ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

産業教育

 職業に関する学科

 専門高校で習得する基礎的・基本的な知識や技術・技能は、将来スペシャリストとなるために大いに役立つものです。本県では、基礎・基本を重視するとともに、実践的な教育を行い、創造力や問題解決力の育成を図っています。
専門学科と主な学習内容
学科主 な 学 習 内容
農業作物の栽培や動物の飼育、バイオテクノロジーや食品加工などの実験・実習を通して、食や環境に関する学習を行います。
工業ものづくりに関する機械系・電気系・建設系・化学系・セラミック系・デザイン系の小学科があり、それぞれの専門分野についての知識や技術・技能を身に付けます。
商業ビジネスに必要なコミュニケーション能力や流通・マーケティングなどの知識や技術を身に付けたり、経済のグローバル化や情報化に対応した学習を行います。
水産実習船を活用した漁業や航海、水産加工に関する学習を行います。また、海洋環境、通信技術についても学ぶことができます。
家庭調理やファッション、住環境などの衣食住に関する知識や技術を身に付けたり、保育、家庭での看護や福祉関係の学習を行います。
看護中学校卒業後に最短時間で看護師になれるよう、高等学校本科と専攻科を併せた5年間一貫の看護教育を行います。
福祉福祉に関する専門的知識や技術を身に付けたり、介護福祉士国家試験に対応した学習等を行います。

時代の進展に対応した産業教育

愛知県産業教育審議会

 国は、農業、工業、商業、水産業その他の産業に従事するために必要な知識、技能及び態度を習得させる目的をもって行う教育(家庭科教育を含む)である産業教育の振興を図ることを産業教育振興法で定めています。その第11条、第12条、第13条及び第14条を受けて、愛知県産業教育審議会条例・同規則によって産業教育審議会が設置されています。

 産業教育審議会は、産業経済界、教育界及び勤労界の学識経験がある20名の委員で構成され、産業教育の振興に関する総合計画を樹立することなど産業教育に関する重要事項について、教育委員会の諮問に応じて調査審議し、教育委員会に建議します。

 最近の産業教育審議会

高等学校における産業教育等を通した本県産業を担う人材の育成方策(平成25年2月8日答申)

時代の変化に対応した専門高校の在り方について(平成21年2月10日答申)

新しい時代に対応したキャリア教育の在り方について(平成18年2月8日答申)

職業教育技術認定制度

 本県では職業資格の取得を通じて、

  1. 技術・技能に習熟すること
  2. 目的意識をもって充実した学校生活を送ること
  3. 将来にわたって豊かな職業生活を営むこと

 を目的として、技術認定制度を設けています。

  • この制度は、県内の高校生及び特別支援学校の高等部に在学する生徒を対象として、一定条件以上の資格等を取得した場合に知事から顕彰を受ける技術顕彰制度と、県独自で実施する検定試験に合格した場合に知事から合格証書が授与される技術検定制度からなっています。
  • 8月末に行われる証書授与式では、各校の代表者に知事名の顕彰証書と検定合格証書が教育長から授与されます。平成30年度の顕彰者は8,306名、検定合格者は3,638名でした。
あ
証書授与式(平成30年8月18日)

職業教育技術認定事業リーフレット

あいちSTEM教育推進事業

 本県の「ものづくり産業」を維持・発展させていく優れた科学技術力をもった人材を育成するため、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の4分野(STEM)に重点を置いた教育を推進し、「ものづくり愛知の未来を担う理数工学系人材」を育成します。
 STEM4分野の教育課程を研究開発する「あいちSTEMハイスクール研究指定事業」、STEM教育に関する教材開発や授業を支援する「あいちSTEM教育力強化事業」、STEM4分野に関する生徒の能力向上を図る「あいちSTEM能力育成事業」の3つの事業からなります。
 

あいちSTEMハイスクール研究指定事業

 「あいちSTEMハイスクール」研究校5校を3年間指定し、STEMの4分野に重点を置いた教育課程を研究します。
 
 ・研究指定校(平成29~令和元年度)                                                    
  瑞陵高校、大府東高校、半田農業高校、岡崎工業高校、豊橋工業高校

あいちSTEM教育力強化事業

 専門的な知識・技術を有する支援員を産業人材の育成を目的とする職業学科に配置し、STEM分野を教科するための教材開発等を通して指導者を育成します。
 
 ・研究指定校(令和元年度)
  安城農林高校、小牧工業高校、中川商業高校、成章高校

あいちSTEM能力育成事業

 県内の高校生を対象に、関係大学や企業、研究機関等と連携し、STEMの4分野に関する講座や研究発表会、競技大会を実施することにより、ものづくり愛知の未来を担う理数工学系人材を育成します。

