ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 高齢者 > 第3回高齢社会懇談会を開催します

第3回高齢社会懇談会を開催します

 2025年には、団塊の世代全てが75歳以上の後期高齢者となり、愛知県においても、今後、未曾有の高齢社会を迎えることになります。
 そこで、愛知県では、高齢者を巡る様々な課題や今後の対応方策について、有識者から幅広く御意見をお聴きする「高齢社会懇談会」を開催しています。
 このたび、「高齢者の移動支援」をテーマに第3回懇談会を開催します。

1.日時

2019年10月11日(金曜日) 午後4時から午後5時30分まで

2.場所

愛知県庁本庁舎6階 正庁(名古屋市中区三の丸3-1-2)

3.議題

高齢者の移動支援について

4.委員等(順不同、敬称略)

〔固定メンバー〕
氏名職名専門
葛谷 雅文名古屋大学大学院医学系研究科教授老年医療
原田 正樹日本福祉大学副学長地域福祉
今井 友乃NPO法人知多地域成年後見センター事務局長生活支援
井澤 知旦名古屋学院大学現代社会学部長まちづくり
安田 孝美名古屋大学大学院情報学研究科教授科学技術
〔ゲストスピーカー〕
氏名職名専門
伊豆原 浩二NPO法人ひと育て・モノづくり・まちづくり達人ネットワーク理事長交通政策

<県側出席者>

大村愛知県知事、政策企画局長、福祉局長

5.次第

(1)開会
(2)知事あいさつ
(3)意見交換「高齢者の移動支援について」
(4)閉会

6.開催回数等

○ 今年度中に4回開催予定。
(第1回は2019年5月24日(金曜日)、第2回は2019年7月31日(水曜日)に開催)
○ 第4回は、新たなテーマを設定して開催します。

7.懇談会の傍聴等

 ○ 傍聴を希望される場合は、傍聴申込書に必要事項(氏名、住所、所属団体、電話番号、メールアドレス)を記入し、2019年10月9日(水曜日)までに、電子メール、ファックス、郵便(必着)のいずれかでお申込みください。(定員20名。事前申込制)
※応募者多数の場合は抽選とします。
○ 傍聴の機会をできるだけ広く提供するという観点から、一つの団体からの申込みは2名までとさせていただきます。傍聴が決定した方には、2019年10月10日(木曜日)までに傍聴証を送付します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)