけます。
また、25日(土曜日)までは、午後5時から午後9時まで、祐専寺(ゆうせんじ)周辺において黄金色に染まったイチョウの木のライトアップを行い、光に照らされ輝きを増した幻想的なイチョウをご覧いただけます。

平成29年11月6日

11.6

小原四季桜まつり(豊田市)

豊田市では、11月1日(水曜日)から30日(木曜日)まで、小原地区の4会場で「小原四季桜まつり」を開催しています。
祭り期間中は、桜と紅葉による紅白のコラボレーションが、「秋の里山」を情緒豊かに彩ります。
ヘボ飯というハチノコご飯など地元料理が食べられる会場、小原の伝統工芸品である和紙工芸が体験できる会場、山一面が四季桜に覆われる川見(せんみ)四季桜の里など、会場ごとに違う魅力を体験できます。

参候祭(設楽町)

設楽町では、11月11日(土曜日)に、三都橋津島神社で「参候祭(さんぞろまつり)」を開催します。
およそ400年前から伝わるとされる参候祭は、奥三河の奇祭ともいわれ、七福神と禰宜(ねぎ)の問答や、軽妙で愉快な舞のユーモラスさが観客を沸かせるお祭りです。
昼過ぎから保存会の方や子ども達が、神輿を担いで栗島(くりじま)の観音堂から津島神社までを練り歩き、夜の7時頃より七福神が登場して場内は最高に盛り上がります。祭りは9時過ぎまで行われ、餅投げで終了します。
来場者には、ぼたもちや甘酒が振る舞われます。

平成29年10月30日

10.30

刈谷産業まつり2017(刈谷市)

刈谷市では、11月4日(土曜日)・5日(日曜日)に、刈谷市産業振興センターで「刈谷産業まつり2017」を開催します。
刈谷市を始め、碧南、安城、知立、高浜の5市から58企業が集まり、各ブースで商品や製品の展示、販売などを行います。
また、小学生を対象に、ものづくりの楽しさを学ぶ「たのしいものづくり教室」のほか、刈谷市と交流のある長野県下條村や奈良県東吉野村の物産展、地元商店街などによる即売会なども行われます。

新城ラリー2017(新城市)

11月4日(土曜日)・5日(日曜日)に、県営新城総合公園をメイン会場として「新城ラリー2017」を開催します。
全日本ラリー選手権の最終戦である「新城ラリー」は、園内道路を競技区間とし、トップドライバーの迫力あるタイムアタックを間近で観戦していただけます。
また会場では、「デモラン」や「世界の歴代ラリー車の展示」、奥三河のグルメが味わえる飲食ブースなど、ラリー観戦と併せて1日中楽しめるイベントが盛りだくさんです。

東栄フェスティバル(東栄町)

東栄町では、11月3日(金曜日・祝日)に、東栄ドームで「東栄フェスティバル」を開催します。
東栄町では、約700年前から伝承され、国の重要無形民俗文化財である「花祭」が、毎年11月か3月にかけて町内11地区で行われています。
フェスティバルでは、この「花祭」シーズン幕開けに先立ち、町内代表の保存会の皆さんが出演し、約40種類にも及ぶ花祭の舞を、短縮したダイジェスト版で披露します。
また、三遠南信地域に伝わる伝統芸能の実演や、和太鼓集団「志多ら」の演奏、チェンソーアートの実演、こだわりの特産品が並ぶ東栄物産市もあり、東栄町の魅力を存分にお楽しみいただけます。

平成29年10月16日

10.16

江南市民花火大会2017(江南市)

江南市では、10月21日(土曜日)に、すいとぴあ江南で「江南市民花火大会2017」を開催します。
この花火大会は、市民の皆さんからリクエストのあった曲に合わせて打ち上げられる「音楽花火」が特徴で、花火とレーザーの競演も見ごたえがあります。
夏とは雰囲気が異なり、秋の澄んだ夜空に鮮やかに咲く江南の花火をお楽しみください。

からくり町巡り(犬山市)

犬山市では、10月28日(土曜日)・29日(日曜日)に、犬山城の城下町一帯で「からくり町巡り」を開催します。
昨年、ユネスコ無形文化遺産にも登録された「犬山祭」で披露される、多彩なからくり人形を間近で見ることができます。
車山(やま)を保存している各蔵での実演に加え、「からくり展示館」などの関連施設も入館無料となりますので、町を巡りながら、からくりの魅力を体感していただけます。

第38回小牧市民まつり(小牧市)

小牧市では、10月21日(土曜日)・22日(日曜日)に、小牧山史跡公園や小牧駅周辺などで「第38回小牧市民まつり」を開催します。
当日は、こけ玉作りや木工教室など、親子で楽しめる体験ブースの他、ご当地グルメ・物産品フェア、ステージではキャラクターショーや和太鼓演奏などをお楽しみいただけます。
また、22日(日曜日)には、メインイベントとしてパレードが開催され、小中学生によるマーチングバンドの演奏や、信長と濃姫・吉乃・お市の三姫などによる迫力満点の信長行列が行われます。

平成29年10月11日

10.11

第51回常滑焼まつり(常滑市)

常滑市では、10月14日(土曜日)・15日(日曜日)に、市内4会場で「第51回常滑焼まつり」を開催します。
今年4月に「日本六古窯」として日本遺産に認定された常滑焼の魅力を、「知る」「買う」「体験する」をキーワードに楽しんでいただけます。
この2日間しか買うことができない、秋色をテーマとした作品が限定販売されるほか、常滑焼の歴史を紹介する「常滑焼 歴史展」や、常滑焼を使ったお茶の教室、料理の盛りつけを学ぶワークショップなど、様々な企画を用意しています。

第16回鬼みちまつり(高浜市)

三州瓦の伝統的産地として知られています高浜市では、10月14日(土曜日)に、高浜港駅から「かわら美術館」までの約5kmの散策道で、「第16回鬼みちまつり」を開催します。
「鬼みち」と呼ばれるこの散策道は、飾り瓦や鬼瓦など瓦の造形美がふんだんにあしらわれ、「新日本歩く道紀行100選・ふるさとの道」にも選ばれています。
当日は、市内の小学生が瓦粘土で作った「鬼あかり」など約2,000個のランプシェードが飾られ、日没後は灯りを灯し、幻想的な雰囲気となります。
また、粘土で遊べる体験コーナーや、高浜名物「とりめし」などのグルメをお楽しみいただけるほか、お囃子が奏でるリズムをアレンジした「チャラポコ踊り」など、様々なステージイベントが行われます。

平成29年10月2日

10.2

かすがい!スポーツフェスティバル(春日井市)

春日井市では、10月9日(月曜日・祝日)に、総合体育館始め市内5会場で「かすがい!スポーツフェスティバル」を開催します。
当日は、子どもからお年寄りまで幅広い年齢の方にいろいろなスポーツを楽しんでいただける、体育の日にふさわしいスポーツ体感デーとなります。
また、今年は新たに「朝宮(あさみや)公園」を会場に加え、テニスコートの無料開放や、5cm幅のベルト上でバランス力に挑戦する「スラックライン体験」なども楽しめます。

第18回大浜てらまちウォーキング(碧南市)

碧南市では、10月15日(日曜日)に、大浜地区一帯で「第18回大浜てらまちウォーキング」を開催します。
古くから港町として栄えた大浜地区は、潮風薫る路地やお寺が点在し、味噌などを醸造する黒壁の蔵など、先人たちが残した風情ある町並みが特徴です。
当日は、大浜地区を散策しながら、「へきなん焼きそば」などのグルメや、お寺で行われる「お寺カフェ」、「語り部の上演」などの催しをお楽しみいただけます。
また、「てらまち縁日」や「商店街スタンプラリー」などのイベントも、てらまちウォーキングを盛り上げます。

平成29年9月25日

9.25

2017江南市民まつり(江南市)

江南市では、10月7日(土曜日)・8日(日曜日)に、すいとぴあ江南で「2017江南市民まつり」を開催します。
秋空の下、インテリア織物などの地場産業の展示会や、特産品の即売会、ステージショーなどイベントが盛りだくさんです。
また7日(土曜日)夕方には、LEDを付けた「たこ」をあげる「夜の親子連だこあげ大会」も行われます。

第八回はんだ山車まつり(半田市)

半田市では、10月7日(土曜日)・8日(日曜日)に、半田市役所周辺で「第八回はんだ山車まつり」を開催します。
「はんだ山車まつり」は、市内10地区の豪華絢爛な山車31輌が5年に一度集結する、県内最大級の山車行事です。
今回は「美」をテーマに、特に山車の精緻な彫刻や刺繍幕の美しさ、山車を曳く祭り人が醸し出す美を感じることができます。
また、夕方から行われる宵祭りでは、山車に提灯が飾られ、幻想的な雰囲気をお楽しみいただけます。

平成29年9月19日

9.19

歴史の里 だみね城まつり(設楽町)

設楽町では、10月1日(日曜日)に、田峯(だみね)地区一帯で「歴史の里 だみね城まつり」を開催します。
陣太鼓や鉄砲隊などのパフォーマンスが披露され、田峯名物の大五平餅や地域に伝わる田峯そばなど、東三河の名産品も出そろいます。
この他にも「田峯城」や、国の登録有形文化財で今なお現役の木造校舎「田峯小学校」など、見どころ満載です。
また、津具地区では「奥三河つぐ高原マルシェ」が開催され、奥三河の食やステージイベントなどをお楽しみいただけます。

尾張津島秋まつり(津島市)

