ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 行政改革 > 行政改革 > 「県有施設利活用・保守管理プログラム」(第2次分)の策定について

「県有施設利活用・保守管理プログラム」(第2次分)の策定について

「県有施設利活用・保守管理プログラム」(第2次分)の策定について

 愛知県は、「行革大綱に係る重点改革プログラム」(平成23年12月公表)に基づいて、効果的・効率的な庁舎等の利用・管理に向けた取組を推進しており、その一環として、個別の庁舎等ごとに中長期的な利活用の方向性を定めるとともに、集約・移転などの対応策を示す「県有施設利活用・保守管理プログラム」を策定していくこととしています。

 昨年度に引き続き、この取組の第2次分として、16施設(庁舎等)に係るプログラムを策定しましたので、お知らせします。

県有施設利活用・保守管理プログラム(第2次分)対象庁舎等

○印は引き続き活用する庁舎等を示す
 所在市町村庁舎等名称(利活用の方向性) 
 県庁周辺

○三の丸庁舎(集約・有効活用)

○白壁庁舎(集約・有効活用)

○東大手庁舎(集約・有効活用)

○元河川工事事務所(集約・有効活用)

 産業貿易館本館及び西館(敷地有効活用)

 西尾市内

○西尾保健所(集約・有効活用)

○西尾総合事務所(集約・有効活用)

 西三河建設事務所西尾支所(処分)

 豊田市内

 足助総合庁舎(処分)

○豊田加茂建設事務所足助支所(集約・有効活用)

 設楽町内

 新城保健所設楽保健分室(敷地有効活用)

○新城設楽建設事務所設楽支所(集約・有効活用)

 豊橋市内

○環境調査センター東三河支所(有効活用(一部使用許可))

 愛知水と緑の公社貸付財産[元西三河消費生活センター](処分)

 豊橋市内

 東三河建設事務所道路維持補修基地[元建設技術研究所三河分場](他の県有地を有効活用し、処分)

県有施設利活用・保守管理プログラム(第2次分)

【参考】県有施設利活用・保守管理プログラム(第1次分)(平成24年2月公表)

問合せ

愛知県 総務部 財産管理課 財産利活用グループ
E-mail: zaisan@pref.aichi.lg.jp
ダイヤルイン 052-954-6056

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)