ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 農業総合試験場 > 企画調整室

本文

企画調整室

ページID:0368324 掲載日:2022年9月20日更新 印刷ページ表示

最近の行事の紹介

令和3年度外部評価会議 2021年10月8日

 4名の外部評価委員の先生をお迎えし、以下の評価課題について研究の取組状況や今後の研究の進め方についてご評価いただきました。評価結果及びにご意見については本県農業のさらなる発展に向け、今後の試験研究の推進に活かしていきます。

【評価課題】

  1. 画像解析を利用した生育データと環境データによる果菜類の収量予測技術の開発
  2. カード型反応容器を用いた複数病害虫同時診断法の開発
  3. 環境に配慮した米のブランド化を図るための戦略の策定
  4. 卵用名古屋コーチンの卵質改良した新系統の開発

評価課題発表の様子

      評価課題発表の様子

令和3年度農林水産技術会議農業専門分科会 2021年10月27日

 本県農業行政、普及機関、農業大学校と関係機関が一堂に集い、要望課題の検討と現場ニーズに対応した技術開発について意見交換を行いました。外部有識者としてお迎えした公益財団法人 愛知県農業振興基金 理事長 鈴木才将様並びに関係機関からいただいた評価結果とご意見については本県農業のさらなる発展に向け、今後の試験研究の推進に活かしていきます。

【要望課題】
 現場ニーズを把握し、社会情勢の変化などに即した研究を実施するため、関係機関から毎年要望課題を募集しています。今年度は103課題の要望をいただきました。

【現場ニーズに対応した技術開発】
 発表課題
   1  スマート農業に関する現場ニーズについて
   2  スマート農業の開発状況について
    (1)  AIを活用した病害虫診断技術の開発
    (2)  バラ切り花の高品質・多収・計画生産を目指したLED補光の技術確立

農業専門分科会の様子
     農業専門分科会の様子

愛知県立大学との連携協定締結式 2022年3月24日

「愛知県立大学のスタートアップの取り組み」についての講演会(職場研修にて)  2022年6月13日

 愛知県立大学情報科学部と当場の「研究協力に関する協定」の締結に向けてご尽力をいただいた愛知県立大学ICTテクノポリス研究所の神谷幸宏所長をお迎えし、当場の職場研修にて「愛知県立大学のスタートアップの取り組み」と題し、ご講演をいただきました。

 神谷所長からは、昨今のスタートアップを取り巻く日本及び世界の現状に加え、愛知県立大学が注力している、学生の起業家教育やスタートアップ設立の支援、産学官の連携推進等の状況を教えていただきました。

 今後協定に基づいて、両機関における共同研究、人材の交流等が始まります。両機関が得意とする分野を生かすことにより、新たなイノベーション創出の加速化が期待されます。

講演会の様子

      講演会の様子

「中部大学フェア2022」で研究成果を紹介 2022年9月15日

中部大学が主催する「中部大学フェア2022」において、当場の概要と研究成果の紹介を行いました。

【紹介した研究成果(ブース展示)】

1.「作物におけるドローン等を活用した生育診断システム及びDVI等を活用した生育予測システムの開発」(作物研究部作物研究室)

2.「食品製造副産物であるエゴマ搾り粕を利用した高品質な豚肉の生産」(畜産研究部養豚研究室)

 ドローンや飼料サンプルの実物、パネル等を展示し、参加者と活発な意見交換を行うことができました。

当場と中部大学応用生物学部は「研究協力に関する協定」を締結しており、今後も協定に基づいて、両機関における共同研究や人材の交流等が活発に行われ、研究のさらなる発展が期待されます。

出展ブース1 出展ブース2

         「中部大学フェア2022」での当場出展ブース