ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 東三河総局新城設楽振興事務所 > 【奥三河探訪】奥三河の滝を求めて -後編- (穴滝、大立不動滝)

【奥三河探訪】奥三河の滝を求めて -後編- (穴滝、大立不動滝)

 新城設楽振興事務所では、「奥三河探訪」と題して、愛知県奥三河地域の伝統行事やイベント、四季の移ろいなどを紹介しています。

 前回に引き続き、奥三河の滝を紹介します(前回記事:奥三河の滝を求めて-前編-)。

 

 後編は、設楽町の「穴滝」と豊根村の「大立(おおたで)不動滝」です。

 

 まずは「穴滝」です。穴滝は不動滝ともアミ滝とも言われるそうです。

 

 穴滝は設楽町神田(かだ)地区にあり、新城市の四谷千枚田と神田地区を繋ぐ、県道32号に掛かる小さな橋「穴滝橋」の横にあります。

看板

穴滝入り口

 道のすぐ横に石灯籠があり、その奥に滝があります。

穴滝1

 岩肌を伝う水が細かいしぶきとなって流れ落ちる様子はとても美しいです。

穴滝2

 滝の流れる巨大な岩の下に空洞があり、小さな祠が祭られています。

お社

 

 続いて大立不動滝です。

 大立不動滝は豊根村古真立(こまだて)地区にあります。

 県道429号線の不動橋から見ることが出来ます。

 大立不動滝2

 まっすぐ水が流れ落ちる姿の美しい滝です。 

大立不動滝1

 滝の周辺は、景観整備がされており、滝がよく見えるようになっています。

**********
設楽町の観光情報は「設楽町観光協会」
豊根村の観光情報は「豊根村観光協会」
これからの奥三河のイベントは「奥三河観光協議会」
奥三河探訪の過去記事は「奥三河探訪」