津島市では、9月30日(土曜日)・10月1日(日曜日)に、津島駅周辺、津島神社などで「尾張津島秋まつり」を開催します。
「尾張津島秋まつり」は、天王祭とならぶ津島の二大祭礼です。
当日は、市内に現存する16台の山車が登場し、からくり人形の妙技を披露します。また、山車の前方を持ち上げ回転させる勇壮な「車切(しゃぎり)」は必見です。夜には、提灯の明かりで照らされた優美な姿をご覧いただけます。
また、この他にも太鼓や鉦(かね)を打ち鳴らす賑やかな石採祭車(いしどりさいしゃ)や神楽(かぐら)、子供獅子など各町内に伝わる様々な祭がとり行われます。

平成29年9月11日

9.11

第34回一豊まつり(一宮市)

一宮市では、9月17日(日曜日)に木曽川町で「第34回一豊まつり」を開催します。
「一豊まつり」は、戦国・安土桃山時代の武将・山内一豊公の生誕の地にちなんで、「町おこし」として昭和59年に始まりました。
一豊公を始め妻の千代や家来などの戦国時代パレードをお楽しみいただけるほか、メイン会場の黒田小学校では、乗馬体験など様々なイベントが行われます。

秋の茶臼山高原まつり(豊根村)

豊根村では、9月16日(土曜日)から11月5日(日曜日)まで、茶臼山高原で「秋の茶臼山高原まつり」を開催します。
期間中の9月24日(日曜日)には、東三河・遠州・南信州の3地域の「海の幸」「山の幸」を堪能できる「三遠南信食の祭典」、10月8日(日曜日)には、2mの大鍋で煮た芋煮汁を振舞う「芋煮会」など、様々なイベントが開催され、地元のグルメとともに、秋の茶臼山をお楽しみいただけます。
また10月7日(土曜日)からは、夜間にライトアップが行われ、星空と紅葉が織りなす美しい風景をご覧いただけます。

平成29年9月4日

9.4

こまき信長夢夜会(小牧市)

小牧市では、9月16日(土曜日)に、小牧山史跡公園で「こまき信長夢夜会」を開催します。
小牧山城を築城した織田信長は、様々な手法で客人をもてなしたと言われ、当日は、信長にちなみ、現代の小牧山城に“おもてなし”を再現します。
行灯やバルーンアートで装飾された幻想的な雰囲気の中で、名古屋コーチンなど地元の食材を使ったこだわりのグルメや、日本では信長が初めて飲んだといわれるワインを味わいながら、ダンスやジャズ演奏などのステージイベントをお楽しみいただけます。

2017トライアスロン伊良湖大会(田原市)

田原市では、9月10日(日曜日)に、渥美半島伊良湖岬で「2017トライアスロン伊良湖大会」を開催します。
この大会は、渥美半島の美しい景色の中で競うトライアスロンレースとして、全国から約1,000名の選手が集まる人気の大会です。
前日には、伊良湖港緑地公園で前夜祭が行われ、地域の方々と選手が交流を深めるイベントや、選手をおもてなしするステージショーのほか、花火大会も開催されます。

平成29年8月28日

8.28

第16回やろ舞い大祭(大口町)

大口町では、9月9日(土曜日)に大口町民会館第1駐車場で「第16回やろ舞い大祭(たいさい)」を開催します。
町内外から47チームが参加して、個性豊かな衣裳で元気いっぱいの演舞を披露し、会場内は熱気に包まれ、笑顔があふれます。
また、美味しいものを集めた「食お舞い横丁」、子ども向けゲームや写真コーナーなどを集めた「やろ舞い横丁」もお楽しみいただけます。

日本遺産認定記念 第86回せともの祭(瀬戸市)

瀬戸市では、9月9日(土曜日)・10日(日曜日)に、「日本遺産認定記念 第86回せともの祭」を開催します。
瀬戸川沿いに約200軒の、せともの店が立ち並ぶ「せともの大廉売市」は、普段使いの器から陶芸作品まで豊富に並ぶ、全国最大級の陶磁器のイベントです。
今年は、「瀬戸焼ブランドの発信」をテーマに「瀬戸の窯元ゾーン」や「若手作家ゾーン」を設け、様々な作品を通して瀬戸焼の魅力を楽しめます。
また9日(土曜日)夜には、今年4月の日本遺産認定を祝して、約800発の打ち上げ花火が夜空を彩り、祭りに華を添えます。

平成29年8月15日

8.15

稲沢夏まつり2017(稲沢市)

稲沢市では、8月26日(土曜日)に、サリオパーク祖父江で「稲沢夏まつり2017」を開催します。
当日は、ゲームブースや模擬店が並び、市のマスコットキャラクター「いなッピー」や子どもたちによるステージイベントも行われます。
また、メインイベントとして、約4,000発の打ち上げ花火と、尾張最大級を誇る173mのナイアガラ花火が夜空を鮮やかに彩ります。

りんくう常夏フェスティバル・常滑納涼花火大会(常滑市)

常滑市では、8月19日(土曜日)・20日(日曜日)に、名鉄りんくう常滑駅 北広場で「りんくう常夏フェスティバル」を開催します。
常滑焼のファンをより増やすために、常滑焼の器でかき氷を食べたり、ドリンクを飲んだりできるコーナーを設けるほか、子どもたちが楽しめる縁日ブースや、絵付け体験ができる常滑焼体験ブースなど、常滑の夏を楽しめます。
また、19日(土曜日)夜7時からは、「常滑納涼花火大会」を開催し、愛知県の「空の玄関」である常滑の夜空を彩ります。

平成29年8月7日

8.7

第20回こうた夏まつり(幸田町)

幸田町では、8月19日(土曜日)にハッピネス・ヒル・幸田で「第20回こうた夏まつり」を開催します。
当日は、キッズダンスや和太鼓演奏のステージイベントのほか、フリーマーケットなどが行われます。
フィナーレの花火大会では、地元保存会による伝統の手筒花火と打ち上げ花火の共演をお楽しみいただけます。

第48回東海まつり花火大会(東海市)

東海市では、8月12日(土曜日)に、大池公園一帯で「第48回東海まつり花火大会」を開催します。
スターマインや大乱玉など約4,000発の花火が打ち上げられ、毎年、市内外から多くの人が来場します。
夜空を彩る花火と、大池の水面に映る花火にも風情があり見物です。特に、フィナーレを飾る“大スターマイン”は圧巻です。

平成29年7月31日

7.31

第23回東郷町民レガッタ(東郷町)

東郷町では、8月6日(日曜日)に愛知池漕艇場で「第23回東郷町民レガッタ」を開催します。
平成6年に国民体育大会の漕艇競技の会場となった東郷町では、ボートが町民スポーツとして親しまれており、毎年レガッタの大会を開催しています。
大会では、1艇のボートに漕ぎ手4人、舵取り1人が乗り、5人が掛け声とともに500mを力いっぱい漕いでタイムを競います。
今年は、小学生からシニアの方まで、148クルー(チーム)がエントリーし、白熱したレースが繰り広げられます。

須成祭(蟹江町)

蟹江町では、8月5日(土曜日)・6日(日曜日)に、「須成祭(すなりまつり)」を開催します。
この祭は、400年あまり続く冨吉建速(とみよしたてはや)神社・八剱社(はちけんしゃ)の祭礼で、夏の疫病退散と五穀豊穣を願って行われてきました。昨年、ユネスコ無形文化遺産に登録された、あいちが誇る山車行事の一つです。
5日(土曜日)の宵祭では提灯をつけた巻藁船(まきわらぶね)が、6日(日曜日)の朝祭では人形を乗せた車楽船(だんじりぶね)が、まちの中心を流れる蟹江川を上っていきます。
華やかな船を間近でご覧いただけ、中でも、途中にある御葭橋(みよしばし)が跳ね上がり、船が通過する場面が見どころです。

平成29年7月24日

7.24

岡崎城下 家康公夏まつり 第69回花火大会(岡崎市)

岡崎市では、8月5日(土曜日)に、乙川・矢作川の河畔で「岡崎城下 家康公夏まつり 第69回花火大会」を開催します。
三河花火発祥の地・岡崎で、江戸時代から受け継がれる匠の技を堪能できます。
川面に浮かぶ情緒豊かな鉾船と岡崎城を背景に、スターマインや金魚花火など、多彩で豪華な花火が絶え間なく打ち上がります。

第64回安城七夕まつり(安城市)

安城市では、8月4日(金曜日)から6日(日曜日)まで、「第64回安城七夕まつり」を開催します。
期間中は、約1,000本の竹飾りが通りを華やかに彩り、人々の目を楽しませます。
また、今年は、6月にオープンした中心市街地拠点施設「アンフォーレ」をメイン会場に、願いを綴った約3,000個の風船を一斉に飛ばす「願いごとふうせん」や、竹にかけられた最も多い短冊の数で世界記録にも認定された「短冊ロード」など、様々なイベントが行われます。

平成29年7月18日

7.18

刈谷万燈祭(刈谷市)

刈谷市では、7月29日(土曜日)・30日(日曜日)に、「刈谷万燈祭(まんどまつり)」を開催します。
万燈とは、竹と和紙で武者をかたどった張子人形で、大きなものは高さ約5mにもなります。
色鮮やかな十数基の万燈に火が灯され、真夏の宵闇に浮かび上がる万燈が、お囃子(はやし)にあわせて舞い踊る勇壮な姿をお楽しみいただけます。

第49回豊田おいでんまつり(豊田市)

豊田市では、6月17日(土曜日)から始まった「第49回豊田おいでんまつり」のフィナーレとして、7月29日(土曜日)においでんファイナル、30日(日曜日)に花火大会を開催します。
「おいでんファイナル」では、個性的な衣裳をまとった踊り連が集結し、笑顔と元気あふれる踊りを披露して観客の皆さんを魅了します。
「花火大会」では、花火と音楽をシンクロさせたメロディ花火などで、まつりのフィナーレを飾ります。

