メインメニュー
知事のマニフェスト 知事の発言・寄稿 知事記者会見 県議会知事提案説明 知事からのメッセージ 知事交際費の執行状況 プロフィール トップページ 写真で見る主な活動


知事からのメッセージ

県民の皆様へ           

(はじめに:新型コロナウイルス感染症対策)
 愛知県では、3月21日の本県独自の厳重警戒措置の解除後、名古屋市全域における営業時間短縮を3月31日まで継続するなど、オール愛知での感染防止対策に取り組んでまいりました。
 しかしながら、新規陽性者数は、3月中旬頃から徐々に増加しており、7日間平均値で、3月25日には50人を上回り、ステージTからステージUに逆戻りするリバウンドの動きが見られております。
 全国的にも新規感染者数が増加傾向にあることから、リバウンド防止に向けて、引き続き4月21日まで、名古屋市全域における酒類を提供する飲食店等に営業時間短縮をお願いいたしました。
 この営業時間短縮要請の延長に伴い、要請に応じていただける事業者1店舗1日あたり2万円を交付する「愛知県感染防止対策協力金」について、4月1日から4月21日まで実施するための所要額58億8千万円の補正予算を、4月2日開会の4月臨時愛知県議会にて議決いただきました。
 県民・事業者の皆様におかれましては、引き続き不要不急の外出や移動の自粛等「リバウンド防止対策の徹底」にご協力いただきますようお願いいたします
【警戒領域措置の概要】
【感染再拡大・第4波の防止に向け県民・事業者の皆様へのお願い】

 また、感染症克服に大きな期待が寄せられているワクチンの接種については、高齢者の皆様への接種開始を皮切りに、県民の皆様への接種を順次実施してまいります。ワクチン接種を迅速かつ円滑に進められるよう、医療機関や市町村と連携し、万全の接種体制を構築するとともに、次の大波の到来も想定し、引き続き医療提供体制の確保にもしっかり取り組んでまいります。
 県民・事業者の皆様、医療関係者、市町村等関係機関、オール愛知一丸となって、心を一つにワン愛知で、新型コロナウイルス感染症を克服し、一日も早く日常を取り戻していくため、ご理解とご協力をお願いいたします。


(あいちの花)
 4月のあいちの花は「デルフィニウム」です。
 デルフィニウムは、花の世界では珍しい、鮮やかな青色が特徴的な花です。フラワーアレンジメントや花束など、用途の広い切り花として人気があります。愛知県は、全国2位の産地で、4月に出荷量が最も多くなります。
 皆様も大切な方への贈り物にいかがでしょうか。


(愛知県孤独・孤立対策庁内連絡会議)
 3月26日、愛知県孤独・孤立対策庁内連絡会議を開催しました。
 新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛の長期化等により、人と人とのつながりが希薄化する中、社会的に孤立し、望まない孤独を感じている方々の増加が懸念されます。
 愛知県として、深刻化する社会的な孤独・孤立の問題に対し、総合的な対策を全庁一丸となって推進していくことし、県民の皆様を誰一人取り残さないように、しっかりと取り組んでまいります。

(あいち次世代自動車インフラ整備推進協議会)
 3月26日、あいち次世代自動車インフラ整備推進協議会をオンライン開催しました。
 県内の電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド自動車(PHV)及び燃料電池自動車(FCV)普及台数は全国一、充電インフラ設置数も全国トップクラス、全国最多36か所の水素ステーションは今年度さらに4か所整備します。
引き続き、インフラ整備を着実に進め、次世代自動車の普及をリードしてまいります。

(「INSEADイノベーションプログラム」成果報告会)
 3月26日、名古屋商科大学ビジネススクールにて、フランスの経営大学院INSEADと連携して実施した「INSEADイノベーションプログラム」の成果報告会を開催し、受講者の皆様に修了証を授与しました。
 受講生の皆様には、今後、ここで得た知見を活かし、愛知のイノベーションを牽引していただくことを期待します。



