犬山警察署  

ここから本文です。

活動レポート

誠信高校

あゆみ&県警音楽隊による交通教室の開催

2019年4月15日(月曜日)

管内の高校新1,2年生に、県警の交通安全教育チーム「あゆみ」と県警音楽隊による交通安全教室を開催しました。
グランドでは交通安全教育チーム「あゆみ」から自動車の死角や、車が曲がる際に発生する内輪差の危険性について説明をしました。
また体育館では音楽隊のドリル演奏と合間の交通安全広報などで、自転車の危険運転は自分たちも交通事故の加害者になる可能性があることを学び、「自転車の安全走行に心がけます」と話していました。

地域安全活動推進委員委嘱

地域交通安全活動推進委員委嘱!

2019年4月8日(月曜日)

地域の交通安全活動を円滑に進めるため、管内の12名に地域安全活動推進委員を委嘱しました。
委嘱式終了後、犬山駅で飲酒運転撲滅キャンペーンを行い、チラシなどを配布し交通安全を呼び掛けました。
委員の方々は「署長から委嘱を受け、身が引き締まりました。2年間の任期を地域のために精一杯がんばります。」と話していました。

犬山祭2019

犬山祭開催に伴う雑踏警備を実施しました

2019年4月6日(土曜日)

4月6日と7日に開催された犬山祭で雑踏警備を行いました。ユネスコ無形文化遺産に登録された祭りを楽しもうと2日間で約41万人もの見物客が訪れ、車山やからくり人形に見入っていました。お祭りは大きな混乱もなく、無事に警備を終えることができました。ご協力ありがとうございました。

子供会20190322

管内の子供会が警察署を見学!

2019年3月22日(金曜日)

管内にある子供会のメンバーの皆さんが警察署見学に来てくれました。児童の皆さんは、署員に警察の仕事について熱心に話しを聞いたり、警察署内やパトカーを見学して警察の仕事についてたくさん学習しました。大きくなったら、ぜひ警察官になってくださいね。

CCnet収録

ケーブルテレビから防犯対策を発信!

2019年3月11日(月曜日)

管内で多発している犯罪を抑止するため、地元ケーブルテレビの協力を得て署員が寸劇で被害防止を呼びかけました。
「防犯リポート」と題した寸劇では、住宅対象侵入盗に対する防犯対策に有効な、センサーライトや補助錠、ガードプレートなどの防犯用品を紹介し、空き巣などの被害にあわないよう注意を呼びかけました。

インターンシップ2019

ミニインターンシップin犬山警察署を開催しました

2019年2月27日(水曜日)

警察官を志望する大学生などを対象に、ミニインターンシップを開催しました。パトカー見学、鑑識の指紋採取、災害救助訓練、犬山駅での防犯・交通安全キャンペーンでの広報活動の体験、現役警察官とのフリートークなどを行いました。参加者からは「フリートーキングでは貴重な体験を聞かせてもらい、とても参考になりました。」との意見が聞かれました。また犬山駅でのキャンペーンでは通行人の方々から暖かい励ましの言葉をいただきました。ご協力ありがとうございました。

200日ラリー

200日間自転車無事故無違反ラリーで表彰

2019年2月15日(金曜日)

平成30年6月4日から行った「200日間自転車無事故無違反ラリー」で、自転車利用時の事故防止や違反防止に取り組み、無事故無違反を達成した高校や中学を表彰しました。受賞したのは犬山市・扶桑町の中学校3校と高校2校です。受賞した中学生は「これからも事故や違反をしないように気をつけて登校したいと思います。」と話していました。

マラソンフェスティバルやりました3

「コノハけいぶ」いぬやまランニングフェスティバルで振り込め詐欺防止を広報!

2019年2月10日(日曜日)

「いぬやまマラソンフェスティバル」に県警のシンボルマスコット「コノハけいぶ」が参加し、約1kmのマラソンコースを他のランナーと写真を撮るなどして、和やかな雰囲気の中走りながら、振り込め詐欺防止や交通事故防止を呼び掛けました。
ランナーからは、「コノハけいぶはさすが警察官。たくましいですね。振り込め詐欺の被害に遭わないように気を付けます。」といった声が聞かれました。

節分

成田山節分まつりにおける雑踏警備を実施しました。

2019年2月3日(日曜日)

成田山で行われた節分まつりで、来場者に、事故がなく楽しく行事に参加できる様、雑踏警備を行いました。
前日とあわせて約2万人の方が来場しましたが、事故もなく無事に終了することができました。ご協力、ありがとうございました。

節分キャンペーン

成田山節分まつりで交通安全・防犯キャンペーン!

