ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 「健康日本21あいち新計画」を策定しました

「健康日本21あいち新計画」を策定しました

「健康日本21あいち新計画」を策定しました。

 本県では、すべての県民が「生涯を通じて、健康でいきいきと過ごす」ことができるよう、行政や関係機関、関係団体等が連携を図り、県民の健康づくりを総合的に推進するため、2013年度から2022年度まで(*)を計画期間とする「健康日本21あいち新計画」を策定しました。 

 今回の計画では、国が発表した「健康日本21(第2次)」の中で、中心課題とされた健康寿命のさらなる延伸を目指し、前回計画(健康日本21あいち計画)の課題をふまえ、「健康格差の縮小」や「病気の重症化予防」といった新たな視点を加え、今後10年間の本県の健康づくり施策の進むべき方向と主要な取り組みを示しました。

 

(*)「『国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針の一部を改正する件』及び次期健康増進計画策定作業等について」(2021年8月4日付け健発0804第9号厚生労働省健康局長通知)を受け、本県においても、自治体と保険者による一体的な健康づくり政策を実施するため、健康日本21あいち新計画の計画期間を1年間延長し、2013年度から2023年度までとします。なお、計画の目標指標に係る年及び年度については、計画期間の延長に伴う変更は行いません。

 

健康日本21あいち新計画

リンク集

・ 厚生労働省「健康日本21(第二次)」
 

これまでの健康日本21あいち計画 

 ○ 第1期(2001年度から2012年度まで)

   ・  最終評価

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)