ホーム > 申請・手続き > 銃刀法・火薬類取締法 > 郵送でできる銃砲の所持許可等の手続き > 郵送で技能講習の申込みをする場合の手続き(技能講習)

ここから本文です。

更新日:2015年3月26日

郵送で技能講習の申込みをする場合の手続き(技能講習)

証紙の額12,300円

1 まず、住所地を管轄する警察署に電話でお申し込みください。

住所・氏名・受講日・受講会場をお伝えください。
空き状況が確認できたら、予約を受付けします。

2 受付が済みましたら、警察署に申請書等を郵送してください。

郵送する書類等

技能講習受講申込書1通

証紙を申込書の上部空白欄に貼り付けてください。
※証紙は最寄りの売りさばき所で購入してください。
証紙の額は、12,300円です。印紙と間違えないようにしてください。

返信用封筒(長型3号)2通(技能講習通知書・終了証明書等送付用)

120×235ミリメートルの封筒です。
※400円切手を貼って、ご自身の住所・氏名・郵便番号を記載してください。また修了証明書等の郵送を希望されない場合の返信用封筒は、1通で結構です。
※講習開催日3週間前までに警察署に郵送してください。(必着)

封筒には、赤字で「銃砲申請」と記載してください。
※外封筒に貼る切手は、定型封筒なら82円、非定型封筒なら120円です。

3 警察署から技能講習通知書等が郵送されてきます。

技能講習通知書を講習当日にお持ちください。
講習当日は、散弾銃にあっては適合実包25発、ライフル、ハーフライフルにあっては適合実包20発(試射用10発分を含む。)を必ず持参してください。
実包を忘れた場合は、その時点で不合格になりますので、ご注意ください。

4 技能講習の結果が警察署から郵送されてきます。