ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民安全課 > 自転車乗車用ヘルメットの着用を促進するため、児童生徒等及び高齢者のヘルメット購入を支援する補助制度を創設しました

自転車乗車用ヘルメットの着用を促進するため、児童生徒等及び高齢者のヘルメット購入を支援する補助制度を創設しました

 

自転車乗車用ヘルメットの着用を促進するため、児童生徒等及び高齢者のヘルメット購入を支援する補助制度を創設しました

 愛知県では市町村と協調して、転倒や交通事故の際に頭部を保護する自転車乗車用ヘルメットの着用を促進するため、自転車事故による負傷者の割合が高い7歳以上18歳以下の児童生徒等、及び自転車事故による死者の割合が高い65歳以上の高齢者がヘルメットを購入する場合に、その費用の一部を助成する補助制度を創設しました。
 4月以降随時、県内49市町村で補助制度が開始されています。
 申請窓口は市町村となりますので、詳しくは、お住まいの市町村にお尋ねください。

 ヘルメット補助金ちらし [PDFファイル/193KB]

主な補助対象要件

補助対象者

児童生徒等

 2022年3月31日現在で満7歳以上満18歳以下である児童生徒等
 住所が県内である方

※児童生徒等が着用するヘルメットを保護者が購入した場合も対象となります。

高齢者

 2022年3月31日現在で満65歳以上である高齢者
 住所が県内である方

補助対象となる自転車乗車用ヘルメット

以下のいずれかの安全基準を満たす新品の自転車乗車用ヘルメット

補助の対象となる自転車乗車用ヘルメットの安全基準
マーク内容
SG一般財団法人製品安全協会が安全基準に適合することを認証
JCF公益財団法人日本自転車競技連盟が安全基準に適合することを認証
CE欧州連合の欧州委員会が安全基準に適合することを認証
GSドイツ製品安全法が定める安全基準に適合することを認証
CPSC米国消費者製品安全委員会が安全基準に適合することを認証

補助金額

 自転車乗車用ヘルメットの購入・販売費(消費税及び地方消費税相当を含む)の1/2を県と市町村が補助します。ただし、ヘルメット1個につき、2,000円を上限とします。(市町村によって上乗せされる場合があります。)

補助を受ける際の注意事項

  • 2021年4月1日以降に購入・販売したものが対象です。
  • 手続きには店舗等で交付される見積書や領収書などが必要です。
  • 市町村によって手続きが異なるため、詳しくはお住まいの市町村にお問合せください。
  • 各市町村の申請窓口は、以下のWebページを御覧ください。

市町村窓口一覧:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenmin-anzen/helmet-sichoson.html
 

4月から補助制度を実施している市町村の受付開始日

4月から補助制度を実施している市町村の受付開始日
受付開始日市町村名
2021年4月1日(木曜日)から豊橋市※1、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知立市、尾張旭市、高浜市、豊明市、日進市、田原市、清須市、弥富市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、飛島村、武豊町、幸田町
4月5日(月曜日)から知多市
4月12日(月曜日)から北名古屋市、扶桑町
5月6日(木曜日)から豊田市、みよし市
6月1日(火曜日)から名古屋市、岡崎市、大口町
7月1日(木曜日)から一宮市、瀬戸市、江南市、岩倉市、愛西市、蟹江町、阿久比町、東浦町
10月1日(金曜日)から大治町

※1 : 豊橋市は、ヘルメット販売事業者に対する補助制度です。

お問い合わせ

 愛知県防災安全局県民安全課交通安全グループ
 担 当 渡邉、勝野
 内  線 2490・2492
 ダイヤルイン  052-954-6177

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)