トップページ 県民の皆様へ 環境省エコチル調査

県民の皆様へ

環境省 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)

エコチル調査とは

胎児期から小児期にかけての化学物質曝露をはじめとする環境因子が、妊娠・生殖、先天奇形、精神神経発達、免疫・アレルギー、代謝・内分泌系等に影響を与えているのではないかという大きな仮説を解明するために、環境省が大規模な疫学調査を全国で行っています。

日本中で10万人のお母さんと赤ちゃんに参加してもらい、赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時から13歳に達するまで、定期的に健康状態を確認して、環境要因が子どもたちの成長・発達にどのような影響を与えるのかを明らかにしていく調査です。

愛知県内では名古屋市北区と一宮市が調査対象地区となっており、エコチル調査愛知ユニットセンター(名古屋市立大学大学院医学研究科)が中心となって調査が行われています。

外部リンク環境省エコチル調査のページへ

外部リンクエコチル調査愛知ユニットセンターのページへ
サイドメニュー
このメニューはダミーです。
  • 実際に表示されるものではありません。
  • この部分を編集しても他のページには反映されません。
この部分の編集は別ファイルで行ってください。

ページの先頭に戻る