ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業科学技術課 > 「あいち科学技術・知的財産アクションプラン2025」を策定しました

「あいち科学技術・知的財産アクションプラン2025」を策定しました

 愛知県では、本県の科学技術及び知的財産振興施策を戦略的、総合的に実施するための指針及び計画となる「あいち科学技術・知的財産アクションプラン2016-2020」が今年度末で計画期間を迎えるため、新しい中期的な計画の策定を進めてきました。

 この度、パブリックコメントを経て、新たな計画「あいち科学技術・知的財産アクションプラン2025」(計画期間:2021~2025年度)を策定しましたので、お知らせします。

1 策定趣旨

 「あいち科学技術・知的財産アクションプラン2016-2020」の計画期間の終了を受け、また、「あいちビジョン2030」及び「あいち経済労働ビジョン2021-2025」の方向性に沿った科学技術・知的財産施策の展開に向けて、新たな計画を策定する。

2 計画期間

2021年度から2025年度まで(5年間)

3 計画の目標

世界を牽引して未来を創りつづける「イノベーション都市あいち」の実現

4 「あいち科学技術・知的財産アクションプラン2025」の特徴

(1)目指す姿の将来像

・最先端の研究・技術・サービスを有する組織の連携体制が自律的・連続的に組成され、イノベーションを生み出す礎が構築されている。

・イノベーションに迅速に対応するべく、充実した研究施設・実証環境のもとで行われた研究開発成果が、速やかに社会生活に反映されている。

・企業の自社技術のオープン・クローズ戦略等により、消費者を含む社会との連携を意識したオープンイノベーションが深化している。

・科学技術に興味・関心を持つ次世代人材の裾野が広がり、優れた人材の才能が更なる伸長をみせ、本県のイノベーション創出の環境が維持され、新しい担い手へとつながれている。

(2)施策体系と主な取組

県が競争力を維持・強化しながらイノベーションを創出していく「3つの柱」と「1つの基盤」を軸に構え施策を展開する。

【柱1】イノベーションを創出する発展的な産学行政連携の体制拡充

 ・「知の拠点あいち」を核とした新たな研究開発プロジェクトの組成

【柱2】イノベーションを支える先駆的な研究開発環境の整備強化

 ・ビッグデータ等の活用によるあいちシンクロトロン光センターの高度化

【柱3】イノベーションに資する積極的な知財経営の支援促進

 ・開放特許の活用によるオープンイノベーションの促進

【基盤】イノベーションの持続的創出を担う次世代人材の育成推進

 ・ノーベル賞受賞者に触発される科学する心の醸成

5 「あいち科学技術・知的財産アクションプラン」の構成

1 はじめに

2 本県の科学技術振興及び知的財産推進を取り巻く状況

3 施策展開の方針

4 体系化した取組施策

5 参考資料

6 概要版及び本文の掲載について

下記からダウンロードができます。

1 「あいち科学技術・知的財産アクションプラン2025」 概要 [PDFファイル/949KB]

2 「あいち科学技術・知的財産アクションプラン2025」 本文 [PDFファイル/4.26MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)