ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 税務課 > 2019年10月1日から自動車の税金が変わりました

2019年10月1日から自動車の税金が変わりました

自動車の税金について

・ 自動車税の税率が引き下げられました(2019年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用乗用車とキャンピング車に限ります。)

・ 自動車取得税が廃止され、「環境性能割」が導入されました

・ 環境性能割が臨時的に軽減されました

・ 車体課税見直しに係るリーフレット・ポスター

・ 関連サイト(リンク先)

一部の乗用車について自動車税「種別割」の税率が引き下げられました

2019年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用の乗用車(登録車)及びキャンピング車から、自動車税(種別割)の税率が引き下げられました。なお、2019年10月1日以降、自動車税は「自動車税種別割」に名称が変更されました。

※2019年9月30日以前に登録を受けた自動車の税率は変更されず、従前どおりとなります。

税額

 税率

 

自動車取得税が廃止され、「環境性能割」が導入されました

2019年10月1日から自動車取得税が廃止となり、自動車の燃費性能割等に応じて自動車の購入時に支払う「環境性能割」が導入されました。(自動車税環境性能割・軽自動車税環境性能割の概要 [PDFファイル/76KB]

計算

環境性能割が臨時的に軽減されました

2019年10月1日から2020年9月30日までの間に自家用の乗用車(登録車・軽自動車)を購入する場合、環境性能割の税率1%分が軽減されました。

軽減

車体課税見直しに係るリーフレット・ポスター

リーフレット(2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります) [PDFファイル/1MB]

ポスター(2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります) [PDFファイル/1.15MB]

関連サイト(リンク先)

自動車税関係税制(環境性能割の概要)について(国土交通省)

2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります(総務省)

クルマの税、10月から大きく変わります!(自家用乗用車に限る)(経済産業省)

自動車諸税の抜本的な見直しに向けた取組(産業政策課)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)