(被災地派遣職員への辞令交付)
 3月26日、東日本大震災、令和元年東日本台風及び令和2年7月豪雨の復興支援のため、4月から被災自治体の熊本県始め5県に長期派遣する10名の職員に辞令を交付しました。
 被災地の一日も早い復興に向け、それぞれの役割をしっかりと果たし、全力を尽くしていただきたいと思います。



(豊田上郷スマートインターチェンジ開通式典)
 3月27日、豊田市の豊田上郷スマートインターチェンジ開通式典にてお祝いのご挨拶を申し上げました。日本の大動脈である東名高速道路、そして新東名高速道路へのアクセス性を高め、モノづくり産業におけるサプライチェーンの強化と生産性の向上に大きく寄与するものと期待を寄せております。











(一宮稲沢北インターチェンジ開通式典)
 3月28日、一宮市の一宮稲沢北インターチェンジ開通式典にてお祝いのご挨拶を申し上げました。
一宮市南西部や稲沢市、名古屋港方面から東海北陸自動車道への利便性が格段に向上することで、岐阜県や北陸圏との連携・交流を活性化するものであり、経済活動のさらなる発展に寄与するものと期待します。











(「空き家等対策に関する協定書」締結式)
 3月29日、空き家等の利活用の促進等を目的として、北設楽郡3町村(設楽町、東栄町、豊根村)と愛知県宅地建物取引業協会との「空き家等対策に関する協定書」の締結式を行いました。
 今回の締結を契機に、北設楽郡3町村の空き家の流通等により三河山間地域の振興が促進されることを期待します。



(Aichi-Startup推進ネットワーク会議総会)
 3月29日、TKPガーデンシティPREMIUM名古屋ルーセントタワーにて、Aichi-Startup推進ネットワーク会議総会を開催し、愛知県や会員の皆様の施策を反映させて、「Aichi-Startup戦略」の改定を行いました。
 引き続き、地域一丸となって、スタートアップの創出・育成等に取り組んでまいります。




(中部国際空港二本目滑走路建設促進期成同盟会決起集会)
 3月29日、中部国際空港二本目滑走路建設促進期成同盟会決起集会を開催し、同盟会の東海三県一市、名古屋商工会議所、中部経済連合会、中部国際空港株式会社とともに、東海三県一市議会や地元知多地域の首長・議員の皆様にもお集まりいただき、オンラインで大西国土交通副大臣に要望を行いました。
 中部国際空港の二本目滑走路の整備を始めとする機能強化の早期実現は、アフターコロナの世界に備えた、必要不可欠な施策です。
 今回の要望を皮切りに、改めて地域の関係者が連携し、需要回復とさらなる拡大に取り組むとともに、二本目滑走路の早期実現に向けて、全力で取り組んでまいります。

(ジブリパーク構想地域連携協議会)
 3月29日、愛知県庁正庁にて、ジブリパークを核として周辺地域のさらなる発展を図るために設立した「ジブリパーク構想地域連携協議会」の第2回協議会を開催し、協議会の今後の具体的な取組について意見交換を行ないました。
 2022年秋のジブリパーク開業に向け、取組を加速させてまいります。

(愛知・名古屋アジア競技大会組織委員会理事会)
 3月30日、アイリス愛知にて、愛知・名古屋アジア競技大会組織委員会理事会を開催し、来年度の事業計画及び収支予算、実施競技の追加や競技会場の仮決定等を審議しました。
 2026年アジア競技大会は、東京五輪に続くスポーツ界の大きな目標になります。大会成功に向け、着実に準備を進めてまいります。



(第14回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会優勝者の訪問)
 3月31日、2020年12月に東京都で開催された「第14回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」で優勝した県内道場の選手、関係者の皆さんから報告をお受けしました。
 全38階級中7階級を愛知県勢が制覇!おめでとうございます。
 今後も練習を積み重ね、さらなる高みを目指して頑張ってください。

(一宮市中核市移行式)
 4月1日、一宮市役所本庁舎エントランスホールにて、一宮市中核市移行式に出席し、祝辞を申し述べました。中核市への移行を契機に、一層の住民福祉の向上と、活力あるまちづくりに取り組まれ、真の豊かさを実感できる地域社会を築いていかれることを祈念いたします。














