ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課 > 【知事会見】令和3年度伝統的工芸品月間国民会議全国大会の開催決定について

【知事会見】令和3年度伝統的工芸品月間国民会議全国大会の開催決定について

令和3年度伝統的工芸品月間国民会議全国大会の開催決定について

2020年7月9日(木曜日)に伝統的工芸品月間推進会議(議長:三村明夫 日本商工会議所会頭)が経済産業省において開催され、令和3年度伝統的工芸品月間国民会議全国大会(以下「全国大会」という。)を愛知県において開催することが決定されました。本県での開催は、1986年以来35年ぶりとなります。
この全国大会では、常滑市の愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)を展示会場として、県内及び全国の伝統的工芸品の展示を始めとする様々なイベントが催されます。
愛知県の伝統的工芸品産業にとって、この大会が今後の発展の契機となるよう開催に向けて準備を進めていきます。

1 全国大会の概要について

(1)日程 2021年11月26日(金曜日)から11月29日(月曜日)まで
(2)場所 愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)(常滑市)等
(3)主催 経済産業省、伝統的工芸品月間推進会議、(一財)伝統的工芸品産業振興協会、日本伝統工芸士会、愛知県伝統的工芸品月間推進協議会(仮称)

2 全国大会の内容等について

伝統的工芸品月間国民会議全国大会は、経済産業省が伝統的工芸品に対する国民の理解とその一層の普及を目指し、1984年から、毎年11月を伝統的工芸品月間と定め、開催地を替えて開催しているものです。
(1) 地元催事
展示関係(県内の伝統的工芸品の展示販売、各種企画展)、商談会 等
(2) 国等による催事
式典関係(記念式典等)、展示関係(全国の伝統的工芸品の展示販売) 等

3 開催に向けた取組について

関係団体、関係自治体等で構成される準備委員会を設立し、催事内容等について協議していきます。

4 参考(愛知県内の伝統的工芸品について)

伝統的工芸品は、伝統的工芸品産業の振興に関する法律(昭和47年法律第57号)に基づき経済産業大臣の指定を受けた工芸品であり、本県では14品目が指定を受けています。