ホーム > 申請・手続き > 交通 > 保管場所(車庫)証明の申請・届出手続き

ここから本文です。

更新日:2016年7月8日

保管場所(車庫)証明の申請・届出手続き

ここでは、自家用自動車の保管場所証明等の申請と、軽自動車等の保管場所届出、いわゆる「車庫証明」について説明します。

 

自家用自動車の保管場所証明申請

1保管場所証明を必要とする車両

対象車両

適用地域内に使用の本拠の位置(個人の場合の住所地、会社の場合の所在地等)がある自動車の保有者が、次の態様に該当する場合です。

  • 新車を購入したとき。
  • 中古車を購入又は譲り受けるなど保有者の変更があったとき。
  • 自動車の使用の本拠の位置を変更したとき。

適用地域

愛知県内全域とし、豊田市の旧小原村・旧下山村、新城市の旧作手村、設楽町の旧津具村及び豊根村の区域を除きます。

2自動車の保管場所証明の申請方法

保管場所証明申請は、従来の警察の窓口における申請に加え、平成17年12月26日から新車、新規の車両に限って電子申請による手続きができます。

自動車保管場所変更の届出をする際には、保管場所標章交付申請書も申請してください。

申請先

保管場所の位置を管轄する警察署に申請してください。

必要な書類

〇自動車保管場所証明申請書正副各1通

〇保管場所標章交付申請書正副各1通

〇所在図及び配置図1通

〇保管場所の使用権原書1通
保管場所の使用権原書として、次のいずれか1通が必要です。
※保管場所の土地・建物が自己所有の場合

※保管場所の土地・建物が他人所有の場合

※保管場所の土地・建物が共有の場合

※場合によっては、他の書類が必要となることがあります。

3手数料

次の手数料が必要となります。

  • 自動車保管場所証明申請手数料2,200円(電子申請の場合も同様です。)
    (申請時に愛知県証紙による納付)
  • 自動車保管場所標章交付手数料500円
    (標章交付時に愛知県証紙で納付)

自動車保管場所の変更届

1登録自動車で届出を必要とする車両

対象車両

適用地域内に使用の本拠の位置(使用の本拠の位置とは、個人の場合の住所地、会社の場合の所在地等)がある自動車の保有者が、使用の本拠の位置を変更しないで、次の態様に該当する場合です。

  • 保管場所の位置を変更したとき。
  • 運送事業用自動車を引き続き自家用自動車として使用するとき。

適用地域

愛知県内全域とし、豊田市の旧小原村・旧下山村、新城市の旧作手村、設楽町の旧津具村及び豊根村の区域を除きます。

2自動車保管場所変更の届出方法

保管場所の変更届出は、警察署の窓口で申請してください。
電子申請による手続きはできません。

自動車保管場所変更の届出をする際には、保管場所標章交付申請書も申請してください。

申請先

保管場所の位置を管轄する警察署に申請してください。

必要な書類

〇自動車保管場所届出書1通

〇保管場所標章交付申請書正副各1通

〇所在図及び配置図1通

〇保管場所の使用権原書1通
保管場所の使用権原書として、次のいずれか1通が必要です。
※保管場所の土地・建物が自己所有の場合

※保管場所の土地・建物が他人所有の場合

※保管場所の土地・建物が共有の場合

場合によっては、他の書類が必要となることがあります。

3手数料

次の手数料が必要となります。

自動車保管場所標章交付手数料500円
(標章交付時に愛知県証紙で納付)

軽自動車の保管場所届出

1届出(新規届出、変更届出)を必要とする車両

対象車両

適用地域内に使用の本拠の位置(個人の場合の住所地、会社の場合の所在地等)がある軽自動車の保有者が、次の態様に該当する場合です。

  • 新車を購入したとき。
  • 使用の本拠の位置を適用地域外から適用地域内に変更し、かつ、保管場所の位置を変更したとき。
  • 中古車を購入又は、譲り受けるなど保有者の変更があったとき。
  • 届出に係る保管場所の位置を変更したとき。
  • 運送事業用自動車を引き続き自家用自動車として使用するとき。

適用地域

名古屋市、瀬戸市、春日井市、小牧市、一宮市(旧木曽川町、旧尾西市を除く)、半田市、刈谷市、安城市、岡崎市(旧額田町を除く)、豊田市(旧藤岡町、旧小原村、旧旭町、旧稲武町、旧足助町、旧下山村を除く)、豊川市(旧一宮町、旧音羽町、旧御津町、旧小坂井町を除く)、豊橋市の県内12市の区域です。

