ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 税務課 > 自動車税のグリーン化税制について

自動車税のグリーン化税制について

自動車税

 グリーン化税制とは、排出ガス及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車はその排出ガス及び燃費性能に応じ税率を軽減(軽課)し、新車新規登録から一定年数を経過した環境負荷の大きい自動車は税率を重く(重課)する税率の特例措置です。

 なお、平成29年度に新車新規登録され、平成30年度に自動車税の税率の軽減を受けていた自動車については、軽減の期間が経過しましたので、令和元年度からは通常税率が適用されます。

 また、愛知県では、地球温暖化対策その他の環境対策を推進する観点から次世代自動車の普及を促進するとともに、県内における次世代自動車の需要の拡大を通じて自動車産業の活性化を図るため、電気自動車及びプラグインハイブリッド自動車に対する自動車税について県独自の課税免除制度を導入しています。

  ・自動車税のグリーン化税制について [PDFファイル/61KB]

自動車税の税率について

自動車税に関する問合せ先

自動車税の賦課徴収に関しては、県内10箇所の県税事務所にて行っております。

車検証の登録住所により管轄(担当)する県税事務所が異なりますので、問合せは県税事務所一覧をご覧の上、管轄の県税事務所へお問合せください。

問合せの際は、氏名、住所、登録番号(ナンバー)等をお伝えください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)