メインメニュー
知事のマニフェスト 知事の発言・寄稿 知事記者会見 県議会知事提案説明 知事からのメッセージ 知事交際費の執行状況 プロフィール トップページ 写真で見る主な活動

写真で見る主な活動

ジブリパークの整備について

記者会見でジブリパークの整備について説明する、大村知事の写真
愛知県では、愛知万博の理念と成果を継承し、多くの来園者に楽しんでもらえるよう愛・地球博記念公園内にジブリパークの整備を進めています。
6月2日(水)には、大村知事が記者会見を行い、現在、契約準備を進めている工事請負契約の内容を説明し、開業に向けての意気込みを語りました。
昨年7月に建築・造園工事に着手した「青春の丘エリア」、「ジブリの大倉庫エリア」、「どんどこ森エリア」の3エリアについては、今後、更に建物内の空間を演出するための演示工事等を進め、2022年秋の開業を目指します。
また、「もののけの里エリア」、「魔女の谷エリア」の2エリアについても、今年度、建築・造園工事に着手することとしており、先行して開業する3エリアの概ね1年後の開業を目指します。

「令和3年度愛知県植樹祭」を開催しました

愛知県植樹祭で記念植樹を行う、大村知事の写真
愛知県は、緑化に対する意識の高揚を図り、みどり豊かで快適な環境づくりを推進するため、1948年から毎年「愛知県植樹祭」を開催しています。
5月29日(土)、「令和3年度愛知県植樹祭」を一宮市制施行100周年記念事業に位置づけて開催し、大村知事始め、参加者による記念植樹を光明寺公園(一宮市)において行いました。

「愛知県緊急事態措置」県民・事業者の皆様へのお願い

緊急事態措置の内容について説明する、大村知事の写真
5月28日(金)、国において、愛知県等に対する、「緊急事態宣言」の期間延長が決定されたことを受け、愛知県では、国の基本的対処方針に基づき、「愛知県緊急事態措置」を継続して実施します。
大村知事は、6月1日(火)から6月20日(日)までの20日間、県民の皆様に対しては、不要不急の行動自粛や県をまたぐ移動自粛などを、酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等の皆様には休業要請等を、そして事業者の皆様には、大規模商業施設等への土日の休業要請や、テレワークの徹底、イベントの開催制限など、感染防止対策の徹底をお願いしました。

「愛知県スポーツ顕彰」表彰式

2021FISフリースタイル&スノーボード世界選手権大会で銅メダルを獲得した
堀島選手始め関係者の皆様と記念撮影する、大村知事の写真
愛知県では、国際的なスポーツの競技大会等で優れた成果を挙げるなど、本県スポーツの向上と振興に関し、特に功績が顕著な者に対して「愛知県スポーツ顕彰」により知事表彰を行っています。
5月24日(月)、「2021FISフリースタイル&スノーボード世界選手権大会」において、デュアルモーグルで銅メダルを獲得した堀島行真選手へ、大村知事から「愛知県スポーツ顕彰(スポーツ功労賞)」を授与しました。

ワクチン大規模集団接種会場を開設しました

大規模集団接種会場の開所式で鈴木豊山町長と看板掛けを行う、大村知事の写真 大規模集団接種会場の写真
愛知県では、新型コロナワクチンの高齢者への接種及びそれに続く住民への接種を加速するため、5月24日(月)、名古屋空港ターミナルビル(豊山町)及び藤田医科大学(豊明市)の2か所において、大規模集団接種会場を開設しました。
初日に名古屋空港ターミナルビルで開催した開所式では、大村知事が、鈴木豊山町長とともに看板掛けを行いました。

NTPグループによる愛・地球博記念公園への花苗の寄贈式

NTPグループから愛・地球博記念公園への花苗を寄贈された、大村知事の写真
NTPホールディングス株式会社及びトヨタ自動車株式会社から「NTPグループふれあいグリーンキャンペーン」として、愛・地球博記念公園への花苗の寄贈がありました。
5月19日(水)、県公館において寄贈式を行い、大村知事から感謝状を贈呈しました。

第114回中部圏知事会議が開催されました

中部圏知事会議に出席する、大村知事の写真
5月17日(月)、第114回中部圏知事会議がWeb会議方式で開催されました。
大村知事が座長を務め、ワクチン接種の円滑な実施等を盛り込んだ「新型コロナウイルス感染症対策の強化」など、中部圏知事会による国への提言を取りまとめました。
また、「新型コロナウイルス感染症 第4波の抑制に向けた中部圏知事会共同メッセージ」を決定・発出しました。