2軽自動車の保管場所の届出方法

軽自動車の届出は、警察署の窓口で申請してください。
電子申請による手続きはできません。

軽自動車保管場所の届出をする際には、保管場所標章交付申請書も申請してください。

申請先

保管場所の位置を管轄する警察署に申請してください。

必要な書類

〇自動車保管場所届出書1通

〇保管場所標章交付申請書正副各1通

〇所在図及び配置図1通

〇保管場所の使用権原書1通
保管場所の使用権原書として、次のいずれか1通が必要です。
※保管場所の土地・建物が自己所有の場合

※保管場所の土地・建物が他人所有の場合

※保管場所の土地・建物が共有の場合

場合によっては、他の書類が必要となることがあります。

3手数料

次の手数料が必要となります。

自動車保管場所標章交付手数料500円
(標章交付時に愛知県証紙で納付)

保管場所標章の再交付申請

1保管場所標章再交付申請の必要な車両

保管場所標章を受けた方で、保管場所標章を滅失、損傷、または標章が識別困難となった場合は、保管場所標章の再交付を受けてください。

2保管場所標章再交付申請方法について

保管場所標章の再交付は警察署の窓口で申請してください。
電子申請による手続きはできません。

申請先

保管場所の位置を管轄する警察署に申請してください。

必要な書類

〇保管場所標章再交付申請書正副各1通

3手数料

次の手数料が必要となります。

自動車保管場所標章交付手数料500円
(標章交付時に愛知県証紙で納付)

各種申請用紙

各種申請用紙については、最寄りの警察署の窓口で無料にてお渡しします。
また、申請用紙をダウンロードされる方は下の表をご利用ください。

申請書等

ダウンロード

1

保管場所証明申請

申請書(茶と黒の2枚)

申請様式(PDF:15KB)

記載例(PDF:16KB)

標章交付申請書(黒と青の2枚)

申請様式(PDF:13KB)

記載例(PDF:16KB)

2

軽自動車の保管場所届出・保管場所の変更届出

届出書(黒の1枚)

申請様式(PDF:13KB)

記載例(軽)(PDF:16KB)

記載例(変更)(PDF:163KB)

標章交付申請書(黒と茶の2枚)

申請様式(PDF:13KB)

記載例(軽)(PDF:18KB)

記載例(変更)(PDF:19KB)

3

保管場所標章再交付申請書(黒と茶の2枚)

申請様式(PDF:14KB)

記載例(PDF:15KB)

4

保管場所の所在図・配置図

申請様式(PDF:6KB)

記載例(PDF:15KB)

5

保管場所使用承諾証明書

申請様式(PDF:10KB)

記載例(PDF:13KB)

記載例(共有者有)(PDF:14KB)

6

保管場所使用権限疎明書面(自認書)

申請様式(PDF:6KB)

記載例(PDF:11KB)

※1申請書等は、全て白紙に印刷してください。(感熱紙は受付できません。)

※2ダウンロードした申請・届出用紙を利用される場合の注意事項等

(1)保管場所証明申請の場合

  • 表の1(4枚)と4(1枚)及び5又は6(1枚)の計6枚を作成してください。
    なお、1は4枚全てに必要事項を記入してください。
  • 1の申請書(黒)は、保管場所証明書として陸運事務所へ提出するもので申請者へお渡しし、申請書(茶)は申請手数料分の愛知県証紙(2,200円分)を貼付後、警察署への控えになります。
  • 1の標章交付申請書(黒)は、保管場所標章(丸いシール)と共に申請者にお渡しし、標章交付申請書(青)は申請手数料分の愛知県証紙(500円)を貼付後、警察署の控えとなります。

(2)軽自動車の保管場所届出・保管場所の変更届出の場合

  • 表の2(3枚)と4(1枚)及び5又は6(1枚)の計5枚を作成してください。
    なお、2は3枚全てに必要事項を記入してください。
  • 2届出書(黒)は、警察署の控えになります。標章交付申請書(茶)も申請手数料分の愛知県証紙(500円)を貼付後、警察署の控えになります。
  • 2標章交付申請書(黒)は保管場所標章(丸いシール)と共に申請者にお渡しします。

(3)保管場所標章再交付申請の場合

  • 表の3(2枚)に各々必要事項を記入してください。
  • 3再交付申請書(黒)は保管場所標章(丸いシール)と共に申請者にお渡しします。
  • 3再交付申請書(茶)は申請手数料分の愛知県証紙(500円)を貼付後、警察署の控えになります。

※3所在図・配置図は保管場所の位置が判りやすいよう、図面・文字とも大きめに記載してください。

保管場所標章の表示

保管場所標章は原則として自動車の後面ガラス等に表示してください。

問い合わせ先

申請される自動車の保管場所を管轄する警察署または、愛知県警察本部交通規制課道路使用係にお尋ねください。

052-951-1611(警察本部代表)

その他

市町村合併で新たに村から町や市になった地域の方は、当分の間従来どおり保管場所証明申請の必要はありません。また、新しく市となった地域が軽自動車の届出適用地域であっても、合併前適用地域外の方も届出の必要はありません。

自動車の保管場所証明申請の電子申請手続きは、下記をクリックしてください

保管場所証明の電子申請について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。