ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 農林水産業 > 林業 > 森林経営管理制度について

森林経営管理制度について

1 森林経営管理制度とは

 充実した森林資源の活用と森林の多面的機能の発揮に向けては、適時適切に伐採、造林、間伐等を実施する「循環型林業」を推進する必要があり、そのためには、林業経営の効率化及び森林管理体制を整えることが必要です。

 森林経営管理法においては、森林所有者に対して、森林の適切な経営管理を促し、その責務が明確化され、森林経営管理制度では、森林所有者による経営管理が行われていない森林について、市町村が森林所有者の委託を受け経営管理することや、意欲と能力のある林業経営体に再委託することで、林業経営の効率化と森林の管理の適正化を促進します。

2 森林経営管理制度の概要

制度の概要

 

3 森林経営管理制度の仕組み

制度の仕組み

4 経営管理実施権の設定を受けることを希望する民間事業者の募集・公表について

 本県では、森林経営管理法第2条第5項に規定される経営管理実施権の設定を受けることを希望する民間事業者を募集し、同法36条第2項に規定する要件に適合する民間事業者を公表することとしています。(公表した民間事業者が「意欲と能力のある林業経営体」となります)

 詳しくは、こちらのページをご覧ください。

5 県の取組及び市町村支援について

 本県では、森林情報を整備し市町村への情報提供や、「あいちの森づくり」県・市町村連絡調整会議の開催、各農林水産事務所による市町村の取組へのサポートを行っています。

 また、市町村からの森林経営管理制度に関する相談窓口「あいち森林経営管理サポートセンター」を公益財団法人愛知県林業振興基金に設置しました。(同サポートセンターのHPはこちら

(関係法令)

   森林経営管理法(平成30年法律第35号)

   森林経営管理法施行令(平成30年政令第320号)

   森林経営管理法施行規則(平成30年農林水産省令第78号)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)