県政150周年記念ロゴマークを作成しキャラクターの名称を募集

定例記者会見でロゴマークのキャラクターの名称募集について発表する、大村知事の写真
愛知県では、2022年に県政150周年を迎えるに当たり、県政150周年記念のシンボルとなるロゴマークを2種類作成しました。このロゴマークは、スタジオジブリプロデューサーである鈴木敏夫氏に作成していただいたものです。
5月10日(月)には、大村知事が、定例記者会見でロゴマークを公表し、あわせて、このロゴマークが広く浸透し愛されるとともに、県政150周年という節目を県民の皆様に知っていただけるよう、ロゴマークのキャラクターの名称募集について発表しました。

東海3県知事テレビ会議を開催しました

東海3県知事テレビ会議に出席する、大村知事の写真
5月9日(日)、第11回新型コロナウイルス感染症に関する東海3県知事テレビ会議を開催しました。
大村知事は、古田岐阜県知事、鈴木三重県知事と意見交換を行い、県民及び事業者・施設管理者の皆様に対し、生活圏・経済圏を一にする東海3県において、感染拡大を抑え込んでいくために、更なる感染防止対策の徹底をお願いする「3県知事共同メッセージ」を発出しました。

「愛知県緊急事態措置」県民・事業者の皆様へのお願い

緊急事態措置の内容について説明する、大村知事の写真
5月7日(金)、国において、愛知県に対し、「緊急事態宣言」が発出されました。
これを受け、愛知県では、国の基本的対処方針に基づき、「愛知県緊急事態措置」を講じることとしました。
大村知事は、5月12日(水)から5月31日(月)までの20日間、県民の皆様に対しては、不要不急の行動自粛や県をまたぐ移動自粛などを、酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等の皆様には休業要請等を、そして事業者の皆様には、テレワークの徹底やイベントの開催制限等を要請し、感染防止対策の徹底をお願いしました。

「あいちテレワークサポートセンター」を開設しました

あいちテレワークサポートセンターの開所式で看板の除幕を行う、大村知事の写真 あいちテレワークサポートセンターの視察を行う、大村知事の写真
愛知県では、県内の中小企業等へのテレワークの導入促進と定着を図るため、導入に関する相談対応や機械操作体験、情報発信等をワンストップで実施する拠点として「あいちテレワークサポートセンター」を4月28日(水)、ツドイコ名駅東カンファレンスセンター内(名古屋市中村区)に開設しました。
同日に開催した開所式では、大村知事が看板の除幕を行うとともに施設の視察をしました。

東京2020オリンピックの競泳日本代表選手に内定した愛知県ゆかりの選手が知事を表敬訪問しました

東京2020オリンピック競泳日本代表選手に内定した、川本選手始め関係者の皆様と
記念撮影する、大村知事の写真
「第97回日本選手権水泳競技大会 競泳競技」に出場し、東京2020オリンピックの競泳日本代表選手に内定した、愛知県ゆかりの川本武史選手、小西杏奈選手、難波暉選手が、4月27日(火)、大会結果及び代表内定を報告するため、大村知事を訪問しました。

新型コロナウイルス感染拡大防止に向け名古屋市内の飲食店等の見回り調査を実施

名古屋市内の飲食店を訪問し感染防止対策の実施状況を確認する、大村知事の写真 見回り調査の実施開始にあたって挨拶をする、大村知事の写真
愛知県では、新型コロナウイルス感染症のまん延防止・第4波の抑制に向け、「愛知県まん延防止等重点措置」の期間中(4月20日(火)~5月11日(火))、重点措置の対象区域である名古屋市内の飲食店等を訪問し、感染防止対策の実施状況を確認するとともに、感染防止対策の徹底や営業時間の短縮をお願いしました。
  初日の4月20日(火)には、大村知事も同行し、飲食店等の事業者の皆様に協力をお願いしました。

「愛知県まん延防止等重点措置」県民・事業者の皆様へのお願い

まん延防止等重点措置の内容について説明する、大村知事の写真
4月16日(金)、国において、愛知県に対し、「まん延防止等重点措置」の適用が決定されました。 愛知県では、国の基本的対処方針に基づき、「愛知県まん延防止等重点措置」を講じることとし、大村知事は、4月20日(火)から5月11日(火)までの22日間、県民の皆様に対しては、不要不急の行動の自粛や県をまたぐ移動の自粛などを、事業者の皆様には営業時間短縮(名古屋市:午後8時まで、名古屋市以外:午後9時まで)と業種別ガイドラインの遵守、イベントの開催制限等、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底をお願いしました。

