ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業振興課 > 死亡野生イノシシに係る情報提供のお願い

死亡野生イノシシに係る情報提供のお願い

死亡野生イノシシに係る情報提供のお願い

豚熱の広がりをモニタリングする上で、イノシシの死体を検査することは非常に重要です。
愛知県では、県内全域から死亡イノシシの情報を受け付けており、イノシシの死体から検体を採取し、検査をおこなっております。
もし、県内の山林や道路脇、公園、田畑等でイノシシの死体を見つけた場合は、発見現場の市町村または愛知県野生イノシシ対策室に通報してください。

1 検査までの流れについて

・通報受付時に発見場所等の状況を伺います。
・愛知県がイノシシの死体から検体を採取し、市町村がイノシシの死体を回収し適正に処分します。
・採取した検体は、愛知県の家畜保健衛生所で豚熱の検査を行います。
・発見時に既に腐敗している場合も通報をお願いします。
 (検査できないため検体採取は行いませんが、死体が疾病の温床となるため、市町村が適正に処分します。)
・山奥で発見した場合や、死体の回収に危険が伴う場合は、回収できないことがあります。
・迅速な対応ができない場合がありますが、ご了承ください。

2 提供していただきたい情報

(1) 発見場所
 現場の住所地番またはGPSデータをご連絡ください。
(2) 発見日時
(3) 発見個体の状況(成獣か幼獣か/概ねの大きさ/頭数/腐敗の状況)
(4) 発見された方の連絡先

3 連絡先

「発見現場の市町村」または「愛知県野生イノシシ対策室」に通報してください。
※発見現場の市町村の連絡先が不明の場合は、野生イノシシ対策室にお願いします。
【愛知県野生イノシシ対策室の通報先】
平  日 :052-954-6725(ダイヤルイン)
土日祝日:080-3668-1805(休日対応用携帯電話)
受付時間:午前8時45分から午後4時30分まで

4 その他

豚熱は、豚、イノシシの病気であり、人には感染することはありません。

このページに関する問合せ先
農業振興課
野生イノシシ対策室 経口ワクチン対策グループ
〒460-8501 名古屋市中区三の丸3-1-2
Tel:052-954-6725
Fax:052-954-6008