愛知県警察

top
menu

 

悪質商法から身を守るために(5月27日CBCラジオ)

今日は、年々手口が巧妙になってきている悪質商法についてお話しします。

近年、悪質商法の手口は、「絶対に儲かります」などと甘い言葉で勧誘し、未公開株や社債の取引き、ファンドへの出資等の名目で高額な金を振り込ませ、配当がないばかりか、実際には投資の運用実態すらないといった詐欺的な被害が増加しています。

また、高齢者や主婦を狙い、家の屋根等の点検を口実に、不要なリフォーム工事を高額で行う点検商法や、不要品回収を謳って訪問し、貴金属などを安値で買い取っていく訪問購入業者の相談も後を絶たない状況です。

そこで、皆さんにお願いです。大切な自分の財産を守るために、

  • うまい話を信用しない
  • 一人で悩まず、警察や身近な人に相談する
  • つられて返事をしない
  • すぐに契約しない
  • あいまいな返事をせず、はっきりと断る

といったポイントを守り、被害防止に努めましょう。また、見知らぬ業者から、未公開株や社債などの金融商品を勧められ、「今だけ」「貴方だけ」「絶対に儲かる」などと書かれたダイレクトメールやパンフレットが送られてきたり、電話勧誘を受けた場合や、家を訪問してきた業者が「住宅や屋根瓦、配管などを無料で点検します」「眠っている貴金属はありませんか」などと言ってきた場合は、詐欺や悪質業者ではないかと疑ってみる必要があります。

もし、詐欺かもしれないと迷ったら、一人で悩まず、お近くの警察署や消費生活センターにご相談ください。

悪質商法から身を守りましょう!

1065