ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 税務課 > 土地の税額計算例

土地の税額計算例

土地の税額計算例

事例1 宅地(固定資産台帳価格1,500万円、面積180平方メートル)を取得した場合

[税額の計算]

 1,500万円 × 1/2(※) × 3% = 225,000円(税額)

※ 宅地評価土地の特例により、価格を2分の1とします。

事例2 事例1の宅地を取得し、その上に住宅(床面積100平方メートル)を新築した場合※

[税額の計算]

 1,500万円 × 1/2 × 3% = 225,000円
 225,000円-((1,500万円[宅地の価格]÷180平方メートル[宅地の床面積])×(100平方メートル[住宅の床面積]×2)×3%)=0円

※ 計算方法等の詳細は、こちらをご確認ください。

事例3 宅地(固定資産台帳価格1,000万円)の持分4分の1を取得した場合

[税額の計算]

 1,000万円 × 1/4 × 1/2(※) × 3% = 37,500円(税額)

※ 宅地評価土地の特例により、価格を2分の1とします。

事例4 農地(固定資産台帳価格100万円)を取得した場合

[税額の計算]

 100万円 × 3% = 30,000円(税額)

不動産取得税に関する問合せ先

不動産取得税の賦課徴収は、県内10箇所の県税事務所で行っております。

取得した不動産の物件所在地により、管轄(担当)する県税事務所が異なりますので、県税事務所一覧をご覧の上、管轄の県税事務所へお問合せください。