高校生ロボットシステムインテグレーション競技会実行委員会を設立しました

新規採用職員へ辞令交付する、大村知事の写真
愛知県では、2021年度のロボット国際大会の成果を継承するため、モノづくり現場の自動化を担うロボットシステムインテグレータの人材創出を目的に、全国の高校生を対象とした競技会を2022年度から実施する予定です。
4月16日(金)には、競技会の推進組織として「高校生ロボットシステムインテグレーション競技会実行委員会」を設立し、第1回実行委員会で、大村知事が冒頭挨拶を行いました。

「新しい生活様式」に対応した県産木材製品の展示PRを実施

県庁西庁舎1階で県産木材製品の展示PRを見学する、大村知事の写真
愛知県では、県産木材の利用創出と認知向上を図るため、2020年度県産木材需要拡大緊急対策事業を実施しました。
 4月15日(木)から、本事業により製品化された、民間事業者等の活発なアイデアを生かした「新しい生活様式」に対応する県産木材製品の展示PRを、県庁西庁舎1階で行っており、展示初日には、 大村知事が見学しました。

「史跡八橋かきつばたまつり」PRのため知立市長等が知事を表敬訪問しました

知立市長始め関係者の皆様と記念撮影する、大村知事の写真
4月25日(日)から、知立市の八橋(やつはし)かきつばた園において開催される「史跡八橋 かきつばたまつり」のPR及びかきつばたの生育状況の報告のため、4月13日(火)、知立市長始め関係者の皆様が大村知事を表敬訪問しました。

東京2020オリンピック聖火リレー

深川神社で聖火リレーの出発式に出席する、大村知事の写真 名古屋城・二の丸広場で開催されたセレブレーションに出席する、大村知事の写真 こども未来館ここにこで聖火リレーの出発式に出席する、大村知事の写真 豊田スタジアム・西イベント広場で開催されたセレブレーションに出席する、大村知事の写真
4月5日(月)及び4月6日(火)の2日間、東京2020オリンピック聖火リレーが愛知県内15市で開催され、各市において聖火の出発や到着を祝うセレモニーが行われました。
1日目は、スタートとなる深川神社(瀬戸市)で出発式が、最終地点の名古屋城・二の丸広場(名古屋市中区)でセレブレーションが行われました。
2日目は、こども未来館ここにこ(豊橋市)で出発式が、最終地点の豊田スタジアム・西イベント広場(豊田市)でセレブレーションが行われました。

新規採用職員入庁式を行いました

新規採用職員へ辞令交付する、大村知事の写真
愛知県では、4月1日(木)、愛知芸術文化センターにおいて、2021年度新規採用職員入庁式を実施しました。
大村知事が辞令を交付し、総代の村林賢弥さんが595人を代表して受け取りました。

愛知県で撮影された映画「ゾッキ」の3監督が知事を表敬訪問しました

映画「ゾッキ」のPRのため表敬訪問した竹中直人氏、山田孝之氏、齊藤工氏及び関係者と記念撮影する、大村知事の写真
3月28日(日)、愛知県蒲郡市を中心に撮影された映画「ゾッキ」のPRのため、竹中直人氏、山田孝之氏、齊藤工氏の3監督及び関係者が大村知事を表敬訪問しました。
また、愛知県では2021年度の観光PRキャラクター事業として、「ゾッキ」の3監督を「愛知県観光文化大使」に任命し、愛知の観光と魅力を全国にPRしていただきます。

新型コロナウイルス感染症「警戒領域」県民・事業者の皆様へのお願い

営業時間短縮要請の延長について説明する、大村知事の写真
年度の切り替わりや春の行事等で人の移動が活発化するなか、新型コロナウイルス感染症の再拡大と第4波を防止するため、愛知県では、名古屋市全域における酒類を提供する飲食店等の営業時間短縮を、4月21日まで延長・継続して要請することとしました。
大村知事は、県民・事業者の皆様、医療関係者、市町村等関係機関がオール愛知一丸となって、一日も早く日常を取り戻すことができるよう、引き続き、感染防止対策の徹底とご協力をお願いしました。

名城大学及びスギ薬局・杉浦記念財団と包括協定を締結

学校法人名城大学の立花理事長始め関係者の皆様と記念撮影する、大村知事の写真 株式会社スギ薬局の杉浦克典代表取締役社長、公益財団法人杉浦記念財団の杉浦昭子理事長始め関係者の皆様と記念撮影する、大村知事の写真
愛知県は、大学の持つ多様な資源を地域づくりに生かしていくため、学校法人名城大学と、幅広い分野において連携・協力していく包括協定を締結しました。
また、地方創生に向けた様々な取組を進める「第2期愛知県人口ビジョン・まち・ひと・しごと創生戦略」や、SDGsの達成に向けた先導的な取組を進める「愛知県SDGs未来都市計画」を更に推進していくため、株式会社スギ薬局及び公益財団法人杉浦記念財団と包括協定を締結しました。
3月23日(火)、県公館おいてそれぞれ締結式を開催しました。

