ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 高齢福祉課 > 介護従事者のメンタルヘルス研修事業の委託先を募集します

介護従事者のメンタルヘルス研修事業の委託先を募集します

1 事業目的

 介護分野は他業種に比べ離職率が高く、介護職員の離職理由の中でも「職場の人間関係」を挙げる率は高くなっています。また、サービス利用者の生活を幅広く支える対人サービスであり、感情の抑制や緊張が求められる職場でもあることから、メンタルヘルス対策が重要であるので、介護分野からの離職防止や定着促進のため、介護事業所の管理監督者向け、介護従事者向けに、それぞれメンタルヘルスに特化した研修を実施します。

2 事業内容

 「委託業務仕様書」のとおりです。

3 契約条件

(1) 委託金額

 8,634,814円を上限とします(消費税及び地方消費税を含む)。

(2) 契約保証金

 財務規則第129条の2の規定に基づき、契約金額に100分の10を乗じて得た額とします。ただし、契約の相手方が財務規則第129条の3の規定に該当する場合は、全額免除とします。

  免除を希望する場合は、契約締結時までに「契約保証金免除に関する申立書(別紙様式1)」に必要書類を添付の上、愛知県福祉局高齢福祉課介護人材確保グループへ提出してください。提出方法は、「6応募方法(4)提出方法」と同様です。

(3) 委託期間

 契約締結日から令和4年3月31日まで

(4) 委託料の支払

 事業完了後の精算払い

4 説明会の開催

(1) 開催日時

 令和3年4月28日(水曜日)午前10時30分から午前11時まで

(2) 開催場所

 自治センター4階 第三会議室

(3) 申込期限

 令和3年4月27日(火曜日)正午

(4) 申込方法

 「事業者名」、「参加者氏名」、「連絡先(電話番号、電子メールアドレス)」を明記の上、「10問合せ先」のメールアドレスあてに電子メールで申し込んでください。

(5) その他

 ア 必要書類は、出席者が当ページからプリントアウトし持参してください。

 イ 本説明会に出席することは、応募の条件ではなく、任意のものです。

 ウ 本説明会への出席に係る費用は、出席者の負担とします。

 エ 各事業者の出席者数は最大2名とします。

5 応募資格

 法人その他の団体とし、以下のすべての要件を満たすものとします。

 ➀ 物品の製造等に係る愛知県入札参加資格者名簿(令和2・3年度)の大分類「03.役務の提供等」、中分類「03.映画等制作・広告・催事」、小分類「02.広告」及び大分類「03.役務の提供等」、中分類「16.その他業務委託等」、小分類「03. 研修」に登録されている者であること。

 ➁  地方自治法施行令第167条の4の規定に該当しない者であって、応募受付期間において「愛知県会計局指名停止取扱要領」に基づく指名停止を受けていないこと。

 ➂ 応募受付期間において「愛知県が行う事務及び事業からの暴力団排除に関する合意書」(平成24年6月29日付け愛知県知事等・愛知県警察本部長締結)に基づく排除措置を受けていないこと。

 ➃ 愛知県内に本社・支社又は営業所を有する者であること。

6 応募方法

(1) 応募書類の作成

 「企画提案書作成要領」に基づいて必要書類を作成してください。

(2) 提出期限

 令和3年5月17日(月曜日)正午(必着)

