ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民安全課 > 自転車も交通ルールを守ろう

自転車も交通ルールを守ろう

 自転車も、車と同じ「車両」であり、守るべき交通ルールがあります。交通事故を防止するためにも、交通ルールを守りましょう。

 なお、交通ルールの詳細や、規制・取り締まりに関することは、最寄りの警察署にお問い合わせください。

自転車安全利用五則

その1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外

 道路交通法上、自転車は「車両」と位置付けられているため、歩道と車道が区別された道路では車道を通行するのが原則です。また、自転車道が整備されている場所では、道路工事などやむを得ない場合を除き、自転車道を通行しなければなりません。

例外として歩道を通行できる場合

  • 「通行可」の標識や表示があるとき
  • 13歳未満の子供、70歳以上の高齢者、身体に障害がある人が運転するとき
  • 車道または交通の状況から歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき(道路工事・違反駐車等)

その2. 車道は左側を通行

 自転車は車道を通行するとき、車道の左端に寄って通行しなければなりません。また、自転車が通行することができる路側帯は、車道の左側の路側帯です。

 右側通行は禁止されています。自転車の右側通行は、左側通行している他の自動車やバイクなどと衝突する危険もありますので、絶対にやめましょう。違反した場合、3月か以下の懲役、または5万円以下の罰金に処せられます。

路側帯における双方向通行の禁止

 路側帯における双方向通行が禁止され、路側帯通行は、道路の左側部分に設けられた路側帯に限定されます。
 自転車は原則として車道の左側部分を通行しましょう。(著しく歩行者の通行を妨げない限り、道路左側の路側帯を通行することができます。)

※罰則:3月以下の懲役または5万円以下の罰金

自転車は路側帯における双方向通行禁止

その3. 歩道は歩行者優先で車道寄りを徐行

 歩道は、歩行者優先です。歩道を通行できる場合でも、車道寄りの部分をすぐに停止できる速度で通行しなければなりません。また、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止をしなければなりません。

その4. 安全ルールを守る

飲酒運転は禁止

 自転車も飲酒運転は禁止されています。また、酒気を帯びている者に自転車を提供したり、飲酒運転を行うおそれがある者に酒類を提供したりしてはいけません。酒酔い状態で自転車を運転した場合、5年以下の懲役、または100万円以下の罰金に処せられます。飲酒運転の根絶について、詳しくはこちらのページをご覧ください。

二人乗りは禁止

 自転車は、基本的に一人用の乗り物です。6歳未満の子供を幼児用座席に乗せるなどの場合を除き、自転車の二人乗りは原則禁止されています。

例外として2~3人乗りが認められる場合(愛知県道路交通法施行細則第5条)
  • 16歳以上の運転者が幼児(6歳未満の者をいう。以下同じ。)に用いる乗車装置(以下「幼児用座席」という。)に幼児1人を乗車させる場合
  • 16歳以上の運転者が幼児2人同乗用自転車(運転者のための乗車装置及び二の幼児用座席を設けるために必要な特別の構造又は装置を有する自転車をいう。以下同じ。)の幼児用座席に幼児二人を乗車させている場合
  • 運転者のための乗車装置及び一の運転者以外の者のための乗車装置(幼児用座席を除く。)を有する二輪の自転車(幼児2人同乗用自転車を除く。)の運転者が運転者以外の者のための乗車装置に幼児以外の者一人を乗車させている場合
幼児2人同乗基準適合車マークが貼付された自転車を選びましょう

幼児を自転車に同乗させる必要がある場合は、幼児同乗の要件を満たしている幼児2人同乗基準適合車マークが貼付された自転車を選びましょう。

並進走行は禁止

 並進可の標識がある場所以外では、他の通行の妨げになり危険なので、並んで走ってはいけません。

夜間はライトを点灯

 夜間、自転車で道路を走るときは、前照灯及び尾灯(または反射器材)をつけなければなりません。ライトをつけるのは、前方を見やすくする以外にも、他の自動車やバイクなどに自分の存在を気づかせやすくするためで、交通事故防止にもつながります。

信号を守る

 信号は必ず守りましょう。「歩行者・自転車専用」信号機がある場合は、その信号に従い、安全を確認してから横断しましょう。

交差点での一時停止と安全確認

 「止まれ」の標識がある場所では、必ず一時停止しましょう。「止まれ」の標識がなくても、見通しの悪い交差点では、必ず徐行し、左右をよく見て、安全に通行しましょう。

その5. 子供はヘルメットを着用

  保護者は、13歳未満の子供が自転車を運転するときや、幼児を幼児用座席に乗せて運転するときは、確実に乗車用ヘルメットを子供に着用させましょう。

大人もヘルメットを着用しよう!

 自転車乗車中の交通事故による死者のうち、25歳~64歳は約2割、65歳以上は約7割を占めています。

 また、自転車乗車中の交通事故で亡くなった方の主な負傷部位のうち、約6割は頭部です。

 事故の衝撃を吸収し、頭部を保護するヘルメットの着用は、道路交通法上でヘルメットの着用が義務付けられている子供だけでなく、大人にも必要です。年齢に限らず、自転車を利用する人は、日頃からヘルメットを着用するようにしましょう。

自転車も「ながら運転」はダメ!

 自転車も、以下のような「ながら運転」は禁止されています。運転するときは運転に集中しましょう。

  • スマートフォン・携帯電話を使いながらの運転
  • 傘さし運転
  • イヤホンやヘッドホンを使用し、大音量で音楽などを聴きながらの運転

関連リンク

愛知県警察