緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2018年4月6日

第1章薬物乱用少年の検挙・補導状況

少年の薬物乱用をめぐる状況

愛知県内における薬物乱用少年の検挙・補導推移

平成29年中に、薬物乱用により特別法で検挙された少年は21名(前年比-2名)で、補導された少年はいませんでした。前年と比較すると全体では減少しましたが、大麻での検挙が5年連続で増加しており、若者への大麻の広がりが大きな問題となっています。

薬物乱用により特別法で検挙された少年の法令別推移(単位:人)

薬物乱用により検挙された少年の法令別推移

法令別/年別 25年 26年 27年 28年 29年
覚せい剤取締法 12 4 10 10 6
大麻取締法 3 4 5 9 14
毒物及び劇物取締法 1 3 2 1 0
麻薬及び向精神薬取締法 0 0 0 2 0
あへん法 0 0 0 0 0
医薬品医療機器等法 - - 3 0 0
麻薬等特例法 - - 1 1 1
16 11 21 23 21

 

 

薬物乱用により特別法で検挙された少年の学職別推移(単位:人)

薬物乱用により検挙された少年の学職別推移

 

学識別/年別 25年 26年 27年 28年 29年
中学生 0 0 0 1 0
高校生 1 1 0 5 2
その他の学生 0 0 0 1 0
有職少年 6 7 12 13 10
無職少年 9 3 9 3 9
16 11 21 23 21

注:その他の学生は、大学生及び専修学校生等。

 

薬物乱用により補導された少年の推移(単位:人)

薬物乱用により補導された少年の推移

 

  25年 26年 27年 28年 29年
薬物乱用 9 1 2 3 0

第四次薬物乱用防止五か年戦略

平成25年8月、「第四次薬物乱用防止五か年戦略」が策定され、薬物乱用の根絶を図ることとしました。

その取組の一つに「青少年、家庭及び地域社会に対する啓発強化と規範意識向上による薬物乱用未然防止の推進」を掲げています。

青少年が薬物乱用の有害性・危険性について正しい知識を持ち、薬物乱用を拒絶する規範意識を向上させるとともに、家庭や地域社会において青少年に薬物乱用をさせない環境を整えていく必要があります。

あいち地域安全戦略2020

あいち地域安全戦略は、刑法犯認知件数を毎年減少させるとともに安全に安心して暮らせる社会の実現を目指すために策定されているものです。

その中の重要施策として薬物乱用防止対策が明記されており、子供に対する薬物乱用防止教育の推進があげられています。