 「技の探究講座」

 ものづくり技術や工学等の特定分野に関心が高く、優れた資質をもつ生徒に対し、企業と連携して高度な資格取得を目指した講座を実施します。

技の探究講座
講座内容企業名
半自動溶接の技術・技能株式会社豊田自動織機
旋盤作業の技術・技能株式会社デンソー
電気管理技術・電気工事中部電力株式会社、株式会社トーエネック
シーケンス制御作業の技術・技能 三菱電機株式会社
技の探究

「あいちSTEM教育推進事業」専用Webページ http://www.pref.aichi.jp/kyoiku/kotogakko/stem/stem.html

専門高校生海外インターンシッププロジェクト

 本事業は、愛知県の専門高校生8名が、東南アジアの関連企業でのインターンシップや現地高校生との交流活動等の体験を通して、主体的かつ積極的に異文化に接する態度を身に付けるとともに、広い視野に立ったグローバル人材に成長することを目的としています。
グローバルテクノロジーコース
 「工業」に関する学科や系列で学ぶ生徒が、本県を拠点にグローバルに製造・販売事業を展開している企業において、事業内容を見学・体験します。
グローバルフードビジネスコース
 「農業」・「商業」・「水産」・「家庭」に関する学科や系列で学ぶ生徒が、生産、商品開発、製造、物流、販売といった食に関わる一連のビジネスをグローバルに展開している企業において、事業内容を見学・体験します。
 〔平成30年度〕
 1 海外研修期間  平成30年7月29日(日曜日)から8月7日(火曜日)まで 8泊10日
 2 研修先      マレーシア
 3 研修参加者   グローバルテクノロジーコース:3名(愛知総合工科、豊田工業、豊橋工業 各1名)
             グローバルフードビジネスコース:5名(安城農林、一宮商業、豊橋商業、岩津、豊橋南 各1名)
                               ※引率者2名(工業科教員1名、商業科教員1名)
 

う   え

海外インターンシップの様子(グローバルテクノロジーコース[左]、グローバルフードビジネスコース[右])
 

スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール事業

 文部科学省では、平成26年度から、専門高校において、大学・研究機関・企業等との連携の強化等により、社会の変化や産業の動向等に対応した、高度な知識・技能を身に付け、社会の第一線で活躍できる専門的職業人を育成することを目的とする「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」事業を実施しています。

 指定校 県立三谷水産高等学校(平成28年度から5年間)

 水産・海洋資源の持続的利用や六次産業化、グローバルな資源管理やローカルな里海の環境保全の取組等を通して、海洋立国日本の将来を支えるグローカル人材を育成するため、新たな養殖技術の開発や先端機器を活用した海洋調査など、先進的かつ汎用的な研究を行っています。

de

f 

 指定校 県立豊田工業高等学校(平成26年度から3年間)

 将来の日本のものづくり産業の柱となる航空宇宙産業・次世代自動車産業を担う中核的専門人材を育成するため、地域、企業、大学等と連携し、グローバルメジャーの一員として活躍できるスーパー技術者の育成を戦略的に推進するための研究開発を行っています。

SPH

SPH2

 

あいちさんフェスタ

 愛知の専門高校生等の活躍を幅広く紹介することを通して、将来の産業を担う「スペシャリスト」の育成と産業教育の一層の振興、発展を目指すとともに、県民に対して産業教育への正しい理解を図ることをねらいに「あいちさんフェスタ」を開催しています。
 平成30年度は5月に「あいちさんフェスタ in 尾北」、8月に「あいちさんフェスタ in 名古屋」を開催しました。 

あいちさんフェスタ2018 [PDFファイル/401KB]

あ い
 

男女共同参画事業

 本事業は、男女ともに育児に関心をもち、働く場における女性の活躍について認識を深めるとともに、男女がともに自立して個性と能力を発揮し、社会形成に参画する能力を身に付けさせることを目的としています。

〔平成30年度〕
 男女共同参画の在り方をグローバルスタンダードの視点から包括的に見ることで、将来、本県の男女共同参画を推進するリーダーとなって活躍できる人材を育成することを目的として、「あいち高等学校男女共同参画海外派遣」を実施しました。

 1 海外研修期間  平成30年8月19日(日曜日)から8月23日(木曜日)まで 3泊5日
 2 研修先      オーストラリア連邦(ビクトリア州メルボルン)
 3 研修参加者   生徒4名(西春、一宮西、半田、刈谷北 各1名) ※引率者1名(英語科教員1名)
 4 現地訪問先   ビクトリア州政府首相内閣府、訪問企業(Vic Roads、Batman’s Hill on Collins Hotel、Zoos Victoriaなど)

あ い

男女共同参画事業のWebへ

県立愛知総合工科高等学校

 本県の工業教育の中核校として、平成28年4月に開校しました。
 専攻科の管理を平成29年4月から学校法人名城大学に委託し、公設民営化がスタートしました。
 

h g

[名古屋市千種区星が丘に平成28年4月開校]

愛知総合工科高等学校のWebページへ

問合せ

愛知県 教育委員会事務局 高等学校教育課

E-mail: kotogakko@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)