あいち・なごやノーベル賞受賞者記念室開設記念式典を開催

あいち・なごやノーベル賞受賞者記念室開設記念式典でテープカットを行う、大村知事の写真 あいち・なごやノーベル賞受賞者記念室を視察する、大村知事の写真
愛知県と名古屋市は、当地ゆかりのノーベル賞受賞者の業績などを分かりやすく伝え、次世代の科学技術を担う人材の育成や当地の先進性・魅力の発信を図ることを目的に「あいち・なごやノーベル賞受賞者記念室」を開設しました。 
3月23日(火)には、開設記念式典を開催し、式典終了後には内覧会も行いました。

第93回選抜高等学校野球大会出場校の知事表敬訪問

第93回選抜高等学校野球大会に出場する中京大学附属中京高等学校野球部の選手及び関係者の皆さんと記念撮影する、大村知事の写真
3月19日(金)から開催される第93回選抜高等学校野球大会に出場する中京大学附属中京高等学校野球部の選手、監督及び学校関係者の皆さんが3月5日(金)、大村知事を訪問し、大会に向けた決意を表明しました。

第31回技能グランプリ入賞者の知事表敬訪問

「第31回技能グランプリ」入賞選手及び愛知県選手団関係者の皆様と記念撮影する、大村知事の写真
2021年2月19日(金)から2月22日(月)まで、厚生労働省などが主催する「第31回技能グランプリ」が愛知県国際展示場をメイン会場に開催されました。愛知県からは15職種26名の選手が参加し、8職種9名の選手が入賞しました。
3月18日(木)には、優秀な成績を収めた愛知県代表選手の皆さんが大村知事を訪問し、結果を報告しました。

マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知2021を開催しました

名古屋ウィメンズホイールチェアマラソンでスターターを務める、大村知事の写真      名古屋ウィメンズマラソンでスターターを務める、大村知事の写真
3月14日(日)、「名古屋ウィメンズマラソン2021」(出走者4,704人)及び「名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2021」(同7人)を開催しました。 
大村知事は両レースのスターターを務め、バンテリンドーム ナゴヤ前から出走するランナーの皆さんを激励しました。

「西尾吉良茶うどん」を開発した西尾みなみ商工会の知事表敬訪問

西尾みなみ商工会の皆様と記念撮影する、大村知事の写真
西尾みなみ商工会は、西尾吉良産のかぶせ茶をうどんに練り込んだ、濃厚な甘みと旨み、滑らかで弾力のある、美しい緑色の「西尾吉良茶うどん」を開発しました。
3月10日(水)には、西尾みなみ商工会会長始め関係者の方々が知事を訪問し、「西尾吉良茶うどん」をPRしました。

新型MIRAI出発式

新型MIRAI出発式にて、関係者の皆様と記念撮影する、大村知事の写真      新型MIRAIを試乗する、大村知事の写真
愛知県では、エネルギーの脱炭素化を目指し、水素社会の実現に向け様々な取組を進めています。この取組の一環として、FCV「新型MIRAI」2台を公用車として導入することとしました。        
3月1日(月)には、トヨタ自動車株式会社など関係者出席のもと出発式を開催し、大村知事が新型MIRAIに乗車しました。

新型コロナウイルス感染症 愛知県「厳重警戒宣言」県民・事業者の皆様へのお願い

県民・事業者の皆様へ「厳重警戒措置」について説明する、大村知事の写真
愛知県、岐阜県始め6府県に対する「緊急事態宣言」が2月28日(日)をもって解除されました。しかしながら、今後、人の移動が活発になる季節を迎えるため、確実に感染の再拡大を防止する必要があります。
このため、愛知県では緊急事態宣言解除後も「厳重警戒措置」により、対策を段階的に緩和し、必要な対策を継続します。
大村知事は、引き続き3月14日(日)まで、県民の皆様には不要不急の行動や県をまたぐ移動の自粛、歓送迎会やお花見の宴会の自粛などを、また事業者の皆様には営業時間短縮とガイドライン等の徹底、イベントの開催制限等をお願いしました。

