ホーム > 安全な暮らし > 捜査にご協力を! > 一般的な犯罪への情報提供 > 一般的な犯罪情報(贈収賄等の汚職事件)

ここから本文です。

更新日:2019年1月18日

一般的な犯罪情報(贈収賄等の汚職事件)

事件・事故等でお急ぎの場合は、110番通報をお願いします。

情報提供について

  • 情報をいただいた方の秘密は厳守しますので、情報の提供をお願いします。
  • 確認の連絡を取らせていただく場合がありますが、警察から連絡しないでほしいという場合は匿名希望としてください。
  • 提供された情報の内容によっては謝礼が支払われる場合がありますが、匿名希望の場合は謝礼が支払われませんのでご了承ください。
    なお、謝礼に関する問い合わせには応じかねますので、重ねてご了承ください。
  • 提供いただいた情報に関する捜査結果についてのご連絡は原則としていたしません。

贈収賄等の汚職事件とは?

贈収賄等の汚職事件は、殺人や窃盗などの国民の目に明らかな顕在的犯罪とは異なり、政治、行政、経済等の奥底に潜在し、国民が信頼を寄せる公務の公正性を歪めることで、社会の秩序を乱す重大な犯罪です。
警察は、このような汚職犯罪が社会のどこに潜み、眠っているかを突き止め、摘発して国民の目の前に明らかにしていくことを重要な責務としています。

汚職事件の当事者(収賄被疑者)となる公務員は、国の機関や地方公共団体の職員はもとより、そこに設置される委員会の委員や選挙によって選ばれる議員なども含まれますし、独立行政法人等の役職員のように法律で公務員とみなされる者、団体の設立根拠となる法律で特別に贈収賄の規定が設けられているなど対象は多岐にわたります。
賄賂を贈る側については、企業や業者の構成員に限らず、特別に有利な便宜を図ってもらう関係の者であれば、個人や公務員同士でも犯罪は成立します。

また、国際的な商取引に関して、外国公務員等に対して営業上の不正の利益を得るために贈賄等をすることは不正競争防止法で禁止されており、犯罪が成立します。

  • 公共事業の契約や公の業務委託契約等の不正に関する情報
  • 機械や物品の調達(納入)における不正に関する情報
  • 職員の採用や昇進における不正に関する情報
  • 公務員が関与している談合などに関する情報
  • 補助金や助成金など公金が原資である交付金の不正に関する情報
  • 許認可や業務の監督、検査、監査における不正に関する情報
  • 外国公務員等に対する贈賄等に関する情報
  • その他、汚職事件の検挙に繋がると思われる情報

ささいなことでも結構ですので、これらの情報がありましたら、お寄せください。

 

[注]文字化けを防ぐため、半角カタカナ、丸数字、特殊文字は使用しないでください。

性別    
匿名希望