ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水大気環境課 > 水生生物の保全に係る水質環境基準の水域類型の指定の経緯

水生生物の保全に係る水質環境基準の水域類型の指定の経緯

水生生物の保全に係る水質環境基準の水域類型の指定の経緯

 平成15年11月、国は生活環境の保全に関する環境基準(生活環境項目)に、水生生物の保全に係る水質環境基準として「全亜鉛」を追加しました。

 水生生物の保全に係る水質環境基準は水生生物とその生息・生育環境を保全する観点から設けられたもので、平成24年8月には「ノニルフェノール」が、平成25年3月には「直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(LAS)」が追加されました。

 愛知県では、県内の5水域区分(庄内川等水域、名古屋市内水域、境川等水域、豊川等水域・天竜川水域、矢作川水域)の河川について平成19年度から順次調査を実施し、類型指定を行いました。

 なお、水生生物の保全に係る水質環境基準の類型を指定する際は、基礎調査などを行い、愛知県環境審議会に諮った上で、県民意見提出制度(パブリックコメント制度)に基づく意見募集を行っています。

経緯

平成19年度

  • 矢作川水域の基礎調査を実施

平成20年度

  • 豊川等水域・天竜川水域の基礎調査を実施
  • 矢作川水域の類型指定について愛知県環境審議会で審議、パブリックコメントを実施→答申→指定

平成21年度

  • 庄内川水域の基礎調査を実施

平成22年度

  • 境川等水域の基礎調査を実施

平成23年度

  • 名古屋市内水域の基礎調査を実施

平成24年度

  • H25.3.21 庄内川水域、名古屋市内水域、境川等水域、豊川等水域・天竜川水域について愛知県環境審議会にて水域類型の指定(案)を取りまとめ

平成25年度

類型指定に係る県民意見の募集結果

問合せ

愛知県 環境局 環境政策部 水大気環境課
調整・計画グループ
電話 052-954-6221
E-mail: mizutaiki@pref.aichi.lg.jp
 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)