第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会(女子)優勝校が知事を表敬訪問しました

桜花学園高等学校の皆さんと記念撮影する、大村知事の写真
昨年12月に開催された第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会(女子)において、桜花学園高等学校が2年連続23度目の優勝を果たしました。
2月24日(水)には、桜花学園高等学校の選手、監督及び学校関係者が大村知事を訪問し、大会結果を報告しました。

2月定例県議会が開会しました

令和3年2月定例県議会で提案理由説明を行う、大村知事の写真
2月19日(金)、令和3年2月定例県議会が開会しました。今議会には、令和3年度一般会計予算や条例の改正など、95議案を提案しました。
会期は、3月25日(木)までの35日間です。

新ブランド米「愛ひとつぶ」の生産者等が知事を表敬訪問しました

生産者及び販売者の皆様と記念撮影する、大村知事の写真
愛知県と愛知県経済農業協同組合連合会を始めとする農業団体や生産者は、愛知県が開発した新品種のお米を「愛ひとつぶ」の名称でブランド化する取組を進めています。
2月16日(火)には、生産者及び販売者の皆様が、次年度以降の生産及び販売の意気込みをアピールするため、大村知事を訪問しました。

2021年度当初予算案発表

2021年度当初予算案を発表する、大村知事の写真
2月12日(金)、大村知事が2021年度当初予算案を発表しました。
2021年度は、新型コロナウイルス感染症の克服に向け、オール愛知で一丸となって取組を進めるとともに、感染症克服後のウィズコロナ・アフターコロナを見据え、蒔いてきた種から芽吹いた成長の芽を、大きく育てていく必要があります。
ジブリパークやアジア競技大会、リニア中央新幹線など数多くのビッグプロジェクトを成功させ、愛知の更なる発展につなげ、これらを最大限活かしてイノベーションを創出する好循環を生み出すことで、将来にわたって、日本の成長をリードし続ける愛知を形作っていけるよう前進させていきたい、という思いを込めて、「『克服前進』予算」と表しました。

愛知ブランド企業認定式

新たに愛知ブランド企業に認定された企業の皆様と記念撮影する、大村知事の写真
愛知県では、県内製造業の実力を広く国内外にアピールし、愛知のモノづくりを世界のブランドにするため、2003年度から県内の優れたモノづくり企業を「愛知ブランド企業」として認定しています。
今年度は新たに15社を認定し、2月10日(水)、大村知事が認定書を交付しました。これで愛知ブランド企業の総数は、400社となりました。

ジブリパークの整備促進

2021年度におけるジブリパーク整備の内容等について発表する、大村知事の写真
愛知県では、2022年秋の開業を目指し、ジブリパークの整備を推進しています。
2月3日(木)には、大村知事が記者会見を行い、2021年度におけるジブリパーク整備の内容等について説明しました。
「青春の丘エリア」、「ジブリの大倉庫エリア」、「どんどこ森エリア」の3エリアについては、2022年2月に整備工事を完了し、その後展示・演示工事を行い、2022年秋の開業を目指します。また、「もののけの里エリア」、「魔女の谷エリア」の2エリアは、2021年度に整備工事に着手し、先行して開業する上記3エリアのおおむね1年後の開業を目指します。

「愛知県緊急事態措置」県民・事業者の皆様へのお願い

緊急事態措置の継続について説明する、大村知事の写真
2月2日(火)、国において、愛知県始め10都府県に対する「緊急事態宣言」の継続が決定されたことを受け、愛知県では、国の基本的対処方針に基づき、「愛知県緊急事態措置」を継続して実施します。
大村知事は、オール愛知一丸となって克服できるよう、引き続き3月7日(日)まで、県民の皆様に対しては、不要不急の行動自粛や県をまたぐ移動自粛などを、また事業者の皆様には営業時間短縮とガイドライン等の徹底、イベントの開催制限等、新型コロナウイルス感染防止対策の徹底をお願いしました。

フランスの政府系投資銀行Bpiフランスとのスタートアップ支援分野における覚書の締結

フランスの政府系投資銀行Bpiフランスと「スタートアップ支援分野における連携協力に関する覚書」を締結する、大村知事の写真
愛知県では「Aichi-Startup 戦略」を策定し、スタートアップ・エコシステムの形成・充実に努め、特に海外で先進的な取組を行っている支援機関等との連携を進めています。
2月2日(火)には、大村知事とBpiフランスの輸出担当エグゼクティブ・ディレクター ペドロ・ノヴォ氏が、スタートアップ支援分野における連携協力に関する覚書をオンラインで締結しました。
覚書締結を契機として、スタートアップ支援等を通じた経済の発展に協力して取り組みます。