ホーム > 県警について > ラジオ放送(警察だより) > 年末の安全なまちづくり県民運動(12月12日CBCラジオ)

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2018年12月12日

年末の安全なまちづくり県民運動(12月12日CBCラジオ)

12月20日まで、「年末の安全なまちづくり県民運動」が行われています。

今回の県民運動は

  • 住宅を対象とした侵入盗の防止
  • 自動車盗の防止
  • 特殊詐欺の被害防止

の3つを重点に県民の皆様の防犯意識を高め、犯罪を抑止するための運動です。

県内の刑法犯認知件数は、昨年に引き続き減少傾向にありますが、
空き巣などの住宅を対象とした侵入盗は依然として多発しています。

留守だと悟られないように、夕方出掛ける時は門灯や室内灯を点けましょう。
もし長期間留守にする場合は、郵便受けに物が溜まらないよう対策をしましょう。


短時間の外出をする時でも鍵をかけ、就寝の際は窓やドアはツーロックにしましょう。
また、自動車関連の盗難も多発しています。
車から少しでも離れる時は、「車内に鍵を残さない」、「窓を閉めて、ドアをロックする」ことを徹底しましょう。
イモビライザやハンドル固定装置、ナンバープレート盗難防止ネジなど、複数の対策をとることも効果的です。


そして、最近は警察官や金融機関の職員をかたり、キャッシュカードを騙し取ったり、
ATMの操作を指示して振り込ませる手口の被害が多発しています。
警察官や金融機関の職員が暗証番号を聞いたり、ATMで還付金の手続きを行うことはありません。

年末年始は、忙しさで防犯意識が薄れがちになるので、
この運動を機にご近所同士で声を掛け合うなどして、街ぐるみで防犯意識を高めていきましょう。

12月20日までの期間、

「年末の安全なまちづくり県民運動」が行われています。