ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 自然環境課 > 岐阜県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(家きん国内34例目)に係る野鳥監視重点区域の解除について

岐阜県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(家きん国内34例目)に係る野鳥監視重点区域の解除について

 
 岐阜県美濃加茂市の養鶏場における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認事例(家きん国内34例目)を受け、環境省は1月2日(土曜日)に野鳥監視重点区域(発生地点から半径10km以内)を指定し、愛知県では、環境省及び岐阜県と共に野鳥監視の強化をしてきたところです。

 その後、当該区域内で野鳥の大量死等の異常は確認されなかったため、環境省は「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル」に基づき、2月4日(木曜日)24時をもって当該区域を解除しましたので、お知らせします。

1 経緯

 
1月2日(土曜日)・岐阜県美濃加茂市の養鶏場における鶏について、岐阜県が遺伝子検査を実施した結果、H5亜型であり、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であることを確認。
・環境省が養鶏場の周辺半径10km圏内を野鳥監視重点区域に指定。(犬山市及び扶桑町の一部を含む。)
1月4日(月曜日)・愛知県及び岐阜県が野鳥監視重点区域内で野鳥緊急調査を実施。(1月5日記者発表済み。)
1月5日(火曜日)・岐阜県において防疫措置完了。
2月4日(木曜日)24時・野鳥において異常が確認されなかったことから、環境省が当該野鳥監視重点区域を解除※
 ※ 環境省は、同省のマニュアルに基づき、家きんの場合は、防疫措置完了日の次の日を1日目として30日目の24時に野鳥監視重点区域を解除することとしています。

 

2 今後の対応

 環境省は、野鳥サーベイランス※における全国の対応レベルを、引き続き最高レベルとなる「対応レベル3」とし、全国での野鳥の監視強化を継続します。
 愛知県においても引き続き、環境省とともに県内の野鳥に関する情報収集等を行っていきます。
 ※ 高病原性鳥インフルエンザウイルスの早期発見等を目的に、野鳥において実施している調査のこと。