(3) 提出先

 愛知県福祉局高齢福祉課介護人材確保グループ ※「10問合せ先」と同じ

(4) 提出方法

 持参もしくは郵送とします(電子メール及びファクシミリは不可)。

 持参の場合の受付時間は、平日の午前9時から午後5時までとなります。

(5) 応募に関する問合せ

 質問は、令和3年5月10日(月曜日)まで電子メールでのみ受け付けます。

なお、件名に「介護従事者のメンタルヘルス研修事業委託業務企画提案について」と記入してください。

質問の回答は、令和3年5月12日(水曜日)を目途に、質問者あてに電子メールで回答するほか、愛知県高齢福祉課のWebページに掲載します。

 また、質問内容が質問者固有の内容である場合、回答はWebページに掲載しません。

(6) 留意事項

 ア 企画提案の内容は企画から事業完了に至るまでの一切の業務とします。

 イ 企画提案に係る経費(必要書類の作成に要する経費等)は県では負担しません。

 ウ 企画提案は、1者につき1案とします。

 エ 提出された企画提案書等の書類は返却しません。

 オ 企画提案の選定は契約の相手方を選定するための手続であり、事業の実施においては企画提案の内容を最低限の内容とし、県と被選定者が協議して実施内容を決定します。

7 提案の審査方法・選定等

(1) 審査方法

 第1次審査(書類審査)で優秀な5案を選定した後、第2次審査(プレゼンテーション審査)を行い、最も優れている応募者を業務委託先として選定します。

 なお、応募数が5案以下の場合は、第1次審査は開催しません。

(2) 審査基準

 審査については、以下の項目について評価し、総合的な審査を行います。

 ア 事業評価項目

  (ア) 事業実施体制に関する事項

  (イ) 研修実施に関する事項

  (ウ) 研修の広報に関する事項

  (エ) 経費に関する事項

 イ 社会的取組項目

  (ア) 環境に配慮した事業活動

  (イ) 障害者への就業支援

  (ウ) 認知症に対する理解促進

  (エ) 男女共同参画社会の形成

  (オ) 仕事と生活の調和

(3) 第1次審査結果の通知

 審査結果は、通過者及び落選者ともに、令和3年5月20日(木曜日)までに通知します。

(4) 第2次審査の実施

 応募者(通過者)には、日時等の詳細を通知します。

 ア 日 程 

   令和3年5月26日(水曜日)(予定)※詳細時間等は第1次審査通過者へ別途通知

 イ 会 場

   自治センター4階 第三会議室

   (企画提案者待機場所…自治センター1階 ロビー)

 ウ 実施方法

 1者あたり10分間のプレゼンテーションを実施し、その後5分間の質疑応答を行います。

 エ その他

  (ア) 選定委員会は非公開とし、審査の経過等の審査に関する問合せには応じないこととします。

  (イ) 審査への出席に係る費用は応募者の負担とします。

  (ウ) 審査でのプレゼンテーションは、事前に提出した企画提案書によって行うこととします。企画提案書提出後の資料の差し替え及び追加資料の提出は、一切認めません。

  (エ) 審査に参加しない方(指定した時間に遅刻した場合を含む。)については、企画提案を取り下げたものとみなします。

(5) 第2次審査結果の通知

 審査結果は、選定者及び落選者ともに、令和3年5月31日(月曜日)までに通知します。

(6) 契 約

 選定委員会において選定された者と委託見積限度額の範囲内で交渉の上、契約します。なお、契約が不調に終わった場合は、次点のものと交渉します。

8 その他

 (1) 企画提案に要するすべての費用は応募者の負担とします。

 (2) 企画提案書提出後に辞退する際は、辞退届(別紙様式2)を速やかに提出すること。

 (3) 次の各号に該当した場合、応募者は失格になる場合があります。

  ア 提出書類に明らかな不備、虚偽の内容がある場合

イ 県職員又は企画競争関係者に対して、企画競争に係る不正な接触の事実が認められた場合

  ウ この応募に参加した者が応募後に「5応募資格」を満たさなくなった場合

9 スケジュール

 令和3年4月21日  応募開始

 令和3年4月28日  説明会

 令和3年5月10日  応募に関する問合せの締切

 令和3年5月17日  企画提案書提出期限

 令和3年5月20日  第1次審査

 令和3年5月26日  第2次審査

 令和3年6月上旬  委託契約締結

 令和4年3月31日  事業完了

10 問合せ先

 【担当】愛知県福祉局高齢福祉課 介護人材確保グループ(鵜飼)

 【住所】〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号(愛知県庁西庁舎2階)

 【電話】052-954-6814(ダイヤルイン)

 【FAX】052-954-6919  

 【メールアドレス】korei@pref.aichi.lg.jp

11 関係書類一覧

01企画提案募集要領 [PDFファイル/304KB]

02企画提案書作成要領(別紙) [PDFファイル/118KB]

03応募申込書兼応募資格確認書(様式1) [Wordファイル/19KB]

04社会的価値実現に資する取組に関する申告書(様式2) [Excelファイル/27KB]

05企画提案書(様式3) [Wordファイル/20KB]

06見積書(様式4) [Wordファイル/15KB]

07経費内訳書(様式5) [Wordファイル/19KB]

08業務委託契約書(案) [PDFファイル/507KB]

09委託業務仕様書 [PDFファイル/351KB]

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)