愛知県警察

menu

 

警察相談専用電話
#9110 (短縮ダイヤル)
052-953-9110
(ダイヤル回線・一部IP電話)
月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)
午前9時~午後5時
緊急時は110番
110番通報が困難な方

水難事故の防止対策

危険個所の把握

魚とり・釣りでは、転落等のおそれがある場所、水泳や水遊びでは、水(海)藻が繁茂している場所、水温の変化や水流の激しい場所、深みのある場所等の危険個所を事前に把握して、近づかないようにしましょう。また、子供を危険な場所には近づけないようにしましょう。

的確な状況判断

風雨、落雷等の天候不良時や上流で雨が降っているなど、河川の増水のおそれが高いときには、釣りや水泳を行わないようにしましょう。また、体調が悪いとき、飲酒をしたときなどは、海、河川に入らないようにしましょう。

ライフジャケットの活用

釣りやボート等で水辺にいくときは、必ずライフジャケットを着用しましょう。

ライフジャケットは、体のサイズに合った物を選び、正しく着用しましょう。

保護者等の付添い

子供の水難防止のため、子供一人では水遊び等をさせず、幼児や泳げない学童等には、必ずライフジャケットを着用させ、保護者等が付き添うなどして、子供から目を離さないようしましょう。

遊泳時の安全確保

掲示板、標識等により危険区域と標示された区域内には入らないこと。

遊泳区域を標示する標識、浮き等を移動し、又は損壊しないこと。

遊泳区域以外の水域で遊泳しないこと。

遊泳中、他人に抱きつくなどの遊泳上危険な行為をしないこと。

遊泳に当たっては、水深、水流を考慮し、安全な方法で遊泳すること。

子どもの事故防止(保護者等の大人が注意して欲しいポイント)

1海水浴など、海で遊ぶ時の注意

天候の変化に注意し、悪天候のときには海に出ないようにしましょう。

危険な場所がないか確認し、危険な場所で子供を遊ばせないようにしましょう。

子供だけで遊ばせず、必ず大人が付き添って、子供から目を離さないようにしましょう。

釣りをする時やボートに乗る時は、ライフジャケットを正しく着用させましょう。

2川で遊ぶ時の注意

天候の変化や川の状況を川に行く前からチェックするようにしましょう。

川は、目に見えない流れや急に深くなる所や滑りやすい所があるので、表面は穏やかでも水中には注意しましょう。

子供だけで遊ばせず、必ず大人が付き添って、子供から目を離さないようにしましょう。

ライフジャケットを正しく着用させましょう。

急な増水で水没するおそれがある、河原や中洲、川幅の狭いところに注意しましょう。

3プールで遊ぶ時の注意

ビニールプールも含め、プールで遊ぶ時は、必ず大人が付き添い、子供から目を離さないようにしましょう。

河川における水難事故の防止対策情報

河川の水位雨量を把握して、鉄砲水等の被害に備えましょう。

国土交通省「川の防災情報」(外部サイトへリンク)

天候を把握して、突然の河川の水位上昇に備えましょう。河川の上流をチェックしましょう。

国土交通省「XRAIN」(外部サイトへリンク)

29394