ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 学習教育部生涯学習課 > 平成29年度「若者・外国人未来応援事業」を実施しました。

平成29年度「若者・外国人未来応援事業」を実施しました。

 平成29年度、文部科学省の新規事業である「地域の教育資源を活用した教育格差解消プラン」の中の「学びを通じたステップアップ支援促進事業」として、愛知県教育委員会が提案した「若者・外国人未来応援事業」が採択されました。(平成29年7月から平成30年3月まで実施。)

事業の目的

 高校中退者等は、就職やキャリアアップにおいて不利な立場にあり、高卒資格が必要であると認識している方が多い一方で、学び直しのための支援体制は十分ではありません。  
 そこで、学校教育からの切れ目のない学習支援及び相談・助言の実施により、困難を抱えた子ども・若者や外国人の社会的自立を目指します。

  無料の学習支援・相談支援事業の実施 (「若者・外国人未来塾」)

    1   対 象
          中学校卒業後の進路未定者、高校中退者、日本語支援が必要な外国人等
 
    2   内 容
         (1) 高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)の合格等に向けた学習支援
     (2) 福祉、保健、労働、多文化共生等の関係機関等と連携した相談・助言
     (3) 外国人に対する日本語学習支援 (愛知県生涯学習推進センターのみ)
     (4) 基礎的なパソコン講座 (愛知県生涯学習推進センターのみ)

  3  実施場所・委託先・実施時間等(県内3か所)
        (1) 愛知県生涯学習推進センター(委託先:特定非営利活動法人あいち・子どもNPOセンター)
        ア 相談・助言     週1回(金曜日  14時~15時)
        イ 学習支援      週1回(金曜日  15時~17時)
        ウ パソコン講座     年間4回(8月、2月)
        エ 日本語学習支援  週1回(火曜日  15時~17時)

         (2)  豊田市青少年センター  (委託先:公益財団法人豊田市文化振興財団)
                 ア 相談・助言     月2回(第2・第4金曜日 18時~21時)
         イ 学習支援      週2回(水・金曜日 18時~21時)

     (3) 豊橋市青少年センター (委託先:特定非営利活動法人いまから)
        ア  相談・助言     週2回(火・金曜日 19時30分~21時30分)
        イ 学習支援      週2回(火・金曜日 19時30分~21時30分)

 「若者未来応援協議会」の設置

 県教育委員会が主催し、学識経験者の助言のもと、若者サポートステーション、学校、就労支援機関はもとより、福祉、保健、労働、その他関係機関・団体等と、効果的な連携・協働の在り方等を協議します。

 

学習支援・学習相談 問合せ先

〇 特定非営利活動法人あいち・子どもNPOセンター : 電話 052-232-3655
〇 公益財団法人豊田市文化振興財団 : 電話 0565-32-6296
〇 特定非営利活動法人いまから : 電話 090-9894-8823  

 

平成29年度「若者・外国人未来応援事業」実施報告

【愛知モデル2017の特徴】

<若者・外国人未来塾>
〇 学習支援の実施場所を県内3か所に設置。(名古屋市、豊田市、豊橋市)
 ・NPO(名古屋、豊橋)及び財団(豊田)に運営を委託。
 ・それぞれ週2回の実施。
 ・名古屋会場は、外国人を対象とした日本語学習支援を実施。
 ・いずれの会場もサポステと連携。
 ・県や市などの協力により、使用料無料の会場を確保。

<若者未来応援協議会>
〇 3種の協議会を設置
 ・学習に困難を抱える者は、他の社会的困難(福祉、保健、就労、国籍に関するもの等)を抱えていることも多いため、関係機関・団体と連携し、対象者の掘りおこし及び誘導を図る。
 ・合同協議会(年2回:委員18名):県レベルでの事業周知と連携・協力体制の構築  
 ・地区協議会(3地区それぞれ年2回:委員各10名程度):地区ごとの支援体制の構築
 ・研究部会(年2回):事業の評価及びモデル事業としての普及・啓発方策の協議

【成果報告書】 【3つの地区協議会で作成したリーフレット】

平成29年度愛知県「若者・外国人未来応援事業」成果報告書 [PDFファイル/2.96MB]

推進センター(名古屋)地区リーフレット [PDFファイル/938KB]

豊田地区リーフレット [PDFファイル/3.15MB]

豊橋地区リーフレット [PDFファイル/1.12MB]

 ※各リーフレット中のイラストは学習支援参加者が協力

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)