ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 砂防課 > 地すべり防止区域

地すべり防止区域

地すべり防止区域と行為等の制限

地すべり防止区域

 現に地すべりをしている区域または地すべりするおそれがある区域、及びそれに影響を与える一定の区域をあわせた範囲で、公共の利害に密接な関連を有するものを「地すべり防止区域」として指定し、地すべりの危険を増すような行為を規制しています。
  この規制には地形の変更や地下水位の変動を生む様々な行為が抵触しますので、地面を触る工事をお考えの際には事前に管轄の県建設事務所維持管理課へご相談ください。

平成24年6月7日時点、建設局が所管する地すべり防止区域に指定されている市町村は5市4町1村です。
<区域の存する市町村>
瀬戸市、豊川市、豊田市、西尾市、新城市、南知多町、美浜町、設楽町、東栄町、豊根村

地すべり防止区域一覧 [PDFファイル/201KB]

 建設事務所所管区域一覧 [Excelファイル/13KB]

なお、地すべり防止区域には、農林基盤局(森林保全課)所管のものもありますので、ご注意下さい。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)