第62回おりもの感謝祭 一宮七夕まつり(一宮市)

一宮市では、7月27日(木曜日)から30日(日曜日)まで、「第62回おりもの感謝祭 一宮七夕まつり」を開催します。
メイン会場となる本町(ほんまち)商店街一帯は、伝統的な吹流し飾りや、アーチ式仕掛け物飾りなど、豪華な飾り付けで彩られます。
期間中は、総勢500人の参加者が趣向を凝らして踊る「ワッショーいちのみや」、特産の織物を真清田神社に奉納する、時代絵巻風パレード「御衣(おんぞ)奉献大行列」など、様々なパレードやステージイベントが繰り広げられます。

平成29年7月10日

7.10

小牧平成夏まつり・小牧七夕まつり(小牧市)

小牧市では、7月22日(土曜日)・23日(日曜日)に、「小牧平成夏まつり・小牧七夕まつり」を同時開催します。
当日は、東海地方では珍しい、和紙を用いた色鮮やかな電飾の「行灯(あんどん)山車」約20台が登場します。
高さ4m、長さ7mもの迫力ある行灯山車が、幻想的に絵を浮かびあがらせながら、踊りや太鼓などの華麗なパフォーマンスとともに、小牧の街を練り歩きます。
フィナーレでは、手筒花火や和太鼓、レーザー光線による華やかな演出で締めくくります。

尾張津島天王祭(津島市)

津島市では、7月22日(土曜日)・23日(日曜日)に、津島神社及び天王川公園で『尾張津島天王祭』を開催します。
この祭は、600年近く続く津島神社の祭礼で、昨年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された、愛知が誇る山車まつりの一つです。
22日(土曜日)の宵祭では、500個以上の提灯を飾り付けた5艘(そう)の巻き藁舟(まきわらぶね)が、優雅に川を漕ぎ渡ると、ゆらめく提灯が川面に映り、幻想的な世界へ誘います。
23日(日曜日)の朝祭では、装い新たに能人形を載せて、絢爛豪華に飾った6艘の車楽舟(だんじりぶね)が登場し、古楽を奏でながら川をのぼる姿は、人々を魅了します。

平成29年7月3日

7.3

2017 SUMMER CAMPAIGN 渥美半島の夏(田原市)

田原市では、7月8日(土曜日)から8月31日(木曜日)まで、渥美半島の三つの海水浴場と太平洋ロングビーチで、「2017 SUMMER CAMPAIGN 渥美半島の夏」を開催します。
各会場では、海水浴、又はサーフィンをお楽しみいただけるほか、期間中は、宝探し大会や魚と触れあうイベントなど、親子で参加いただける様々な企画が用意されています。
また、3つの海水浴場では、今年から新たに、サーフボードの上に立ってパドルを漕いで水面を進むSUP(スタンドアップパドルボード)というウォータースポーツの体験イベントも開催されます。

小渡夢かけ風鈴まつり(豊田市)

豊田市では、7月16日(日曜日)から8月31日(木曜日)まで、小渡町(おどちょう)一帯で「小渡夢かけ風鈴まつり」を開催します。
清流・矢作川の上流部に位置する豊田市旭地区の小渡町では、夏になると、家々の軒先に風鈴を飾り、矢作川からの風により、「チリン、チリン」と心地よい音色が響き渡ります。
まつり期間中は、朝顔の花をバックに、陶器やガラス、鉄など様々な風鈴が飾られ、訪れる人々を楽しませます。
また、風鈴の短冊に願い事を書く「風鈴奉納」や、「ガラス風鈴の絵付け体験」などのミニイベントのほか、旭の郷土食「あんぼ」の販売など、五感で楽しめる催しが行われます。

平成29年6月26日

6.26

第65回新舞子海上カーニバル(知多市)

知多市では、6月17日(土曜日)から9月3日(日曜日)まで、新舞子マリンパーク周辺で「第65回新舞子海上カーニバル」を開催しています。
期間中は、長さ400mの「ブルーサンビーチ」で海水浴をお楽しみいただけるほか、マリンスポーツの体験教室など様々なイベントが行われます。
中でも、8月26日(土曜日)の「新舞子ビーチフェスティバル」では、海上から打ち上げられる花火が、夜空と海辺を彩ります。

蓮見の会(愛西市)

「れんこん」の特産地として知られている愛西市では、7月8日(土曜日)・9日(日曜日)に森川 花はす田で『蓮見の会』を開催します。
会場には、見頃を迎えた白やピンクの蓮の花が咲き誇り、絵画のような美しい風景を楽しむことができます。
当日は、オープニングセレモニーで和太鼓の演奏が行われるほか、お茶会や特産物の販売など様々なイベントが行われます。

平成29年6月20日

6.20

木曽川うかい(犬山市)

犬山市では、6月1日(木曜日)から10月15日(日曜日)まで、「木曽川うかい」を開催しています。
「木曽川うかい」は、犬山市と岐阜県各務原市の県境を流れる木曽川の伝統漁法として受け継がれてきた、1300年の歴史を誇る無形文化遺産です。
期間中は、ライトアップされた国宝犬山城を背景に、鵜と鵜匠が織りなす巧みな技を、優雅に屋形船から楽しむことができます。
また、木曽川を渡る涼風の中、気軽に御覧いただける、昼間のうかいも実施しています。

南吉さんの蛍まつり(半田市)

半田市では、6月24日(土曜日)・25日(日曜日)に、新美南吉記念館で「南吉さんの蛍まつり」を開催します。
半田市出身の児童文学作家・新美南吉は、蛍にちなんだ作品を数多く書いています。
当日は、夜に記念館を無料開放し、南吉童話の朗読会やキャンドル演出を行います。
また、屋外の湿地帯には約3,000匹の蛍が飛び交い、家族そろって蛍鑑賞をお楽しみいただけます。

平成29年6月12日

6.12

日間賀島ドルフィンビーチ(南知多町)

南知多町では、9月24日(日曜日)まで、日間賀島西浜(にしはま)海水浴場で「日間賀島ドルフィンビーチ」を開催しています。
このイベントでは、南知多ビーチランドのイルカ2頭を、海水浴場に作られた生簀(いけす)に期間限定で移し、子どもたちや家族連れに、自然の海でイルカに親しんでもらう体験プログラムを行っています。
6月24日(土曜日)からは、浅瀬までイルカを呼んで、水中に入ってイルカと触れ合える『ふれあいビーチ体験』が新たに始まります。

形原温泉あじさい祭り(蒲郡市)

蒲郡市では、6月30日(金曜日)まで、形原温泉あじさいの里で「あじさい祭り」を開催しています。
会場には、ブルーやピンク、紫など色鮮やかな5万株ものあじさいが咲き誇り、夜間は9時30分までライトアップされ、幻想的なあじさいを楽しむことができます。
また、会場近くにある『ほたるの宿』では、ほのかな明かりを放つ神秘的なゲンジボタルの舞をご覧いただけます。

平成29年6月5日

6.5

三ヶ根山あじさいまつり(西尾市)

西尾市では、6月30日(金曜日)まで、三ヶ根山スカイラインで「三ヶ根山あじさいまつり」を開催しています。
三河湾国定公園内の三ヶ根山では、約7万本のあじさいが見頃を迎え、三河湾のパノラマを背景に美しく咲き誇るあじさいをお楽しみいただけます。
6月17日(土曜日)・18日(日曜日)には、山頂駐車場で「あじさいフェスティバル」を開催し、地元名産品の物産展など様々な催しが行われます。

平成29年5月29日

5.29

尾張西枇杷島まつり(清須市)

清須市では、6月3日(土曜日)・4日(日曜日)に西枇杷島町で「尾張西枇杷島まつり」を開催します。
「尾張西枇杷島まつり」では、歴史ある5輌の山車(だし)が美濃路街道を中心に勇壮に曳き廻され、それぞれの山車の上では、からくり人形の特色ある演舞が披露されます。
中でも、4トンもの山車を力強く方向転換させる「曲場(まえば)」が見どころです。
また、3日(土曜日)夜には、庄内川リバーランドでの花火大会をお楽しみいただけます。

知立公園花しょうぶまつり(知立市)

知立市では、6月20日(火曜日)まで、「知立公園花しょうぶまつり」を開催しています。
知立神社をはさんで東・西合わせて約7,500平方メートルの庭園に、白や紫色の見事な花しょうぶが咲き誇り、訪れる人々の目を楽しませます。
期間中は、毎夜9時までライトアップを行っており、昼間とは違った幻想的な雰囲気をお楽しみいただけます。
また、花しょうぶの写真撮影会や、こども写生大会、茶会など様々なイベントも開催されます。

平成29年5月22日

5.22

田原凧まつり(田原市)

田原市では、5月27日(土曜日)、28日(日曜日)の2日間、「田原凧(たこ)まつり」を開催します。
田原凧まつりでは、江戸時代から受け継がれる伝統的な凧揚げをご覧いただけます。
27日は、子どもの誕生と健やかな成長を願う「初凧(はつだこ)祈願祭」が行われ、武者や歌舞伎役者が描かれた華やかな初凧が揚げられます。
翌28日は、ガラスの粉を糊付けした凧糸を用い、巧みな糸捌きで互いの糸を切り合う「けんか凧合戦(たこがっせん)」が繰り広げられます。

農村歌舞伎 合同五月公演(豊田市)