2019年2月3日(日曜日)

成田山節分まつりで交通安全・防犯キャンペーンを行いました。反射材や特殊詐欺防止豆などを来場者に配布し、交通事故や犯罪にまきこまれないよう呼び掛けました。来場者の方からは、「節分の豆まき祭に来て、交通安全や防犯について知ることができて良かったです。」といった声が聞かれました。

合同訓練

消防署との合同訓練を行いました

2019年1月21日(月曜日)

災害や重大な交通事故発生時に、素早く負傷者を救出して適切な治療を受けさせるため、消防と合同で訓練を行い、お互いの連携強化を図りました。訓練に参加した署員は「事故現場等における協働活動に役立つ有益な訓練でした。」と話していました。

110番の日

「110番の日」の広報を実施しました

2019年1月8日(火曜日)

1月10日の「110番の日」に先駆け、110番を正しく理解してもらおうと犬山駅で「110番の広報」を行いました。
駅の利用者などに、通報時の注意を呼びかけ110番の正しい利用方法について広報しました。
なお緊急でない相談は平日の午前9時~午後5時まで#9110で受け付けています。

感謝状贈呈式

感謝状贈呈式を行いました

2019年1月10日(木曜日)

管内の公民館で「平成31年犬山警察署感謝状贈呈式」を行い、日頃から警察活動にご協力いただいている個人・団体の皆様に署長から感謝状を贈りました。
式典の中で荒川署長は、「暴力団抗争、侵入盗、あおり運転、特殊詐欺などさまざまな事案を的確に対処し、安心して暮らせる安全な犬山市、扶桑町の確立を目指していきます。」と決意を述べました。

写真:初詣の雑踏警備

初詣の雑踏警備を実施!

2019年1月3日(木曜日)

大晦日から1月3日まで、初詣における雑踏警備を行いました。3日間で約48万人の参拝客がありましたが、大きな混乱もなく無事に警備を終えることができました。ご協力、ありがとうございました。

CCネット

ケーブルテレビから年始のご挨拶!

2018年12月18日(火曜日)

地元ケーブルテレビの年末年始の特別番組として、署長の「新春挨拶」の収録をしました。
この「新春挨拶」は署長が管内の皆様に毎年お届けしているもので、平成30年の事件や事故の発生状況、防犯対策など、様々な情報を発信します。
1月1日から1月6日まで放送されます。ぜひご覧ください。

激励訪問

福祉施設のみなさんが激励訪問!

2018年12月12日(水曜日)

管内にある福祉施設のみなさんから、日頃の警察官の活動に対する激励として、すてきなシクラメンの花をいただきました。署長は「すてきなお花をありがとうございます。心が癒やされます。厳しい年末年始を頑張って乗り切っていきたいと思います。」と話していました。

年末警戒

年末の犯罪抑止・交通事故防止を目指して!

2018年12月3日(月曜日)

年末の犯罪抑止・交通事故防止を目的とした「年末警戒出発式」を行いました。出発式では署長から、「犯罪や交通事故のない安心、安全なまちづくりのために頑張りましょう」と署員に対して激励が行われたのち、管内の警戒に従事しました。
この日は、管内のボランティア団体によって編成されたパトロール隊の出発式や、主要路線で交通検問など、安全なまちづくりのために様々な取り組みが行われました。

被害者支援

被害者支援キャンペーン

2018年11月28日(水曜日)

11月25日から12月1日までの犯罪被害者週間にあわせて、犯罪被害者やその家族が抱える様々な問題について関心を持ってもらい、支援の輪を広げていこうという目的で、犬山駅で犯罪被害者キャンペーンを行いました。犬山を訪れた観光客は「被害にあわないことが一番大切ですが、被害に遭って相談できるところがあることを知り安心しました。」と話していました。

巫女さん交通安全キャンペーン

巫女さんによる交通安全キャンペーン

2018年11月19日(月曜日)

管内にある神社の巫女さん、氏子総代と一緒に、交通安全キャンペーンを行いました。
痛ましい交通事故を1件でも少なくしたいという願いを込め、交通安全祈願したステッカーなどの啓発グッズをドライバーに配布し、交通安全を呼び掛けました。
ステッカーを受け取った方は、「『スピードを控えめに、ブレーキは早めに』を心がけます」と話していました。

今仙護身術

護身術教室開催!

2018年11月14日(水曜日)

管内企業の女性社員を対象に護身術教室を開催しました。いきなり手を握られたとき、抱きつかれたときどのように対処するか、また馬乗りにされたときはどうしたらいいかなどを実体験してもらいました。参加者は「護身術という自分の身を守る方法を教えてもらい、安心して生活できます。」と話していました。

防犯ねじ

ご祈祷の後は防犯対策!

2018年10月17日(水曜日)

管内の寺院で、ナンバープレート盗難防止用の防犯ネジ取付けキャンペーンを行いました。盗難にあったナンバープレートは空き巣などの犯人が移動手段にする車に取り付けたり、偽造ナンバーに使用されるなど悪用されることが多いため、参拝者に注意を呼びかけ実際に防犯ネジの取付けを行いました。参拝者は「これで安心して運転し、駐車することができます」と話していました。

職場訪問

管内の中学生が職場見学に来ました!

