ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 統計課 > 愛知県の住宅・土地(平成25年10月1日現在)

愛知県の住宅・土地(平成25年10月1日現在)

あいちの住宅・土地のロゴ
 

平成25年住宅・土地統計調査結果(平成25年10月1日現在)
平成27年8月31日公表

(最新のデータは年報・周期調査結果(住宅)にてご確認ください。)

結果の特徴

  • 総住宅数は平成20年(前回調査)に比べ9.8%増加し、343万9000戸でした。
  • 総世帯数は同8.2%増加し、302万700世帯でした。
  • 建て方別住戸数について、一戸建152万5100戸、共同住宅138万7900戸でした。
  • 構造別住戸数について、非木造住宅154万7000戸、木造住宅144万9700戸でした。

報告書

PDFファイルでご覧になれます。

統計表

Excelファイルでダウンロードできます。

ご利用に際して

PDFファイルでご覧になれます。

調査結果の要約

総住宅数と総世帯数

本県の総住宅数は総世帯数を上回る343万9000戸、平成20年に比べ9.8%の伸び
 平成25年10月1日現在における愛知県の総住宅数は343万9000戸、総世帯数は302万700世帯でした。
 前回に調査をした平成20年からの増加数は、それぞれ30万6100戸、22万9300世帯で、増加率は9.8%、8.2%となりました。
 総住宅数は、総世帯数を 41万8300戸上回り、一世帯当たりの住宅数は1.14戸となりました。

空き家等

本県の空き家は42万2000戸、空家率は12.3%

 空き家数は42万2000戸で、空家率(総住宅数に占める空き家の割合)は12.3%となりました。前回調査からの増加数は78,400戸、増加率は22.8%となっており全国平均の8.3%を大きく上回っています。

住宅の建て方

共同住宅が10万戸台ペースで増加し続ける
 住宅の現状を建て方別にみると、一戸建が152万5100戸で住宅全体の50.9%を占めていますが、共同住宅の住戸数は11万9300戸(9.4%増)増加し、138万7900戸(46.3%)となりました。
 共同住宅は昭和63年調査から5年ごとに10万戸台ペースで増加し続けており、一戸建の住戸数に近づきつつあります。

住宅の構造

非木造住宅の割合が51.6%
 住宅を構造別にみると、鉄筋・鉄骨コンクリート造などの非木造は154万7000戸となり、住宅全体の51.6%を占めており、木造(防火木造を含む。)は144万9700戸で、住宅全体の48.4%となり、調査ごとにその割合は縮小しており、前回調査から木造と非木造の割合が逆転しました。

住宅の設備

高齢者等のための設備

高齢者等のための設備がある住宅は150万戸を超え、住宅全体の50.8%となる
 高齢者等のための設備がある住宅は152万3300戸で住宅全体の50.8%を占め、そのうち手すりがある住宅は120万5500戸(高齢者等のための設備がある住宅全体の79.1%)と最も多く、またぎやすい高さの浴槽がある住宅は61万400戸(40.1%)、段差のない屋内となっている住宅は67万600戸(44.0%)となっています。

省エネルギー設備

太陽光を利用した発電機器等を設置している住宅は10万5000戸、住宅全体の3.5%
 省エネルギー設備のある住宅のうち太陽熱を利用した温水機器等を設置している住宅数は10万7900戸で、住宅全体に占める割合は3.6%、太陽光を利用した発電機器等を設置している住宅数は10万5000戸(3.5%)となっています。
 また、住宅の所有関係別に設置状況をみると、持ち家ではそれぞれ10万4300戸(5.9%)、9万8300戸(5.6%)が設置しています。

PDFファイルでご覧になれます。

統計調査にご協力をお願いします。

問合せ

愛知県 県民生活部 統計課
人口統計グループ
電話052-954-6116(ダイヤルイン)
E-mail: toukei@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)