愛知県警察

top
menu

 

犬山警察署0568-61-0110

 

自転車安全利用モデル校委嘱式

自動車安全利用モデル校委嘱式

2020年7月13日
自転車は身近で便利な移動手段ですが、自転車を利用する上でのルールやマナーが徹底されておらず、交通事故の原因となっています。特に若い年齢層では、車の特性などの知識に乏しく、危険な走行をする状況が散見されます。こうした現状を改善するため、管内の高等学校を自転車を安全に利用するための安全教育実施モデル校に指定し、犬山警察署長から高等学校長に、モデル校の委嘱状を交付しました。

「止まる、見る、待つ」を大切に

高校で自転車教室

2020年6月15日
管内の高校で、当署の交通課と県警交通安全教室「あゆみ」が新入生のため自転車の乗り方教室を開きました。
教室では実演を交えながら、「止まれ」の標識を守り、止まった後も左右、後ろも安全確認することを呼びかけました。
また、交通課長が「管内(犬山市と扶桑町)ではこの5年間に自転車で登下校する中高校の人身事故が60件あった。自分だけは大丈夫という過信は持たないで」と訴えました。
生徒らからは、「今まで標識をよく見てなかった。」「事故が多いと知ったのでこれからは標識を意識し、必ず守り、安全確認をします。」という声が聞かれました。

200日ラリー表彰式

200日無事故無違反ラリー達成表彰式を行いました

2020年2月21日
犬山署管内の6中学校と4高校の10校で行った、200日間自転車無事故無違反ラリーの表彰式を行いました。
5月15日から11月30日までの200日間、交通事故防止に向けて各学校が取り組んできた結果、9校が無事故無違反を達成しました。
表彰式には、BOYS AND MENの2人も来場し、表彰式後「自転車安全利用5則」を唱和しました。
参加した生徒からは「今後も交通事故を起こさないように交通ルールを守って自転車に乗ります」などの声があがりました。

ミニインターンシップ2020春

ミニインターンシップin犬山警察署を開催しました

2020年2月12日
警察官を志望する大学生などを対象に、ミニインターンシップを開催しました。パトカー見学、逮捕術体験、SP体験、犬山駅での防犯・交通安全キャンペーンでの広報活動の体験、現役警察官とのフリートークなどを行いました。参加者からは「フリートーキングでは貴重な体験を聞けて、とても参考になりました。」との意見が聞かれました。また犬山駅でのキャンペーンでは通行人の方々から暖かい励ましの言葉をいただきました。ご協力ありがとうございました。

1263