豊田市では、5月28日(日曜日)に、小原(おばら)交流館で「農村歌舞伎 合同五月(さつき)公演」を開催します。
農村歌舞伎は、江戸時代から中山間地域で親しまれてきた伝統芸能で、役者のほかに、太夫(たゆう)や三味線(しゃみせん)、大道具などを全て住民が演じるのが特徴です。
豊田市内では、小原(おばら)歌舞伎を始め石野(いしの)・旭(あさひ)・藤岡(ふじおか)の4つの保存会が、技と伝統を受け継いできました。
今回の五月公演は、4月に開館した『歌舞伎伝承館』のこけら落としとして、4団体が合同で行います。
地域で受け継がれてきた伝統の芸を、一度に鑑賞できる貴重な機会となっています。

平成29年5月8日

5.8

第17回日本チェンソーアート競技大会in東栄(東栄町)

東栄町では、5月27日(土曜日)・28日(日曜日)に、東栄ドームで「第17回日本チェンソーアート競技大会in東栄」を開催します。
この大会では、チェンソーを駆使し、1本の原木からダイナミックかつスピーディーに繊細な作品を作り上げる様子をご覧いただけます。
当日は、チェンソーアート体験や作品のオークション、親子木工広場などもあり、東栄町の魅力が満喫できる2日間となっています。

芝桜まつり(豊根村)

豊根村では、5月13日(土曜日)から6月4日(日曜日)まで、茶臼山高原で「芝桜まつり」を開催します。
標高1,358mの萩(はぎ)太郎山(たろうやま)の山頂付近、2万2千平方メートルの広大な敷地に、白、ピンク、青紫など色鮮やかな40万株の芝桜が咲き誇ります。
また、期間中28日(日曜日)までの金・土・日曜日と22日(月曜日)は、夜9時まで夜間ライトアップも行われます。
この機会に「愛知のてっぺんとよね村」へお出かけいただき、芝桜が織りなす天空の花回廊をお楽しみください。

平成29年5月1日

5.1

しんしろ戦国絵巻 第52回長篠合戦のぼりまつり(新城市)

新城市では、5月5日(金曜日・祝日)に、長篠城址周辺で「しんしろ戦国絵巻」の第一部である「第52回長篠合戦のぼりまつり」を開催します。
見どころは、火縄銃や和太鼓の演武、この地域にゆかりのある戦国武将や姫に扮した合戦行列です。
今年は、井伊家ゆかりの地として、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主人公「井伊直虎役」と、「井伊直政役」も行列に登場します。

平成29年4月24日

4.24

亀崎潮干祭(半田市)

半田市では、5月3日(水曜日・祝日)、4日(木曜日・祝日)に、亀崎(かめざき)地区で「亀崎潮干(かめざきしおひまつり)」を開催します。
亀崎潮干祭は、300年以上続く神前(かみさき)神社の祭礼で、昨年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された、愛知が誇る山車行事の一つです。
当日は、豪華な刺繍幕(ししゅうまく)や精緻な彫刻で飾られた5輌の山車(だし)を、男衆が威勢のよい掛け声とともに、豪快に曳き回します。
中でも、波打ち際まで一気に山車を曳き下ろす場面は、最大の見どころです。

第40回一宮つつじ祭(一宮市)

一宮市では、4月29日(土曜日・祝日)・30日(日曜日)の2日間、浅野(あさの)公園で「第40回一宮つつじ祭」を開催します。
園内には、赤、白、ピンクの色とりどりのツツジ約1,000株が見事な花を咲かせ、訪れる方々の目を楽しませます。
また、ミュージックフェスタとして和太鼓や吹奏楽の演奏などを行います。田楽などグルメの販売もありますので、ぜひお出かけください。
なお、会場となる浅野公園は、戦国武将の浅野長政(あさのながまさ)公の屋敷跡に整備された公園で、今年、開園100周年を迎えます。6月25日(日曜日)には、記念公演『浅野長政歴史物語』や植樹会を開催しますので、ぜひご来場ください。

平成29年4月17日

4.17

知立まつり(間祭り)

知立市では、5月2日(火曜日)・3日(水曜日・祝日)の2日間、「知立まつり」を開催します。
「知立まつり」は、1年おきに本祭りと間(あい)祭りが行われ、本年は間(あい)祭りの年となっています。
間(あい)祭りは、若い衆のお祭りとして盛大に行われており、勇壮華麗な5台の花車が繰り出され、歓声に後押しされながら、知立神社に奉納されます。
また、3日午後には、昨年12月にユネスコ無形文化遺産登録された知立の「山車文楽」と「からくり」の特別上演が行われます。

第52回江南藤まつり

江南市では、4月20日(木曜日)から5月7日(日曜日)まで、曼陀羅寺(まんだらじ)公園で「第52回江南藤まつり」を開催します。
園内は、房が約1mにもなる「九尺藤(きゅうしゃくふじ)」を始め、早咲きから遅咲きまで様々な色や形の藤が、4,700平方メートルの広大な藤棚に鮮やかに咲き誇ります。
また期間中は、午後9時までライトアップが行われ、幻想的な藤棚をお楽しみいただける他、戦国武将行列や、お子さん向けのサイエンスショーなど様々なイベントが予定されています。

平成29年4月10日

4.10

岡田春まつり(知多市)

知多市では、4月15日(土曜日)・16日(日曜日)に、岡田大門(だいもん)前で「岡田春まつり」を開催します。
「岡田春まつり」は神明社(しんめいしゃ)と白山社(はくさんしゃ)の祭礼で、16日(日曜日)の本まつりでは、市の文化財に指定されている3台の豪華な山車(だし)が集結します。
山車の上下には、上木偶(うわでく)(からくり人形)と下木偶(したでく)(あやつり人形)が載せられ、それぞれ特色のある木偶(でく)の舞をお楽しみいただけます。
また、山車の方向を入れ替える「捻(ねじ)回し」では、掛け声とともに大きな山車が回転し、まつり一番の盛り上がりとなります。

平成29年4月3日

4.3

第19回幸田しだれ桜まつり(幸田町)

幸田町では、4月1日(土曜日)から10日(月曜日)まで、幸田文化公園で「第19回幸田しだれ桜まつり」を開催しています。
会場には、花笠のように、たおやかに垂れ下がる350本の「しだれ桜」など、約20種500本の桜が植えられており、優美な風景が望めます。
また、期間中には、和太鼓や三河万歳、民謡などのステージイベントもお楽しみいただけます。

小牧山さくらまつり(小牧市)

小牧市では、4月1日(土曜日)から10日(月曜日)まで、史跡小牧山で「小牧山さくらまつり」を開催しています。
会場の小牧山は、ソメイヨシノを始めとする約1,200本の桜が咲き誇り、山肌が薄ピンク色に染まります。
また、期間中は、ライトアップによる夜桜をお楽しみいただけるほか、週末には、山頂にある小牧城の夜間特別開館も行います。

平成29年3月28日

3.28

尾張旭・城山公園さくらまつり(尾張旭市)

尾張旭市では、4月1日(土曜日)から10日(月曜日)まで、城山公園一帯で「尾張旭・城山公園さくらまつり」を開催します。
会場では、約300本の桜の木が花を咲かせ、まつり期間中はライトアップされた夜桜もお楽しみいただけます。
4月1日(土曜日)・2日(日曜日)には、音楽、ダンスなどのステージイベントや茶会など、様々な催しが行われるほか、特産品や新鮮な朝採り野菜をお買い求めいただける「桜市場」も開かれます。

岡崎の桜まつり(岡崎市)

岡崎市では、4月1日(土曜日)から15日(土曜日)まで、「岡崎の桜まつり」を開催します。
会場の岡崎公園では、岡崎城の天守を中心に、約1,000本の桜が咲き誇り、期間中はライトアップされた夜桜もお楽しみいただけます。
今年は家康公の400回忌にあたる節目の年で、4月9日(日曜日)には、メインイベント「家康行列」が行われ、家康公を始めとする勇壮な三河武士団や煌びやかな姫列など、総勢700人が市内を練り歩きます。また、最終地点の乙川(おとがわ)河川敷では、参加者全員による迫力ある戦国模擬合戦をご覧いただけます。

平成29年3月21日

3.21

第26回全国高等学校剣道選抜大会(春日井市)

春日井市では、3月27日(月曜日)・28日(火曜日)に、春日井市総合体育館で「第26回全国高等学校剣道選抜大会」を開催します。
大会では、47都道府県の予選を勝ち抜いた、男女各64校の剣士が参加し、全国制覇を目指します。
一刀一刀に全力を込める高校剣士たちの熱い戦いを、是非会場で御覧ください。

第49回一宮桜まつり(一宮市)

一宮市では、3月25日(土曜日)から4月10日(月曜日)まで、市内の桜の名所7箇所で「第49回一宮桜まつり」を開催します。
メイン会場の大江川緑道は、多くの来場者や屋台で賑わい、夜間はライトアップされた夜桜もお楽しみいただけます。
また、木曽川堤では、国の名勝・天然記念物にも指定されている、樹齢100年を超える見事な桜並木を御覧いただけます。

平成29年3月13日

3.13

半田の春まつり(半田市)

半田市では、3月18日(土曜日)から5月4日(木曜日・祝日)まで、市内17地区で「半田の春まつり」を行います。
「半田の春まつり」では、各地区で山車やみこしによる様々な伝統行事が行われ、全体で31輌の豪華絢爛な山車が登場します。
中でも、5月3日、4日に行われる「亀崎潮干祭(かめざきしおひまつり)」は、昨年12月に、ユネスコ無形文化遺産にも登録され、5輌の山車が海に向かって引き下ろされる圧巻の光景を御覧いただけます。

第3回いなりんピック(豊川市)

豊川市では、3月18日(土曜日)、豊川市総合体育館で、「第3回いなりんピック」を開催します。
当日は、豊川いなり寿司イメージキャラクター「いなりん」と、全国から集まった60を超えるご当地キャラクターの「ゆかいな仲間たち」による大運動会を開催します。
また、併せて開催する「豊川いなり寿司フェスタ」では、市内飲食店の創作いなり寿司の数々を味わうことができます。
是非、多くの方にお越しいただき、競技に挑むご当地キャラクターの姿と、豊川名物の「豊川いなり寿司」をお楽しみいただきたいと思います。