2018年10月25日(木曜日)

警察の仕事に興味を持つ中学1年生6名が職場体験に訪れました。生徒たちは、警察官の話を熱心に聞いたり、パトカーを見学したりして警察の仕事についてさらに理解を深めていました。将来は是非愛知県警察の警察官として一緒に働きたいですね。

地域安全大会

「2018犬山扶桑地域安全大会」を開催!

2018年8月23日(木曜日)

犬山扶桑防犯協会と、地域の防犯力の向上のため、犬山扶桑地域安全大会を開催しました。当日は多くの方が来場し、お笑い芸人や地元住民等が参加する劇団による防犯寸劇、愛知県警察音楽隊による演奏、愛知県警察広報大使「BOYS AND MEN」と署員による防犯トークショーが行われ盛り上がりました。
来場者の方からは「防犯に対する意識が高まりました。家に帰ったら近所の人にも話をしていきたい」といった声が聞かれました。

オリエンテーション

管内大学の新入留学生に広報活動を実施

2018年4月2日(月曜日)

管内大学の新入留学生オリエンテーションに参加し、広報活動を行いました。内容は日本の警察について、日本で生活していくうえで守らなければならない交通ルール、事件事故に遭遇したときどうしたらいいか、地震や災害にあったときは・・・等々すぐに役立つことを中心に、日本語の勉強にも役立つように子供向けの資料でわかりやすく説明しました。大学の関係者からは「私たちにもとても興味のあるお話でした。」という声も聞かれました。

305期赴任

犬山署へ赴任しました

2018年1月25日(木曜日)

このたび警察学校を卒業した男性警察官3名が当署に赴任しました。これから警察署をあげてこの3名を愛知県の「安心」と「安全」を守る一人前の警察官となるように育て上げていきます。若さあふれる彼らが活躍する日がやって参りますので温かい目で彼らの活躍を見守ってください。

山野草展

警察官OBによる山野草展を開催しました

2017年5月19日(金曜日)

5月11日から5月19日までの間、犬山警察署一階ロビーでは、警察職員によるOB会「犬山警友会」の園芸クラブのメンバーが、丹精込めて咲かせたランなどの山野草を展示し来庁者の目を楽しませました。
展示フロアーには「犬山けいさつからのおしらせ」「防犯宣言」など、多発する侵入盗防止のチラシも掲示し防犯広報も行いました。
来庁者には「きれいですね。私も昔作っていたことがあります。」「フラワーアレンジメントをやっているのでとても興味があります。」などと好評な展示会となりました。

セーフティレディズ

広報活動員「セーフティ・レディース」の委嘱

2017年4月19日(水曜日)

県下で多発する交通死亡事故抑止のため、犬山警察署では管内の7事業所の協力を得て、女性従業員の方を広報活動員「セーフティ・レディース」に委嘱し、様々な機会に交通安全活動のご協力をいただくこととなりました。
署長から委嘱状を受領の後、名鉄犬山駅において反射材やチラシを配布し交通事故防止を呼びかけました。セーフティ・レディースのみなさんは、「私たちの活動が交通死亡事故抑止につながるよう頑張ります」と意欲をみせていました。

わんまる交通大使委嘱

「わん丸君」を交通安全大使に委嘱!

2017年4月12日(水曜日)

犬山警察署では、犬山市公式キャラクターの「わん丸君」を交通安全大使に委嘱しました。今後は交通安全大使として、市内各地で行われる交通安全キャンペーンなどに積極的に参加をしていただく予定です。この日はさっそく犬山市役所で交通安全キャンペーンを行い来庁者には「わん丸君に会えて感激です。またこのようなキャンペーンで会いたいです」と大変好評でした。

防犯ネジ

防犯ネジ取付けキャンペーン

2017年4月4日(火曜日)

管内のスーパーマーケットで、ナンバープレート盗難防止用の防犯ネジ取付けキャンペーンを行いました。盗難にあったナンバープレートは空き巣などの犯人が移動手段にする車に取り付けたり、偽造ナンバーに使用されるなど悪用されることが多いため、来客者に注意を呼びかけ実際に防犯ネジの取付けを行いました。来客者は「これで安心して駐車できます」と話していました。

防犯パトロール

地域住民の方と防犯パトロールを実施しました!

2016年12月8日(木曜日)

年末の防犯キャンペーンの一環として、地域住民の方と年末の防犯パトロールを行いました。パトロールの出発式を行った後、参加者約100名で近隣住宅街をパトロールしました。活動に参加した住民の方からは、「住民と警察が一体となってパトロールをすることで防犯の意識が高まります。」といった声が聞かれました。