ホーム > 県警について > ラジオ放送(警察だより) > もし運転中に大地震に遭遇したら(9月18日CBCラジオ)

緊急時は110番

Web110番に接続

警察相談専用電話

#9110 (短縮ダイヤル)

052-953-9110

(ダイヤル回線・一部IP電話)

月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)

午前9時~午後5時

  • メール受付のご案内
  • よくある警察相談Q&A
  • 落とし物忘れ物検索
  • 統計情報
  • 法律・条令・制度

ここから本文です。

更新日:2019年9月18日

もし運転中に大地震に遭遇したら(9月18日CBCラジオ)

ラジオをお聞きの皆さんの中には、今、運転中という方もいらっしゃいますよね。では、もし運転中に大地震が発生したら、皆さんはどうしますか。

今日は、運転中に大地震が発生した場合の対応についてお話します。

まず、走行中に大きな揺れを感じたら、急ハンドル、急ブレーキを避け、周囲の状況を確認しながら、道路の左側に車を寄せて停車しましょう。車を停止させたら、慌てて外に出ずに、揺れがおさまるまで車の中で待機し、ラジオや携帯電話などで、地震情報または道路交通情報を確認してください。

車を置いて避難する場合は、できるだけ道路外の場所に車を止めるようにしましょう。やむを得ず道路上に車を置いて避難する場合は、道路の左側に車を駐車し、エンジンを止め、エンジンキーはつけたままにするか運転席の分かりやすい場所に置きましょう。また、窓を閉め、ドアはロックしないようにしましょう。

引き続き車を運転するときは、道路の損壊、信号機の停止、道路上の障害物などに十分注意しましょう。

震災発生時には、災害の状況に応じて、交通規制を行います。現場の警察官の指示に従ってください。

 

災害はいつ発生するか分かりません。いざという時に慌てないためにも、日ごろから災害発生時にどうすればよいかを考え、備えをしっかりしましょう。