ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 東北地方太平洋沖地震による福島第1原子力発電所の事故に伴う本県の環境放射能の測定結果について

東北地方太平洋沖地震による福島第1原子力発電所の事故に伴う本県の環境放射能の測定結果について

平成23年3月15日(火)発表

東北地方太平洋沖地震による福島第1原子力発電所の事故に伴う本県の環境放射能の測定結果について

 愛知県における空間放射線量率(ガンマ線)の測定結果を公表します。

 

○ 本県では、文部科学省の委託を受け、平成3年2月より名古屋市北区の環境調査センターにおいて、24時間連続で「空間放射線量率」(大気環境中の放射線の量)を測定しています。

 

○ 同事故が発生した3月12日15時以降の測定結果は次表のとおりで、現在までに特に異常値は検出されていません。

 
空間放射線量率(ガンマ線)測定結果(単位:マイクロシーベルト/時)
測定期間最低値最高値平均値
H23.3.12 15:00~3.15 17:000.0390.0430.040
(参考)平成21年度0.0360.0610.040

○ この測定結果については、今後、本県のホームページに掲載していきます。

http://www.pref.aichi.jp/saigaijoho/

 

【参考】

○ 日本人が1年間に受ける放射線量は、2.4ミリシーベルト/年(=0.27マイクロシーベルト/時)程度とされています。また、胃部エックス線検診では1回あたり2.7ミリシーベルト程度の放射線を受けています。

問合せ

愛知県 環境部 環境活動推進課
環境リスク対策グループ
担当:冨田、棚橋
内線:3025・3026
電話:052-954-6212(ダイヤルイン)
E-mail: kankyokatsudo@pref.aichi.lg.jp