(一宮市保健所開所式)
 4月1日、一宮市保健所開所式に出席し、祝辞を申し述べました。愛知県は、一宮市保健所がその役割を十分に発揮できるよう、県職員の派遣を始めとして、しっかり支援をしてまいります。
 一宮市保健所が、地域保健対策の拠点として、尾張地域を牽引していただく存在になられますことを祈念いたします。



(愛知県新規採用職員入庁式)
 4月1日、愛知芸術文化センターにて、愛知県の新規採用職員入庁式を行い、596名に辞令を交付しました。昨年度は中止となりましたが、今年度は、新型コロナウイルス感染症対策をしっかり行い、2年ぶりに開催することができました。
 新規採用職員に対して、笑顔を大事に、フレッシュな気持ちを持ち続けて、県民の皆様のために、それぞれの職務に邁進していただくよう訓示しました。

(「プレ・ステーションAi」開所式)
 4月1日、愛知のスタートアップ支援の核となる「ステーションAi」事業を先行展開する拠点として、WeWorkグローバルゲート名古屋内に設置した「プレ・ステーションAi」の開所式を開催しました。
 当施設は、支援プログラムの拡充や資金調達相談窓口の開設など、2020年1月に開設したステーションAi早期支援拠点の機能を強化し、2024年10月のステーションAi開設までの間、スタートアップへの切れ目ない支援を担う施設です。
 引き続き、「プレ・ステーションAi」での支援施策を強化・充実させながらスタートアップの皆様を支え、「愛知発イノベーション」を生み出していくとともに、「ステーションAi」のロケットスタートに繋げることができるよう、しっかりと取り組んでまいります。

(春の安全なまちづくり県民運動推進キャンペーン)
 4月2日、県庁本庁舎正面玄関前で、春の安全なまちづくり県民運動推進キャンペーンを開催し、タレントの白井奈津さんとの防犯トーク、東山学区防犯・交通安全協議会の劇団「GOMA」による防犯啓発、青色防犯パトロール隊の出発式を行いました。
 今回の県民運動では、キャッシュカードを狙う手口が多発している「特殊詐欺の被害防止」と「子供の犯罪被害防止」を重点項目に掲げ、「侵入盗の防止」「自動車盗の防止」とあわせて、県民総ぐるみで取組を展開し、犯罪の抑止を図ってまいります。

(観光物産展「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」)
 4月3日、埼玉県越谷市のイオンレイクタウンkazeで開催された愛知の観光物産展「こってりだけじゃない。ディスカバー愛知フェア」で、愛知の魅力をPRしてまいりました。
 ぜひ、愛知の多彩な食と観光の魅力を首都圏の多くの方に知っていただきたいと思います。




(愛知県観光文化大使任命式)
 4月3日、埼玉県越谷市のイオンシネマにて、愛知県蒲郡市などで撮影された映画「ゾッキ」の上映にあたり、ご挨拶を申し上げました。
 映画「ゾッキ」は、蒲郡出身の大橋裕之さんの漫画を原作に、竹中直人さん、山田孝之さん、齊藤工さんの三監督により撮影されました。
 三監督には、愛知県観光文化大使にご就任いただき、私から任命状をお渡ししました。愛知の魅力を、全国へ発信していただくことに期待しています。

(全国知事会「新型コロナウイルス緊急対策本部」Web会議)
 4月4日、全国知事会「新型コロナウイルス緊急対策本部」Web会議が開催されました。4月5日からの1府2県での「まん延防止等重点措置」適用や他地域でもクラスターが続発している状況を受け、保健・医療体制の充実・強化などを盛り込んだ国への緊急提言について議論しました。
 私からは、
 ・民間検査機関等による変異株検査の仕組づくり
 ・春の行楽シーズンでの適切な行動の働きかけ
 ・協力金の統一的運用の早期提示、飲食店との取引業者等への支援
 ・ワクチン供給スケジュールの早期提示
 ・きめ細かな孤独・孤立対策の早期実施
 の重要性について申し上げました。
 引き続き、全国の知事と連携して感染の拡大防止に全力で取り組んでまいります。