平成29年3月6日

3.6

新城さくらまつり(新城市)

新城市では、3月21日(火曜日)から4月9日(日曜日)まで、桜淵(さくらぶち)公園で「新城さくらまつり」を開催します。
会場の桜淵公園では、「三河の嵐山」とも称される、桜と豊川の美しい風景をお楽しみいただけます。
期間中は、地元特産品の物産展を始め様々なイベントが開催され、多くの来場者で賑わいます。
また、夜にはライトアップも行われ、照明でほのかに照らし出される幻想的な桜を御覧いただけます。

平成29年2月27日

2.27

新美南吉没後74年 貝殻忌(半田市)

半田市では、3月18日(土曜日)から22日(水曜日)まで、「新美南吉(にいみなんきち)没後74年 貝殻忌(かいがらき)」を行います。
半田市では、南吉が書いた詩「貝殻」にちなみ、南吉の命日(3月22日)を「貝殻忌」と名付けています。
この「新美南吉没後74年 貝殻忌」では、半田市出身の児童文学作家・新美南吉を偲んで、記念講演会や朗読コンサートなど、様々なイベントを開催します。
また、22日(水曜日)は、「新美南吉記念館」が無料開放されるとともに、「貝殻忌式典」では、作品の朗読や紙芝居などもお楽しみいただけます。

春の犬山キャンペーン(犬山市)

犬山市では、3月1日(水曜日)から5月31日(水曜日)まで、「春の犬山キャンペーン」を実施します。
キャンペーン期間中は、犬山城とともに桜の風景を楽しめる遊覧船の運航や、季節限定のグルメ・スイーツなど、様々な企画で、春の犬山を満喫していただけます。
また、4月1日(土曜日)・2日(日曜日)には、昨年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された「犬山祭」が行われ、豪華絢爛な13輌の車山(やま)が、満開の桜並木の城下町を巡行する様子を御覧いただけます。

平成29年2月21日

2.21

第11回いなざわ梅まつり(稲沢市)

稲沢市では、3月4日(土曜日)・5日(日曜日)、愛知県植木センターで「第11回いなざわ梅まつり」を開催します。
会場には、104種類・約200本の梅が植栽され、可憐に咲く梅の花を3月下旬までお楽しみいただけます。
まつり当日は、盆梅やひな人形を展示するほか、植木や苗木、「ぎんなん」を使用した特産品の販売なども行います。

開扉祭(津島市)

津島市では、2月26日(日曜日)午後7時から、津島神社で「開扉祭(かいひさい)」を開催します。
開扉祭は、津島神社に700年以上続く祭礼で、毎年、旧暦の2月1日に執り行われています。
祭では、葭(よし)でできた全長10メートル、重さ1トンにも及ぶ大松明(おおたいまつ)を担ぎ、高く炎を上げて境内を練り廻った後、楼門の下を駆け抜けて拝殿前に奉納します。
また、松明の燃え残りは、昔から田の虫除け・雷除け・歯痛除けに効き目があるとされ、今でも参拝者がお守りとするため持ち帰っています。

平成29年2月14日

2.14

14th JAPAN YARN FAIR & 総合展「THE尾州」(一宮市)

一宮市では、2月22日(水曜日)から24日(金曜日)まで、一宮市総合体育館で「14th JAPAN YARN FAIR & 総合展『THE尾州』」を開催します。
当日は、世界有数の高級毛織物産地である尾州の素材やそれらを活かした衣装や作品が展示されるほか、ファッションショー形式での発表も行われます。
また、「布の市」では、尾州の生地や、それらを使って作られた小物・マフラーなどもお買い求めいただけます。

平成29年2月6日

2.6

第19回中馬のおひなさんin足助(豊田市)

豊田市では、2月11日(土曜日)から3月12日(日曜日)まで、足助地区で「第19回中馬(ちゅうま)のおひなさんin足助」を開催します。
期間中は、足助の古い町並み一帯、約130軒の民家や商家に、土びなや衣装びなが飾られ、散策をしながら様々なおひなさんをご覧いただけます。
また、職人による土びなの絵付け実演や、絵てがみコンクールなどのイベントもお楽しみいただけます。

第26回佐布里池梅まつり(知多市)

知多市では、2月11日(土曜日)から3月12日(日曜日)まで、佐布里池(そうりいけ)梅林及び佐布里緑と花のふれあい公園で「第26回佐布里池梅まつり」を開催します。
佐布里池の周辺には、25種類・約5,100本の梅が植えられており、3月中旬頃まで美しい花を咲かせます。
まつり期間中は、毎日、グルメやみやげものの販売が行われるほか、週末には、ミニライブや伝統芸能などのステージイベントもお楽しみいただけます。

平成29年1月30日

1.30

豊橋鬼祭(豊橋市)

豊橋市では、2月10日(金曜日)・11日(土曜日)に、安久美神戸神明社(あくみかんべしんめいしゃ)で「豊橋鬼祭」を開催します。
豊橋鬼祭は五穀豊穣と無病息災を願う祭として、約1,000年前から行われ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
一番の見どころの「赤鬼と天狗のからかい」では、暴れる赤鬼が天狗に退治され、償いにタンキリ飴と小麦粉をまきながら境外へと去っていきます。
この粉を浴び飴を食べると、厄除けになり、夏病みしないと言い伝えられ、名物になっています。

いなぶ雪み街道(豊田市)

豊田市では、2月4日(土曜日)に、稲武温泉どんぐりの湯 駐車場で「いなぶ雪み街道」を開催します。
当日は、会場一面に雪が敷きつめられ、1,000個を超える手作りの雪灯ろうが、ほのかな灯りで幻想的な雰囲気を作り出します。
また、当日開催される「汁-1グランプリ」では、地区内から7商店が出店し、自然薯などの地元産品を活用した汁物を味わうことができます。
愛知県内で数少ない、雪のイベントに、是非お越しください。

平成29年1月23日

1.23

第16回陶のまち瀬戸のお雛めぐり(瀬戸市)

瀬戸市では、2月4日(土曜日)から3月5日(日曜日)まで、瀬戸蔵(せとぐら)ほか市内中心市街地で「第16回陶(とう)のまち瀬戸のお雛めぐり」を開催します。
メイン会場の瀬戸蔵では、高さ4mのピラミッド型のひな壇に並ぶ、約1,000体の陶磁器やガラスの創作雛をご覧いただけます。
また、週末には、瀬戸焼のお雛さま作り体験のほか、ボランティアガイドによる無料ツアーなどの企画も行います。

第3回あいさいフェスティバル(愛西市)

愛西市では、1月29日(日曜日)に、愛西市文化会館で「第3回あいさいフェスティバル」を開催します。
当日は、ユネスコ無形文化遺産に登録された尾張津島天王祭の車楽舟(だんじりぶね)行事を担う、市江車(いちえぐるま)の奏楽団による演奏を始め、愛西市観光協会の観光大使で講談師の旭堂麟林(きょくどうりんりん)さんによる初笑いステージなどを行います。また、フードコーナーでは、愛西市の特産品であるレンコンを使ったグルメもお楽しみいただけます。

平成29年1月16日

1.16

東海フラワーショウ2017(東海市)

東海市では、1月21日(土曜日)・22日(日曜日)に、東海市民体育館で「東海フラワーショウ2017」を開催します。
「東海フラワーショウ」では、全国有数の洋ランの産地である地元の生産者の皆さんによる装飾展示などをご覧いただけるほか、花や飾り付けの美しさを競う「フラワーコンテスト」も開催されます。
また、当日は、即売会も行われ、洋ランの鉢植えや切り花などをお買い求めいただけます。

師崎左義長まつり(南知多町)

南知多町では、1月22日(日曜日)、師崎(もろざき)海岸で「師崎左義長(さぎちょう)まつり」を開催します。
「師崎左義長まつり」は「どんど焼き」とも呼ばれ、大漁祈願を綴った、長さ10メートル、幅3メートルの大のぼりを立てて、家々から持ち寄った正月飾りや、旧年中のお札を納めた紙の船とともに、浜辺で焼き尽くしていきます。
大のぼりが炎に包まれる迫力ある光景と、今年の大漁を祈る漁師たちの勇ましい姿を、是非ご覧いただきたいと思います。

平成29年1月10日

1.10

第1回全国にんじんサミットin碧南(碧南市)

碧南市では、1月20日(金曜日)に碧南市文化会館で「第1回全国にんじんサミットin碧南」を開催します。
当日は、全国から、にんじん生産者や関係者の皆さんが集まり、それぞれの産地のにんじんをPRします。
また、安城市出身の料理研究家の寺田真二郎さんによる記念講演や、にんじんを使った新メニューの試食などもお楽しみいただけます。

平成29年1月4日

0104

渥美半島2017菜の花まつり(田原市)

田原市では、1月14日(土曜日)から3月31日(金曜日)まで、渥美半島一帯で「菜の花まつり」を開催します。
メイン会場の「伊良湖菜の花ガーデン」では、菜の花狩りや、菜の花畑で作られた巨大迷路などをお楽しみいただけます。
また、まつり期間中は、周辺の飲食店で、菜の花料理や菜の花スイーツを味わうこともできます。

こうた凧揚げまつり(幸田町)

幸田町では、1月8日(日曜日)に、幸田町菱池(ひしいけ)地内で「こうた凧揚げまつり」を開催します。
会場には、全国からさまざまな凧が集結し、十畳を超える大凧から小凧まで、約150基の凧が幸田の空を彩ります。
また、当日は、和太鼓の実演などのステージイベントも行われます。

