ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 自然環境課 > 愛知県における高病原性鳥インフルエンザ(野鳥関連)への対応状況について

本文

愛知県における高病原性鳥インフルエンザ(野鳥関連)への対応状況について

ページID:0508968 掲載日:2024年2月26日更新 印刷ページ表示

お知らせ

 常滑市で回収した死亡野鳥(ホシハジロ(カモ類)1羽)からA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が確認されたことを受け、環境省が回収地点の周辺10km圏内を「野鳥監視重点区域」に指定し、半田市、碧南市、西尾市、常滑市、阿久比町、南知多町、美浜町及び武豊町のそれぞれの一部が同区域に含まれました(指定日:令和6(2024)年2月21日)。​
 その後、環境省が、国立環境研究所において高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5/H7亜型)遺伝子検査を実施し、26日に高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)を確認しました。

現在の対応レベル

令和6(2024)年2月26日現在

〇環境省が設定する対応レベルは、現在「対応レベル3(国内複数箇所発生時)」です。本県においても野鳥の監視を実施しています。

〇現在、愛知県内に野鳥監視重点区域が設定されています。

(半田市、碧南市、西尾市、常滑市、阿久比町、南知多町、美浜町及び武豊町それぞれの一部)

愛知県の対応について

 県内で野鳥監視重点区域が指定されているため、区域内の水鳥が多く生息する場所を中心に、野鳥の大量死等の異常がないかどうかパトロールを実施しています。
 愛知県では、家きん等への感染予防を図るため、引き続き、野鳥における高病原性鳥インフルエンザの早期発見に努めていきます。

野鳥との接し方

○ 日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。

○ 野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。

○ 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方ではヒトに感染しないと考えられています。

正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いいたします。

死亡野鳥を見つけた場合

 こちらのページをご確認ください。

 死んだ野鳥を見つけた方へ

お問い合わせ先

お問い合わせ先
所属 電話番号 住所 所管市町村
自然環境課 052-954-6230
 (ダイヤルイン/平日)
052-961-2111
 (代表/休日・時間外)

〒460-8501

名古屋市中区三の丸3-1-2

名古屋市

東三河総局
 環境保全課

0532-54-5111
(代表/平日・休日・時間外)

〒440-8515

豊橋市八町通5-4

豊橋市、豊川市、蒲郡市、田原市

東三河総局
 新城設楽振興事務所環境保全課

0536-23-2111
(代表/平日・休日・時間外)

〒441-8515

新城市字石名号20-1

新城市、設楽町、東栄町、豊根村

尾張県民事務所
 環境保全課

052-961-7211
(代表/平日・休日・時間外)

〒460-8512

名古屋市中区三の丸2-6-1

一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、東郷町、長久手市、豊山町、大口町、扶桑町

海部県民事務所
 環境保全課

0567-24-2111
(代表/平日・休日・時間外)

〒496-8531

津島市西柳原町1-14

津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村

知多県民事務所
 環境保全課

0569-21-8111
(代表/平日・休日・時間外)

〒475-8501

半田市出口町1-36

半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町

西三河県民事務所
 環境保全課

0564-23-1211
(代表/平日・休日・時間外)

〒444-8551

岡崎市明大寺本町1-4

岡崎市、碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、幸田町

西三河県民事務所
 豊田加茂環境保全課

0565-32-7494
(代表/平日・休日・時間外)

〒471-8503

豊田市元城町4-45

豊田市、みよし市

リンク