愛知県警察

top
menu

 

警察相談専用電話(警察本部の住民サービス課相談係(住民コーナー)につながります)
#9110 (短縮ダイヤル)
052-953-9110
(ダイヤル回線・一部IP電話)
月曜日~金曜日
(年末年始・休日を除く)
午前9時~午後5時
緊急時は110番
110番通報が困難な方

犬山警察署0568-61-0110

 

セーフティ・レディースの委嘱

セーフティ・レディースの委嘱

2022年7月19日
交通安全を呼び掛ける女性ボランティア「セーフティ・レディース」に、犬山市内の銀行行員1名を委嘱しました。「セーフティ・レディース」は、ほかにも数名いますが、いずれも民間企業の女性従業員らが務めており、犬山署独自の制度です。犬山署で委嘱状交付式があり、犬山署長が「さわやかな笑顔とともに交通安全を届けてください」と協力を求めました。その後、管内のショッピングモールに移動し、歩行者に対する交通安全を呼び掛けるチラシを配りました。

地域課松本、脇坂 両巡査長 見事な連携で人命救助

地域課松本、脇坂 両巡査長 見事な連携で人命救助

2022年7月20日
犬山署地域課の松本、脇坂両警察官が大雨で増水した川で流されていた高齢女性を救助しました。
午後6時30分頃、「川で人が流れている」と通報が入り、両名は現場へ急行しました。
川で高齢女性があおむけで流されているのを発見しましたが、頭が水の中に沈んでいたため、松本巡査長は川へ飛び込みました。
のり面から水面まで約3メートルあり、水深は足がつかない場所でしたが、必死に女性を抱きかかえて泳ぎ、脇坂巡査長と共に対岸へ引き上げました。女性は水を飲んでいたものの意識はあって命に別条はありませんでした。
この人命救助については、新聞にも掲載されました。
※川で溺れている人を見かけた際は、真似をせず、警察へ通報してください。

交通安全 園児が短冊に願い

交通安全 園児が短冊に願い

2022年7月 7日
管内にある幼稚園の年長児16人が訪れ、笹飾りを前に交通安全を祈りました。笹飾りには、子供たちが事前に書いた短冊がくくりつけられていて、「犬山・扶桑で交通事故がなくなりますように」「かぞくがげんきにいられますように」などの願い事が揺れていました。園児には、署員が横断歩道の渡り方などを教えました。「青信号でも右と左を見てから、手を上げて渡ってね」と署員が呼び掛けると、子供たちは「はーい」と元気よく返事をし、交通事故防止を約束しました。

セーフティ・レディースの委嘱

セーフティ・レディースの委嘱

2022年5月26日
交通安全を呼び掛ける女性ボランティア「セーフティ・レディース」に、5名を委嘱しました。署独自の制度で、犬山市と扶桑町内にある企業の女性従業員らが務めます。犬山署で委嘱状交付式があり、犬山署長が「さわやかな笑顔とともに交通安全を届けてください」と協力を求めました。その後、犬山駅コンコースに移動し、自転車乗車時のヘルメット着用を呼び掛けるチラシを配りました。

岩見山登山道で山岳訓練を行う

岩見山登山道で山岳訓練を行う

2022年5月 2日
犬山署管内の岩見山にある八曽の滝周辺の登山道で、山岳訓練を行いました。
犬山署管内には、尾張富士、本宮山、岩見山、継鹿尾山等の山々がありますが、過去3年間で登山者などによる7件の道迷い事案が発生しており、うち2名の方が亡くなっています。(岩見山でも昨年1名の方が亡くなっています)
夏や秋の登山シーズンを控え、登山道の安全確認と、遭難が発生した際の安全かつ迅速的確な対応ができるよう技術の習得に努めました。
八曽の滝がある岩見山は、標高が250メートルと低山で登山ルートが確立され、年齢や季節を問わず手軽に登れることから、軽装で装備品等の準備をしない登山者も見受けられますが、雨が降ったりして疲労がたまれば動けなくなる場合もあることから、十分な準備と時間と体力に余裕をもって楽しんで登山をしてください。

特殊詐欺被害防止対策優良店舗に対する表彰

特殊詐欺被害防止対策優良店舗に対する表彰

2022年5月23日
複数回にわたり声かけで架空料金請求詐欺の未然防止をした管内のコンビニエンスストアに特殊詐欺被害防止対策優良店舗の認定証を贈呈しました。
パソコンのウイルス感染を修理するために電子マネーを要求するのは詐欺の手口です。
みなさん気をつけましょう!!