平成28年12月27日

12.27

茶臼山高原スキー場(豊根村)

豊根村では、12月17日(土曜日)から、「茶臼山高原スキー場」をオープンしています。
県内唯一のスキー場である「茶臼山高原スキー場」は、ファミリーゲレンデやソリ専用ゲレンデなども備えており、小さなお子様や初心者の方でもお楽しみいただけます。
また、今年は誕生30周年を記念し、無料スキースクールの開催、オリジナルケーキのプレゼントなど、さまざまなイベントを用意していますので、是非ご家族、ご友人とお越しください。

平成28年12月19日

12.19

ウィンターイルミネーションin太田川2016(東海市)

東海市では、12月3日(土曜日)から1月9日(月・祝)まで、太田川駅周辺で「ウィンターイルミネーションin太田川2016」を開催しています。
期間中は、約7万球のLEDによる幻想的なイルミネーションをお楽しみいただけます。
今年は、新たに完成した西口の大屋根広場も会場に加わり、樹木に見立てた大屋根が色とりどりの光で輝きます。

平成28年12月8日

1208

旭高原元気村 雪そりゲレンデ(豊田市)

豊田市では、12月3日(土曜日)から来年の3月31日(金曜日)まで、旭高原元気村で「雪そりゲレンデ」をオープンしています。
旭高原元気村の「雪そりゲレンデ」は、広々としたそり滑り専用のゲレンデで、安心してそり滑りをお楽しみいただけます。
小さなお子様も楽しめるキッズルームもリニューアルされましたので、是非ご家族でご来場ください。

平成28年11月28日

1128

デンパーク ウインターフェスティバル(安城市)

安城市では、11月26日(土曜日)から1月9日(月曜日・祝日)まで「デンパーク ウインターフェスティバル」を開催しています。
ウインターフェスティバルでは、30万球以上のイルミネーションが、北欧のクリスマスをテーマとした園内を暖かく彩ります。
また期間中には、8mにも及ぶビッグツリーが登場する「フラワーショー」や光と音楽で冬の夜空を彩る「花火ショー」などのイベントも行われます。

平成28年11月21日

11.21

坂宇場花祭(豊根村)

豊根村では、11月26日(土曜日)の夜から27日(日曜日)午前中にかけて坂宇場(さかうば)地区で「花祭」を行います。
祭当日は、子どもたちが愛らしく舞う「花の舞」、巨大な面をつけて、まさかりをかざした「山見鬼(やまみおに)」、「榊鬼(さかきおに)」の舞など、さまざまな舞が夜を徹して行われます。
なお、豊根村では、1月2日(月曜日)・3日(火曜日)にも、それぞれ、下黒川(しもくろかわ)地区、上黒川(かみくろかわ)地区で花祭が行われます。

第19回そぶえイチョウ黄葉まつり(稲沢市)

稲沢市では、11月26日(土曜日)から12月3日(土曜日)まで、祖父江町で「第19回そぶえイチョウ黄葉まつり」を開催します。
「第19回そぶえイチョウ黄葉まつり」では、町内全体を彩る約1万本ものイチョウのほか、山崎上屋敷会場では、銀杏の試食、物産販売やステージイベントなどもお楽しみいただけます。
また、期間中は、午後5時から午後9時まで、祐専寺(ゆうせんじ)周辺においてライトアップを行い、光に照らされ輝きを増した幻想的なイチョウをご覧いただけます。

平成28年11月8日

1108

第7回全国醤油サミットin碧南(碧南市)

碧南市では、11月12日(土曜日)・13日(日曜日)に碧南市臨海公園などで「第7回全国醤油サミットin碧南」を開催します。
全国醤油サミットは、醤油の消費拡大を目的として開催されており、第7回となる今回は、白しょうゆ発祥の地である碧南で行われます。
12日(土曜日)は、醤油の知識を深める基調講演及びパネルディスカッション、13日(日曜日)には、「へきなん醸(かも)しフェスティバル」が開催され、醤油を始めとする醸造品を使用した様々なグルメをお楽しみいただけます。

小原四季桜まつり(豊田市)

豊田市では、11月5日(土曜日)から11月30日(水曜日)まで小原ふれあい公園などで、「小原四季桜まつり」を開催しています。
四季桜は、春と秋に花を咲かせる珍しい桜であり、まつりの期間中は、「桜と紅葉」が秋の里山を情緒豊かに彩ります。
また、今年は20周年記念事業として、四季桜の夜間ライトアップ、天然温泉を使った足湯、小原歌舞伎の公演や、プロジェクションマッピングを使ったアート展など、様々な企画を行い、まつりを盛り上げます。

平成28年10月31日

1031

第31回国民文化祭・あいち2016 はんだ芸術・文化フェスティバル(半田市)

半田市では、11月6日(日曜日)・19日(土曜日)・20日(日曜日)にアイプラザ半田で「はんだ芸術・文化フェスティバル」を開催します。
11月6日(日曜日)は、「ダンスフェスティバル」として、地域で活躍するダンスチームが多彩なダンスを披露します。
また、19日(土曜日)・20日(日曜日)にはそれぞれ「郷土芸能フェスティバル」、「和文化フェスティバル」が行われ、半田の各地域に伝わる郷土芸能や、半田市文化協会による筝曲演奏と呈茶などの和文化をお楽しみいただけます。

新城ラリー2016(新城市)

新城市では、11月5日(土曜日)・6日(日曜日)に県営新城総合公園などで「新城ラリー2016」を開催します。
新城ラリーは、全日本ラリー選手権の最終戦で、当日は、公園内や林道などに設けた全17のスペシャルステージを、トータルタイムでどれだけ速く走れるかを競います。
会場では、ラリー車両の展示が行われるほか、企業ブース、飲食物のブースも出店します。また、奥三河の紅葉も楽しめる季節ですので、御家族、御友人で是非お越しください。

平成28年10月24日

10.24

刈谷産業まつり2016(刈谷市)

刈谷市では、11月5日(土曜日)・6日(日曜日)に刈谷市産業振興センターで「刈谷産業まつり2016」を開催します。
会場には、碧海5市から72の企業がブースを出展し、自社製品の販売及び展示を行います。
また、6日(日曜日)には、県内の工業高校生による「ものづくりコンテスト」や「移動式ロボット大会」も開催されます。

平成28年10月17日

10.17

東海秋まつり2016(東海市)

東海市では、11月5日(土曜日)・6日(日曜日)に元浜公園など3会場で、「東海秋まつり2016」を開催します。
会場では、各地のグルメや農産物の即売会のほか、音楽、踊り、山車の披露など多くのイベントが行われます。
また、「第31回国民文化祭・あいち2016」の一環として、「東海市文化祭」が開催され、文芸、美術、音楽、伝統芸能など、幅広い分野の作品をご覧いただけます。

平成28年10月11日

10.11

刈谷アニメcollection2016(刈谷市)

刈谷市では、10月29日(土曜日)に刈谷駅周辺で「刈谷アニメcollection2016」を開催します。
当日は、多くのコスプレイヤーで会場が賑わうほか、アニメ・漫画関連のブースも多数出展します。
また、アニメの無料上映のほか、ライブステージ、人気声優によるトークショーなど多くのイベントが行われます。

大井平公園もみじまつり(豊田市)

豊田市では、10月30日(日曜日)から11月27日(日曜日)まで、稲武地区の大井平公園で「もみじまつり」を開催します。
会場では、約520本のカエデやイロハモミジ、イチョウが色づき、名倉川の清流とともに、山里の美しい紅葉をご覧いただけます。
また、11月5日(土曜日)から20日(日曜日)の間は、「味覚バザー」が開催され、五平餅や里いも田楽、豚汁、へぼ飯、川魚など、地元のグルメをお楽しみいただけます。

平成28年10月3日

10.3

第28回 稲沢サンドフェスタ2016(稲沢市)

稲沢市では、10月8日(土曜日)・9日(日曜日)にサリオパーク祖父江で「稲沢サンドフェスタ」を開催します。
当日行われる「砂の造形展」では、河川の砂を固めて削りだした高さ約2mの砂像群をご覧いただけます。
その他にも、ミニ砂像づくりができる「サンドアート体験」や「宝探し」など、様々なイベントをお楽しみいただけます。

第37回 小牧市民まつり(小牧市)

小牧市では、10月15日(土曜日)・16日(日曜日)に、小牧山史跡公園や小牧駅周辺などで「小牧市民まつり」を開催します。
当日は、愛知県内をはじめ、各地のグルメが集結する物産展のほか、キャラクターショーや和太鼓演奏など、多くのステージイベントをお楽しみいただけます。
また、16日(日曜日)には、メインイベントとしてパレードが開催され、市内の小中学生によるマーチングバンドの演奏や、信長と濃姫(のうひめ)・吉乃(きつの)・お市の三姫などによる信長行列の行進が行われます。

平成28年9月26日

9.26

江南市民花火大会2016(江南市)

江南市では、10月8日(土曜日)午後7時から、すいとぴあ江南で「江南市民花火大会2016」を開催します。
当日は、市民の皆さんからリクエストのあった曲にあわせて、約2000発の花火が打ち上げられます。
夏と異なり、秋の澄んだ夜空に咲く江南の音楽花火を是非ご覧ください。

尾張津島秋まつり(津島市)

津島市では、10月1日(土曜日)・2日(日曜日)に津島駅、津島神社などで「尾張津島秋まつり」を開催します。
「尾張津島秋まつり」は、約300年前から続く、「尾張津島天王祭」とならぶ津島の祭礼です。
当日は、津島市内の14台の山車が登場し、からくり人形の披露や、山車を持ち上げて回転させる「車切(しゃぎり)」などが行われ、夜になると、提灯の明かりに照らされた優美な山車の姿をお楽しみいただけます。

