愛知県警察

top
menu

 

警察相談専用電話(警察本部の住民相談室につながります)
#9110 (短縮ダイヤル)
052-953-9110
(ダイヤル回線・一部IP電話)
月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)
午前9時~午後5時
緊急時は110番
110番通報が困難な方

防災とボランティアの日(1月13日 東海ラジオ)

27年前の1月17日に阪神・淡路大震災が発生したのを契機に1月17日を「防災とボランティアの日」、毎年1月15日から1月21日までを「防災とボランティア週間」と制定しました。日本では、地震などの各種災害が毎年のように発生しており、日ごろからしっかりと防災対策を行うことが重要です。

そこで今日は、地震への備えについてお話します。

まず、自宅内の避難経路を確保するために家具の配置を見直しましょう。あわせて、家具や家電など重たいものは、揺れで倒れたり移動しないよう固定しましょう。

次に、就寝中に地震でガラスが割れても避難できるよう、近くに履き物を用意したり、懐中電灯を用意しておきましょう。そして、非常食や飲料水は少なくとも3日分、できれば1週間分の備蓄をしましょう。飲料水は1人あたり1日3リットルを目安にしてください。そして、保存期間等は定期的に確認するようにしましょう。

その他にも、携帯電話は家族の安否確認や情報収集に欠かせません。しかし、災害発生時は長時間停電する可能性もあるため、モバイルバッテリー等を用意し、停電時でも携帯電話等の充電ができるようにしておきましょう。

また、災害発生時に家族や友人と連絡をとる方法として、NTTが提供する災害伝言ダイヤル「171」や、携帯電話事業者が提供する災害用伝言板があります。防災とボランティア週間などに体験することができますので、皆さんも一度体験してみましょう。

日本では、地震などの各種災害が毎年のように発生しており、日ごろからしっかりと防災対策を行うことが重要です!

1065