ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 海区漁業調整委員会 > 角建網漁業、つぼ網漁業及びその他漁具を定置して行う漁業の漁具の網目に関する指示

本文

角建網漁業、つぼ網漁業及びその他漁具を定置して行う漁業の漁具の網目に関する指示

ページID:0382745 掲載日:2022年3月29日更新 印刷ページ表示

愛知海区漁業調整委員会告示第2号

 角建網漁業、つぼ網漁業及びその他漁具を定置して行う漁業の漁具の網目について、漁業法(昭和24年法律第267号)第120条第1項の規定に基づき、次のとおり指示する。

 ただし、愛知県漁業調整規則(令和2年愛知県規則第71号)第45条の規定に基づき特別採捕の許可を受けた者が使用する漁具については、この限りでない。

令和4年3月29日

愛知海区漁業調整委員会会長 山下三千男

1 指示の内容

  漁具の網目は、15センチメートルにつき14節以下の大きな目合を使用しなければならない。

2 指示の有効期間

  令和4年4月1日から令和5年3月31日まで