ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 愛知県の水素・FCVに関する取組 > 令和元年度第2回セミナー概要

本文

 愛知県では、水素を生活や産業においてエネルギーとして利活用する水素社会の実現に向けた様々な取組を実施しています。

 

令和元年度第2回セミナー概要

ページID:0277581 掲載日:2020年3月12日更新 印刷ページ表示

令和元年度第2回セミナー開催概要

日時

 令和元年11月28日(木曜日) 午後2時~午後4時 

場所

 愛知芸術文化センター アートスペースA

参加者

 84名

内容 (講演資料は講師の許諾が得られたものについて掲載しています。)

○講演1
   題名:「
再エネからの水素製造 ―Power to Gasのあるべき姿―
   講師:
一般財団法人日本エネルギー経済研究所
       
電力・新エネルギーユニット 新エネルギーグループ

       マネージャー 研究主幹 柴田 善朗 氏

       講演資料 [PDFファイル/1.74MB]

○講演2
   題名:「
高分子型水電解装置について
   講師:
日立造船株式会社 地球環境ビジネス開発推進室   

        水素グループ長 尾白 仁志 氏  

○講演3
   題名:「
秋田県能代市における再エネ電解水素の製造及び水素混合ガスの供給利用実証事業(環境省 地域連携・低炭素水素技術実証事業)
   講師:
株式会社NTTデータ経営研究所 社会基盤事業本部   

        本部長 村岡 元司 氏

       講演資料 [PDFファイル/2.79MB]

    

 

セミナー開催状況のページへ戻る
 

 

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

愛知県庁水素社会普及啓発ゾーン(愛知県庁移動式水素ステーション)