ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 知立建設事務所 > よくあるご質問と回答(河川・海岸編)/(急傾斜編)

よくあるご質問と回答(河川・海岸編)/(急傾斜編)

河川・海岸編
質問1 河川にはどのような種類があり、誰が管理していますか。
質問2 河川保全区域内・海岸保全区域内に所有地があるので、建物を建てたいのですが。

急傾斜編
質問1 急傾斜地崩壊危険区域とは何ですか。
質問2 急傾斜地崩壊危険区域かどうかは、どこで調べればよいですか。
質問3 どんな場合に急傾斜地崩壊危険区域内行為の申請を出さなくてはいけないのですか。

河川・海岸編

質問1 河川にはどのような種類があり、誰が管理していますか。

回答1 河川法上河川は、一級河川、二級河川、準用河川の3種類に分けられます。河川を管理する責任者は、河川管理者と呼ばれ、一級河川の直轄区間については国土交通省、一級河川の指定区間及び二級河川については都道府県知事、準用河川については市町村が各河川管理者となります。

質問2 河川保全区域内・海岸保全区域内に所有地があるので、建物を建てたいのですが。

回答2 通常の建築の手続きの他に、河川管理者(愛知県知事)の許可がいる場合もありますので、詳しくは、担当窓口にてご相談ください。

急傾斜編

質問1 急傾斜地崩壊危険区域とは何ですか。

回答1 急傾斜地崩壊危険区域とは、がけの傾斜が30度を超え、高さが5m以上の傾斜地で、この崩壊により人家等に被害を与えるおそれがあるとして、知事が指定した区域を言います。

質問2 急傾斜地崩壊危険区域かどうかは、どこで調べればよいですか。

回答2 知立建設事務所管内については、当事務所維持管理課でわかります。実際に区域の図面を見てご確認していただくことを原則としておりますので、ご面倒でも当所までお越しください。

質問3 どんな場合に急傾斜地崩壊危険区域内行為の申請を出さなくてはいけないのですか。

回答3 急傾斜地崩壊危険区域に指定された土地の形状を変更するような行為を行う場合は知事の許可を受けなければなりません。詳しくは、担当窓口に電話(0566-82-6461)で問合せいただくか、写真と簡単な図面をご持参のうえお越しください。

問合せ

愛知県知立建設事務所維持管理課管理グループ
電話:0566-82-6461(河川管理)
FAX:0566-82-3226
メール:chiryu-kensetsu@pref.aichi.lg.jp
住所:〒472-0026 知立市上重原町蔵福寺124
※ 管轄地域:碧南市、刈谷市、安城市、知立市、高浜市