(春の全国交通安全運動出発式・啓発キャンペーン)
 4月5日、春の全国交通安全運動出発式・啓発キャンペーンを開催し、交通安全の呼びかけを行いました。
年度の切り替わるこの時期は、新入生や新社会人など、多くの方が慣れない道を利用されるなど、交通事故の増加が懸念されます。子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保、自転車の安全利用の推進、歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上の3点を重点に、県民総ぐるみで運動を展開してまいります。









(清酒きき酒研究会表彰式)
 4月6日、食品工業技術センターにて、愛知県酒造組合主催の清酒きき酒研究会表彰式に出席し、純米吟醸、吟醸、純米、本醸造の4部門で優秀な出来栄えと評価された清酒の杜氏の皆様に知事賞を授与しました。
 今年の知事賞は、純米吟醸酒の部・金虎酒造の「名古屋城」、吟醸酒の部・丸一酒造の「ほしいずみ」、純米酒の部・関谷醸造の「一念不動」、本醸造酒の部・浦野の「菊石」です。
 愛知県は酒造りも盛んで、全国7位の製造量を誇ります。今後も美味しい酒造りに精進いただくことを期待するとともに、愛知県としても、「愛知の地酒」を県内外に広くPRしてまいります。

(大相撲名古屋場所開催報告)
 4月7日、日本相撲協会の出羽海理事始め皆様がお見えになり、大相撲名古屋場所の会場を愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)とし、7月4日から18日の期間で開催準備を進めていくとのご報告をいただきました。名古屋開催は2年ぶり、有観客の地方場所としても2019年11月の九州場所以来です。
 愛知県としても全力で感染防止対策に取り組み、名古屋場所を大いに盛り上げてまいります。


(JAPAN×FRANCE LIFESTYLE EXPO 2021)
 4月8日、Aichi Sky Expoで開催された「JAPAN×FRANCE LIFESTYLE EXPO 2021」を視察しました。Aichi Sky Expoを運営する愛知国際会議展示場株式会社による初の主催展示会で、「『衣食住』、フランスと日本のLifestyle・豊かさの再発見」をテーマとして、日本とフランスの衣服、食材、家具など様々な生活商材の展示・商談が行われました。
 本展示会は、Aichi Sky Expoを会場としたリアル展示会とインターネット上のオンライン展示会のハイブリッド形式で開催されました。コロナ禍において、人の移動が制限される中でも、こうした取り組みを通じて、多くの人が繋がり、新たなビジネスが生まれることを期待します。

(おわりに:東京2020オリンピック聖火リレー)
 4月5日及び6日の2日間、愛知県内15市を巡る東京2020オリンピック聖火リレーを実施しました。
 聖火ランナーの皆さんの手により、4月5日は、瀬戸市の深川神社を出発した後、熱田神宮、犬山城、国府宮神社などを巡り最終地点の名古屋城まで、4月6日は、豊橋市のこども未来館ここにこを出発した後、半田運河周辺、豊川稲荷、岡崎城などを巡り最終地点の豊田スタジアムまで、聖火が繋がれました。
 今回の聖火リレーを通じて、魅力ある愛知の名所が世界中に配信され、多くの方々に愛知の魅力を知っていただける機会となるとともに、聖火ランナーの皆さんの姿は、県民の皆様に夢や希望を与えてくださいました。
 1964年の東京オリンピック以来、57年ぶりとなるオリンピック聖火リレーを、愛知県で無事に実施できたことを嬉しく思います。
 この希望の灯が日本全国を巡り、7月23日に開会式が行われる新国立競技場の聖火台で、世界に希望を与える炎となって燃え上がることを願っています。
 そして、東京2020オリンピック競技大会の成功を、心より祈念いたします。







2021年4月8日
愛知県知事 大村秀章


Copyright(c)Aichi Prefecture 2000. All right reserved.