平成28年9月20日

9.20

秋の茶臼山高原まつり(豊根村)

豊根村では、9月17日(土曜日)から11月6日(日曜日)まで、茶臼山高原で「秋の茶臼山高原まつり」を開催します。
期間中は、「芋煮会」、「三遠南信食の祭典」などのイベントが開催され、地元のグルメとともに、秋の茶臼山をお楽しみいただけます。
また、10月8日(土曜日)からは、夜間にライトアップが行われ、星空と紅葉が織りなす美しい風景をご覧いただけます。

第10回一宮モーニング博覧会(一宮市)

一宮市では、10月1日(土曜日)から30日(日曜日)まで、「第10回一宮モーニング博覧会」を開催します。
期間中、市内のイベント参加店では、モーニング博覧会10周年を記念した、プレミアムモーニングをお楽しみいただけます。また、尾張一宮駅前ビル3階のカフェレストランICHIMO(イチモ)では、数日限定で、近隣の学校の生徒や、モーニング協議会が考案したオリジナルメニューが提供されます。

平成28年9月5日

9.5

炎の祭典(豊橋市)

豊橋市では、9月10日(土曜日)に豊橋球場で「炎の祭典」を開催します。
当日は、和太鼓の勇壮な調べに乗せて手筒花火を中心にスターマイン、仕掛け花火など多彩な花火をご覧いただけます。
なかでも、手筒花火23本を一斉に披露する場面が見どころとなっています。

こまき信長夢夜会(小牧市)

小牧市では、9月17日(土曜日)午後3時から小牧史跡公園で「こまき信長夢夜会」を開催します。
会場では、名古屋コーチンなどの地元の食材を使ったこだわりのグルメ・スイーツとともにワイン・カクテルを味わいながら、タンゴダンスやジャズ演奏等のステージイベントをお楽しみいただけます。
また、当日は、毎年恒例となっている小牧山薪能も開催します。

平成28年8月29日

8.29

2016トライアスロン伊良湖大会(田原市)

田原市では、9月11日(日曜日)、渥美半島伊良湖岬で、今年で30回目を迎える「2016トライアスロン伊良湖大会」を開催します。
この大会は、渥美半島の美しい景色の中で競うトライアスロンレースとして、全国から選手が集う人気の大会となっています。
また前日には、伊良湖港緑地公園で前夜祭が行われ、多くの露店が出店するほか、花火大会も開催されます。

平成28年8月22日

8.22

稲沢夏まつり2016(稲沢市)

稲沢市では、8月27日(土曜日)にサリオパーク祖父江で「稲沢夏まつり2016」を開催します。
当日は、稲沢市マスコットキャラクター「いなッピー」によるパフォーマンスや、ご当地アイドルのライブなど、様々な催しが行われます。
さらに、メインイベントの花火大会では、打ち上げ花火約3,000発のほか、尾張最大級のナイアガラ花火をお楽しみいただけます。

2016ハワイアンフェスティバルin吉良ワイキキビーチ(西尾市)

西尾市では、8月22日(月曜日)から27日(土曜日)まで「2016ハワイアンフェスティバルin吉良ワイキキビーチ」を開催します。
期間中は、ハワイから招いたダンサーによるポリネシアンダンスショーや、来場者全員でフラを踊る「メレフラタイム」などが開催されます。
また、会場では、ロコモコや南国フルーツを使ったデザートの飲食店のほか、ハワイ関連グッズのショップが立ち並び、ハワイ気分をお楽しみいただけます。

平成28年8月15日

8.15

第19回こうた夏まつり(幸田町)

幸田町では、8月20日(土曜日)にハッピネス・ヒル・幸田で「第19回こうた夏まつり」を開催します。
当日は、キッズダンスや和太鼓の演奏のほか、ご当地戦隊「幸戦隊(しあわせんたい)コウタレンジャー」のショーなど様々なステージイベントが行われます。
またフィナーレの花火大会では、打ち上げ花火のほか、地元保存会による迫力ある手筒花火をお楽しみいただけます。

平成28年8月9日

8.9

2016濃尾大花火(一宮市)

一宮市では、8月14日(日曜日)に濃尾大橋北 木曽川河畔で「2016濃尾大花火」を開催します。
濃尾大花火では、尾張随一の大きさを誇る二尺玉(20号玉)や、スターマイン(連続花火)など約5,000発の花火を打ち上げます。
また、会場では、花火を背景に、多くの提灯で飾られたまきわら舟が木曽川を行き来し、幻想的な光景をお楽しみいただけます。

第11回 奥矢作温泉郷花火大会in旭(豊田市)

豊田市では、8月15日(月曜日)に、小渡(おど)町の矢作川河川敷で「第11回 奥矢作温泉郷花火大会in旭」を開催します。
「奥矢作温泉郷花火大会in旭」では、スターマイン(連続花火)やナイアガラ花火など約1,000発が打ち上げられ、山里の夜空を情緒豊かに彩ります。
当日は、「小渡天王祭」も開催され、町中に軽快な笛と太鼓の音色が響き渡ります。また、「灯ろう流し」も行われ、矢作川が幻想的な雰囲気に包まれます。

平成28年8月2日

8.2

須成祭(蟹江町)

蟹江町では、8月6日(土曜日)・7日(日曜日)に「須成祭(すなりまつり)」を行います。
須成祭は、冨吉建速(とみよしたけはや)神社と八剱社(はちけんしゃ)の祭礼であり、ユネスコ無形文化遺産候補の「山・鉾(ほこ)・屋台行事」のひとつに選ばれています。
6日(土曜日)の「宵祭(よいまつり)」では、多くの提灯で飾られた巻藁船(まきわらぶね)、7日(日曜日)の「朝祭(あさまつり)」では、高砂人形を載せた車楽船(だんじりぶね)の優美な姿をお楽しみいただけます。

第63回 安城七夕まつり(安城市)

安城市では、8月5日(金曜日)から7日(日曜日)まで、「第63回安城七夕まつり」を開催します。
会場となるJR安城駅と名鉄南安城駅周辺は、約1,000本の竹飾りに加え、約50,000枚もの短冊で華やかに彩られます。
当日は、願いごとが書かれた約3,000個の風船を一斉に飛ばす「願いごとふうせん」を始め、ダンスコンテストなど様々なイベントが行われます。

平成28年7月25日

7.25

万燈祭(刈谷市)

刈谷市では、7月30日(土曜日)・31日(日曜日)に秋葉社の周辺で「万燈祭(まんどまつり)」を開催します。
「万燈」とは、竹と和紙で武者をかたどった張子人形で、大きなものは高さが約5m、重さが約60kgにもなります。
日が沈むと色鮮やかな万燈に火が灯され、お囃子に合わせて舞い踊る勇壮な姿をお楽しみいただけます。

第61回おりもの感謝祭 一宮七夕まつり(一宮市)

一宮市では、7月28日(木曜日)から31日(日曜日)まで「第61回おりもの感謝祭 一宮七夕まつり」を開催します。
まつりの期間中、メイン会場となる本町(ほんまち)アーケード街は、伝統的な吹流し飾りや、色鮮やかな吊り下げ飾りなどで華やかに彩られます。
当日は、初開催の「TANABATAダンスコンテスト」のほか、時代絵巻風パレードの「御衣(おんぞ)奉献大行列」や「一宮七夕まつりコスプレパレード」など、様々なイベントが行われます。

平成28年7月19日

7.19

第64回新舞子海上カーニバル(知多市)

知多市では、9月4日(日曜日)まで、新舞子マリンパークで、「第64回新舞子海上カーニバル」を開催しています。
期間中は、長さ400mの砂浜が続く「ブルーサンビーチ」で海水浴をお楽しみいただけます。
また、8月27日(土曜日)には、「新舞子ビーチフェスティバル」を開催し、ステージイベントや花火大会が行われます。

鯛まつり(南知多町)

南知多町では、7月23日(土曜日)・24日(日曜日)に、豊浜地区で「鯛まつり」を開催します。
このまつりは、地元の漁師により大漁と海の安全を願って行われます。
当日は、5つの巨大な鯛みこしを、若者たちが担いで地区内を練り歩きます。特に、鯛みこしがまるで生きているかのように、海中を進む姿は見どころです。
また、23日(土曜日)の夜には、豊浜漁港で花火大会も行われます。 

尾張津島天王祭(津島市)

津島市では、7月23日(土曜日)・24日(日曜日)に「尾張津島天王祭」を開催します。
この祭は、津島神社の祭礼として600年近く続くもので、ユネスコ無形文化遺産の登録を目指している「山・鉾・屋台行事」のひとつに数えられています。
23日(土曜日)の宵祭では、500個以上の提灯を飾り付けた5艘の巻き藁舟(まきわらぶね)、24日(日曜日)の朝祭では、屋台の上に能人形を載せた絢爛豪華な6艘の車楽船(だんじりぶね)の姿をお楽しみいただけます。

平成28年7月4日

7.4

蓮見の会(愛西市)

愛西市では、7月9日(土曜日)・10日(日曜日)に森川花はす田で「蓮見の会」を開催します。
会場では見頃を迎えたピンクや白の蓮の花が咲き誇ります。
当日は、オープニングセレモニーで和太鼓の演奏が行われるほか、特産品の販売やお茶会など様々なイベントをお楽しみいただけます。

西尾祇園祭(西尾市)