詐欺被害防止キャンペーンを実施

管内の金融機関で詐欺被害防止キャンペーンを実施

2022年4月15日
当署管内では、高齢者を狙った特殊詐欺被害が増加しています。
4月15日の年金受給日に合わせて、特殊詐欺被害防止について意識を高めてもらえるよう、金融機関を利用する方々へ注意を呼び掛けるキャンペーンを行いました。
キャンペーンでは、チラシやティッシュを配布し、特殊詐欺被害防止を呼びかけました。
犯人からの電話を受け、自分が被害に遭っているとはなかなか気づきません。
皆様から高齢者の方へ、積極的な声掛けをよろしくお願いいたします

柏森市守まつり

交通安全防災パレードに参加しました

2022年4月10日
丹羽郡扶桑町で行われた柏森市守(いちもり)まつり交通安全防災大パレードに犬山署も参加しました。
柏森発展協議会の方々を始め、多くの町民の皆様と交通安全・防犯及び防火を呼びかけました。4月は、車や人の動きが慌ただしくなります。時間に余裕がないと、安全確認がおろそかになり交通事故につながる危険性があります。早めの出発で、心のゆとりと思いやりをもって運転しましょう。
また、尾張地区で詐欺の予兆電話が多発しています。見知らぬ相手から「警察」「百貨店」「市役所」「銀行協会」「カードが使われた」「暗証番号を教えてください」のキーワードが出たら詐欺電話だと思い、一度電話を切ってすぐに警察に通報しましょう。

愛知さくらライオンズに感謝状

交通安全に貢献した団体に感謝状

2022年4月 7日
交通安全に貢献した団体に県警本部長名の感謝状を贈りました。この団体は、犬山市や扶桑町など四市二町の女性経営者らでつくる団体で、交通安全運動期間中に道路沿いに立ち、シートベルト着用のプラカードを掲げる活動を行ってきました。感謝状を受けた会長は、「今まで続けてきた奉仕活動が評価されて大変光栄です。これからも続けていきたい」と話されました。

感謝状贈呈

感謝状の贈呈

2022年2月 3日
特殊詐欺被害を未然に防止したコンビニエンスストアへ感謝状を贈呈しました。
来店した高齢男性が、プリペイドカードの購入を申し出たため、不審に思った女性店員が事情を尋ねると、男性は「パソコンがウイルスに感染し、画面に出たサポートセンターに電話をしたら35,000円分のプリペイドカードを要求された」と説明しました。女性店員が、警察への相談を呼びかけ、詐欺被害を未然に防止することができました。このように「コンビニでプリペイドカードを購入して番号を教えて」といった場合は、詐欺である可能性が高いので、絶対に支払わないようにしましょう。

扶桑の死亡事故から1年 犬山署員 現場で献花

扶桑の死亡事故から1年 犬山署員 現場で献花

2022年2月 3日
扶桑町高雄の町道で昨年2月3日、横断歩道を渡っていた女性が車にはねられ亡くなった事故から1年になりました。その女性は、遊歩道と町道が交わる信号のない交差点の横断歩道で、右からきた車にはねられました。
事故現場では、ちょうど1年後の2月3日、犬山署員が花を手向け、女性のご冥福を祈りました。犬山署管内ではこの1年、交通死亡事故は起きていません。改めて悲しい死亡事故は発生させないという強い気持ちで交通死亡事故抑止活動に取り組みます。

1263