ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 特定健康診査・特定保健指導について

特定健康診査・特定保健指導について

特定健康診査・特定保健指導 (生活習慣病予防のために、ご利用ください。)

 「老人保健法」の「高齢者の医療の確保に関する法律」への改正に伴い、それまでの「基本健康診査」にかわり「生活習慣病予防」のための新しい健診・保健指導が開始されました。
 「特定健康診査・特定保健指導(以下、「特定健診・保健指導」)」は当該年度40歳~75歳に達する方(75歳未満の方に限る。)を対象に、医療保険者(*1)にその実施が義務付けられています。「特定健診」の受診結果で一定の基準に該当する方には「特定保健指導」が実施されます。被保険者だけでなく被扶養者の方にも加入する医療保険者から案内が届きますので受診してください。
 この「特定健診・保健指導」はメタボリックシンドローム(*2 内臓脂肪症候群、以下「メタボ」)の予防に重点を置き、「生活習慣病」の前段階であるメタボを発見するための検査が中心となります。まず、「特定健診」でメタボの状態である方および予備群(*3)の方を選び出し、リスク(*4)に合わせて食生活や運動習慣などの生活習慣改善のための支援(保健指導)を行っていきます。

 75歳以上の方など長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の対象となる方には、後期高齢者医療広域連合による「健康診査」が実施されます。

特定健診・特定保健指導の説明






*1 医療保険者 
健康保険事業を運営するために保険料を徴収したり、保険給付を行ったりする運営主体のことをいいます。健康保険組合、全国健康保険協会(旧 政府管掌健康保険)、共済組合、国民健康保険などがあります。

*2 メタボリックシンドローム 
腹囲が男性85センチ以上、女性90センチ以上で、高血糖・脂質異常・高血圧の3項目のうち2つ以上をあわせもった状態のことを言います。

*3 予備群 
腹囲が男性85センチ以上、女性90センチ以上で、高血糖・脂質異常・高血圧の3項目のうち1つ該当する方を言います。

*4 リスク 
生活習慣病の発症、重症化の起こる原因となるものを危険因子(リスクファクター)と呼び、肥満、高血糖、脂質異常、高血圧などがあると言われています。

生活習慣病予防について

 内臓脂肪型肥満に起因する糖尿病、脂質異常症、高血圧症等の「生活習慣病」は、食生活や運動習慣などの生活習慣の改善により予防が出来る病気です。メタボや予備群の状態では殆ど自覚症状はありませんが、不適切な食生活や運動不足等の不健康な生活習慣を続けることにより、やがて「生活習慣病」の発症を招き、通院・投薬が必要となります。生活習慣の改善がないままでは、その後こうした疾患が重症化し、虚血性心疾患や脳卒中等の発症に至るという経過をたどることになります。病気の予兆は検査値に現れていることが明らかになっていることから、早期発見、早期指導により「生活習慣病」を予防しましょう。

 また、高齢者の介護が必要となった原因の第一位は脳卒中です。生活習慣の見直しが高齢期の介護予防にもつながります。

 さらに、増大する医療費のうち生活習慣病が約3割も占めていることから、この、「特定健診・保健指導」による医療費削減も大きな目標となっています。

生活習慣病予防について

特定健康診査・保健指導に関するQ&A

●これまでの「健診・保健指導」とどう変わるの?
 これまでの「健診・保健指導」は糖尿病、高血圧など個別疾病の早期発見、早期治療を目的としてきましたが、これからの「特定健診・保健指導」はメタボに着目した早期介入・行動変容(習慣となった行動パターンを変えること)を目的としています。
 「特定健診」の結果に基づき、皆さまの必要に応じて「特定保健指導」が行われます。一人ひとりに合った情報提供、食生活改善、運動指導などを行い、皆さまがより健康で生活していただくためのサポートを行います。検査項目に「腹囲」が加わったことで、より身近でわかりやすくなりました。

●特定健診・保健指導を受けるためにはどうすればいいの?
 皆さまは加入されている保険の種類をご存知ですか?
 お手持ちの保険証(病院受診時に持っていくもの)の「保険者の名称」欄をご確認ください。
「特定健診・保健指導」は医療保険者に実施義務があるため、この医療保険者から対象者に受診券(保健指導は「利用券」)や受診案内が届きます(郵送や手渡し等)。「特定健診(保健指導)」の案内が届きましたらまず、受診内容、受診場所や受診方法等をご確認いただき、受診してください。

●会社で受ける健診とはちがうの?別に受けるの?
 被保険者の方は今までどおり事業主健診(勤務先で実施される健康診断)を受けてください。これを受けていただければ、「特定健診」で実施される検査内容が全て含まれていることから、医療保険者が事業主健診の結果を事業主や受診者等から受領できる場合は、別途特定健康診査を受診していただく必要はありません。また、被扶養者の方でパート労働者等により職場で事業主健診を受けている方についても被保険者と同様に、医療保険者が事業主健診の結果を事業主や受診者等から受領できる場合は、別途特定健康診査を受けていただく必要はありません。

●受けるのに費用はかかりますか?
 費用は主に医療保険者が負担しますが、医療保険者によっては、費用の一部を自己負担として、受診者が実施機関の窓口等でお支払いただくこともあります。自己負担の有無、金額あるいは負担率は、医療保険者により異なりますので、受診券(利用券)などの案内をご確認ください。

●がん検診・骨粗しょう症検診等はどこで受けられますか?特定健診と同時に受けられますか?
 現在、市町村で実施されている 「歯周疾患検診」、「骨粗鬆症検診」、「肝炎ウイルス検診」、「がん検診(胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん検診、子宮がん検診)」は平成20年4月以降も市町村で実施されます。特定健康診査の会場で、がん検診を同時に受診できる体制を整えるところもあります。実施内容、実施場所や実施方法等は各市町村の広報等でご確認ください。

●生活保護世帯の40歳以上の方の健診・保健指導はどうなりますか?
 生活保護世帯の40歳以上の方に対する「健康診査・保健指導」は、健康増進法に基づき市町村が実施することとなります。

6月は「特定健康診査・特定保健指導普及啓発強化月間」です!

平成22年度の実績

平成27年度の実績

愛知県内医療保険者連絡先

特定健康診査・保健指導に関する関連サイト

問合せ

愛知県 健康福祉部 保健医療局健康対策課

E-mail: kenkotaisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)