西尾市では、7月15日(金曜日)から7月17日(日曜日)まで、名鉄西尾駅西側の市街地一帯で「西尾祇園祭」を開催します。
16日(土曜日)の祇園祭では、男衆の威勢の良い掛け声とともに、伊文(いぶん)神社を出発した神輿が御旅所(おたびじょ)を目指して、市街地を巡行します。また、江戸時代そのままの衣装に身を包み、総勢200人余りが行列をつくる「肴町(さかなまち)の大名行列」も見どころです。
17日(日曜日)には祭のフィナーレを飾る市民総おどり「踊ろっ茶・西尾!!」が行われ、多くのグループが趣向をこらした衣装で踊りながら町を練り歩きます。

平成28年6月27日

6.27

蛇車まつり(武豊町)

武豊町では、7月16日(土曜日)・17日(日曜日)に、大足(おおあし)地区で「蛇車(じゃぐるま)まつり」を行います。
当日は、蛇車と呼ばれる山車(だし)の曳き回しが行われ、16日(土曜日)の夜には、豊石(とよいし)神社の境内で仕掛花火の奉納が行われます。
中でも、竜の口になぞらえた手筒花火を山車の上から左右に大きく振る、蛇ノ口(じゃのくち)花火が見どころです。
また、17日(日曜日)には、餅の振る舞いも行われます。

しんしろ戦国絵巻 第27回設楽原決戦場まつり(新城市)

新城市では、7月3日(日曜日)に、設楽原(したらがはら)歴史資料館の周辺で「しんしろ戦国絵巻」の第三部である「第27回設楽原決戦場まつり」を開催します。
このまつりでは、火縄銃の演武や、地元の小中学生による武者行列などが行われ、約400年前の長篠・設楽原の戦いの様子が再現されます。

平成28年6月13日

6.13

あじさい祭り(蒲郡市)

蒲郡市では、6月1日(水曜日)から6月30日(木曜日)まで、形原温泉あじさいの里で「あじさい祭り」を開催しています。
会場には5万株のあじさいが咲き誇り、期間中は午後9時30分まで、ライトアップされた幻想的なあじさいを楽しむことができます。
また、会場近くの「ほたるの宿」では、ほのかな明かりを放つ神秘的なゲンジボタルの舞をご覧いただけます。

平成28年5月30日

5.30

小牧市総合公園市民四季の森 バラ・アジサイまつり(小牧市)

小牧市では、6月4日(土曜日)から6月19日(日曜日)まで、「小牧市総合公園市民四季の森 バラ・アジサイまつり」を開催します。
会場では、約260種1,200本のバラ、約45種2,000本のアジサイが咲き誇ります。
また、まつり初日の6月4日(土曜日)には、LOVEあいちサポーターズを務めていただいています「キンタロー。」さんや和太鼓のステージのほか、名古屋コーチン入りの「こまき地産地消鍋」の無料配布などが行われます。

第25回稲沢あじさいまつり(稲沢市)

稲沢市では、6月1日(水曜日)から6月19日(日曜日)まで、大塚性海寺(しょうかいじ)歴史公園・性海寺で「第25回稲沢あじさいまつり」を開催します。
会場では、ガクアジサイなど、約90種1万株のアジサイが園内一帯に咲き誇ります。
期間中は、国指定重要文化財の性海寺本堂及び宝塔が公開されるほか、茶会やあじさい鉢花販売などのイベントも行われます。

平成28年5月23日

5.23

尾張西枇杷島まつり(清須市)

清須市では、6月4日(土曜日)・5日(日曜日)に西枇杷島町で「尾張西枇杷島まつり」を開催します。
「尾張西枇杷島まつり」では、多くの露店が立ち並ぶ美濃路街道に沿って、200余年の歴史を持つ5輌の山車(だし)が威勢よく曳き廻されます。
中でも、それぞれの山車に備えられた、からくりの舞の披露のほか、山車を方向転換させる曲場(まえば)が見どころです。
また、4日(土曜日)の夜には、庄内川リバーランドでの花火大会もお楽しみいただけます。

桶狭間古戦場まつり(豊明市)

豊明市では、6月4日(土曜日)・5日(日曜日)に、「桶狭間古戦場まつり」を開催します。
4日(土曜日)には、桶狭間の戦いで戦死した将兵たちへの供養祭が行われ、5日(日曜日)には、全国から300人を超える参加者が甲冑や着物を身にまとい、桶狭間古戦場伝説地を目指し練り歩く武者行列が行われるほか、合戦再現劇などのイベントも行われます。

平成28年5月16日

5.16

芝桜まつり(豊根村)

豊根村では、5月7日(土曜日)から6月5日(日曜日)まで、茶臼山高原で「芝桜まつり」を開催しています。
標高1,358mの萩太郎山(はぎたろうやま)の山頂付近に広がる「芝桜の丘」では、40万株の色鮮やかな芝桜が咲き誇ります。
また、5月18日(水曜日)から29日(日曜日)までは午後9時までライトアップが行われ、幻想的に浮かび上がる芝桜をお楽しみいただけます。

第16回日本チェンソーアート競技大会in東栄(東栄町)

東栄町では、5月28日(土曜日)・29日(日曜日)に、東栄ドームで「第16回日本チェンソーアート競技大会in東栄」を開催します。
この大会では、1本の原木からチェンソーを駆使し、ダイナミックかつスピーディーに繊細な作品を作り上げる様子をご覧いただけます。
当日は、チェンソーアート体験や作品のオークションなどのイベントのほか、地元特産品の販売も行われ、東栄町の魅力が満喫できる2日間となっています。

平成28年5月10日

5.10

第50回全国選抜チンドン祭(一宮市)

一宮市では、5月22日(日曜日)に、萩原商店街で「第50回全国選抜チンドン祭(まつり)」を開催します。
当日は、全国から20のチンドンチームが出演し、独創的な扮装や演技を行いながらスポンサーとなった商店の宣伝を行います。
また、午後から行う総合パレードでは、見物客を楽しませながら、商店街を練り歩きます。

史跡八橋かきつばたまつり(知立市)

知立市では、4月27日(水曜日)から5月26日(木曜日)まで、八橋かきつばた園で「史跡八橋かきつばたまつり」を開催しています。
八橋は、伊勢物語の昔からかきつばたの名勝地として知られており、会場の八橋かきつばた園では、13,000平方メートルの敷地に約3万本のかきつばたが咲き誇ります。
また、まつりの期間中は、午後9時までライトアップが行われるほか、茶会や花・盆栽の即売会などの催しもお楽しみいただけます。

平成28年4月18日

4.18

亀崎潮干祭(半田市)

半田市では、5月3日(火曜日・祝日)・4日(水曜日・祝日)に、亀崎地区で「亀崎潮干祭(かめざきしおひまつり)」を開催します。
「亀崎潮干祭」は、300年以上続く神前(かみさき)神社の祭礼で、国の重要無形民俗遺産に指定されており、ユネスコ無形文化遺産の候補にもなっています。
当日は、豪華な刺繍幕(ししゅうまく)や精緻な彫刻などで装飾された5輌の山車(だし)を、男衆が威勢のよい掛け声とともに、豪快に曳き回します。
中でも、干潮の海浜に向かって5輌の山車が曳き下ろされる場面は、最大の見どころとなっています。

大野祭り(常滑市)

常滑市では、4月23日(土曜日)・24日(日曜日)に大野町(おおのまち)一帯で「大野祭り」を開催します。
「大野祭り」では、3つの神社から3輌の山車(だし)の曳き回しが行われ、お囃子に合わせて、からくり人形も披露されます。
矢田川には巻藁船(まきわらぶね)の「権丸(ごんまる)」も登場し、365個の提灯を左右に回転させながら、川を上る姿をご覧いただけます。
また、大野橋付近では、3輌の山車と巻藁船が集結する、迫力ある光景をお楽しみいただけます。

ふじまつり(豊田市)

豊田市では、5月3日(火曜日・祝日)から5月5日(木曜日・祝日)まで、御作町(みつくりちょう)で「ふじまつり」を開催します。
会場となる「ふじの回廊」には、小道に沿って372メートルのふじ棚が設置され、5月上旬頃には数種類のふじが満開となり、ふじの花の芳醇な香りに包まれます。
また、まつりの期間中は、豊田市の農産品・特産品の販売が行われるほか、写生大会など様々なイベントも開催されます。

平成28年4月11日

4.11

岡田春まつり(知多市)

知多市では、4月16日(土曜日)・17日(日曜日)に、岡田大門(だいもん)前で「岡田春まつり」を開催します。
「岡田春まつり」は、神明社・白山社(はくさんしゃ)の祭礼で、知多市の文化財に指定されている3台の豪華な山車(だし)が集結します。
17日(日曜日)の本まつりでは、山車の上山(うわやま)で演じられる上木偶(うわでく)(からくり人形)と前台(まえだい)で演じられる下木偶(したでく)(あやつり人形)の、二つの木偶(でく)の舞が行われます。また、山車の方向を入れ替える「捻(ねじ)回し」では、掛け声とともに山車が回転し、まつり一番の盛り上がりとなります。

第51回江南藤まつり(江南市)

江南市では、4月21日(木曜日)から5月5日(木曜日・祝日)まで、「第51回江南藤まつり」を開催します。
会場の曼陀羅寺(まんだらじ)公園では、早咲きから遅咲きまで、12種類、約60本の藤が園内の藤棚を飾り、色鮮やかな藤の姿を楽しむことができます。
また、期間中は、午後9時までライトアップされ、戦国武将行列や様々なステージイベントがお楽しみいただけます。

平成28年4月5日

4.5

幸田しだれ桜まつり(幸田町)

幸田町では、4月1日(金曜日)から10日(日曜日)まで、幸田文化公園で「幸田しだれ桜まつり」を開催しています。
会場には、花笠のように、たおやかに垂れ下がる「しだれ桜」350本を始め、約20種500本の桜が植えられており、優美な風景が望めます。
また、期間中には、和太鼓や三河万歳などのステージイベントもお楽しみいただけます。