ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > デジタル技術活用

デジタル技術活用の促進について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月13日更新

概要

 県内企業の生産性向上や新ビジネス創出に向けたデジタル化・DX推進を図るため、IoT、AI、産業用ロボット等のデジタル技術の活用を支援します。

<主な取組内容>
 〇 デジタル技術の導入や利活用の支援
 〇 経営者に対する普及啓発
 〇 企業内デジタル活用人材の育成支援
 〇 あいち産業DX推進コンソーシアム
 〇 愛知県IoT推進アドバイザリーボードの運営
 〇 各種情報提供

主な取組

デジタル技術の導入や利活用の支援

デジタル技術活用相談窓口

 相談窓口には、ビジネスとITに知見をもつコンサルタントを設置し、IoT、AI、産業用ロボットなどのデジタル技術導入や利活用を目指す県内中小企業等を対象として、導入や利活用に関する相談対応、現場におけるプロセス改善支援、技術導入を図るニーズ企業と提供を図るシーズ企業のマッチング支援、各種補助金の活用相談などを行います。
特別具体的な相談でなくても、デジタル技術が業務の中でどう活用できそうかなどの様々なご相談に対応します。
相談料は無料ですので、是非御利用ください。

活用相談窓口リーフレット
活用相談窓口リーフレット

(事業委託先:有限責任監査法人トーマツ 名古屋事務所)

〇導入や利活用に関する研修会

 実際に現場でIoTや産業用ロボットを導入、利活用していくための人材を育成するため、下記の研修会を開催します。

  •  デジタル技術導入・活用研修会 (準備中)
     デジタル技術(RPAやIoTなど)等に関する基礎知識の講習、データ活用の実習など
     
  •  産業用ロボット導入支援研修会
     基礎知識の講習や操作演習、提案依頼書作成指導、ロボットメーカ見学やロボットSIerとの相談会など
       産業用ロボット

(事業委託先:有限責任監査法人トーマツ 名古屋事務所)

導入モデルの実証

 IoTツール等のデジタル技術導入に意欲ある企業に対し、導入から活用(業務改善等)を支援し、その結果と導入・活用プロセスをモデルケースとして県内企業へ展開する。
  デジタル技術導入モデル実証

(事業委託先:公益財団法人あいち産業振興機構)

    経営者に対する普及啓発

    〇セミナー開催

     経営者や現場責任者の方を対象としたセミナーを開催し、最新情報や県内でのデジタル活用事例などを紹介するほか、参加者同士での交流・マッチング会を開催しています。

    2019年度セミナー
    2019年度開催の様子(2020年度はオンライン開催)

    経営指導員向け研修

     県内中小企業等の経営改善に携わる、商工会等の経営指導員向けに、ITリテラシー向上のための研修を開催する。
      経営指導員向け研修

    (事業委託先:公益財団法人あいち産業振興機構)

    企業内デジタル活用人材の育成支援

    新事業開発リーダー養成研修

     新たにデジタル技術を活用した事業を立ち上げる立場にある方を対象に、ビジネスプランの立案やマネジメントなどの研修を開催する。
      新事業リーダー養成研修

    (事業委託先:公益財団法人あいち産業振興機構)

    デジタル化・DX推進人材育成研修

     自社のデジタル化を推進していく立場にある方を対象に、業務のデジタル化に必要知識やスキルを身に付けるための研修を開催する。
      デジタル化・DX推進人材研修

    (事業委託先:公益財団法人あいち産業振興機構)

    デジタル技術活用アイデアコンテスト

     若手の技術者等を対象に、新しい事業や業務改善につながるデジタル技術のアイデアを募集し、有識者によるブラッシュアップを通して、スキルを身に付けるコンテストを開催する。
      アイデアコンテスト

    (事業委託先:公益財団法人あいち産業振興機構)

    あいち産業DX推進コンソーシアム

     地域の経済団体、大学、金融機関、行政等が一体となって連携し、施策を展開する「あいち産業DX推進コンソーシアム」(以下、「コンソーシアム」という。)を設立します。

     詳しくは、下記Webページをご覧ください。

     https://www.pref.aichi.jp/site/aichi-pref-iot/dx-consortium.html

    愛知県IoT推進アドバイザリーボードの運営

     経済産業省、総務省が、IoT・ビッグデータ・人工知能時代に対応し、企業・業種の枠を超えて産官学で利活用を促進するため、技術開発、利活用、政策課題の解決に向けた提言を行う組織として「IoT推進コンソーシアム」及びワーキンググループとして「IoT推進ラボ」を2015年に設立しました。
     上記の取組を地方に展開し、地域におけるIoTプロジェクト創出取組を支援するものが「地方版IoT推進ラボ」であり、IoT推進ラボ及び経済産業省が選定するものです。
     愛知県は第1回審査において地方版IoT推進ラボに選定されました。(2016年7月31日)

     当地域のIoT推進に係る方策の検討や具体的案件に対するアドバイス等を行うために、有識者からなる「愛知県IoT推進アドバイザリーボード」を設置しています。

                  愛知県IoT推進アドバイザリーボード 委員 (五十音順、敬称略)
    氏名所属
    小栗 宏次 (座長)愛知県立大学 情報科学部 教授
    座間 安紀夫公益財団法人あいち産業振興機構 統括マネージャー
    原田 勝可名古屋大学 客員教授
    安田 孝美名古屋大学大学院 情報学研究科 教授

     情報発信

    メールマガジンの配信

     愛知県IoT推進ラボからのメールマガジンを不定期でお送りしています。
     メールマガジンの配信を希望される方は、下記WEBフォームよりお申し込み下さい。

      https://www.pref.aichi.jp/ques/questionnaire.php?openid=23

    • 携帯端末のアドレスを登録された場合、メールが正しく閲覧できない場合があります。
    • 個人情報の取扱については、「個人情報の取扱について」をごらんください。
    • 送信エラーが続いた場合は、事務局にてアドレスを削除する場合があります。

    Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)