ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 愛知県の健康長寿産業振興 > 健康長寿産業の振興について(2019年度実績)

健康長寿産業の振興について(2019年度実績)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

あいち健康長寿産業クラスター推進協議会活動の推進

 企業や大学、自治体等を構成員とし、健康長寿産業振興に関するイベントや施策等の様々な情報提供を目的にメールマガジンを配信。協議会総会及び健康長寿産業の振興に資する講演会の開催。企業や大学等とのマッチングをサポート。

  • 総会・講演会の開催
  • 会員向け情報提供
  • マッチング相談対応

あいち健康長寿産業クラスター推進協議会 総会・講演会

※2020年3月に開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の拡大により中止。

 

参入支援

メディカル・デバイス産業振興協議会の取組支援

名古屋市、名古屋商工会議所等とともに、医療機器分野への参入を目的としたメディカル・デバイス産業振興協議会(事務局:名古屋商工会議所)の取組を支援。

メディカルメッセ in 第30回日本医学会総会 2019 中部の開催

 医療×モノづくり技術の展示商談会「メディカルメッセ in 第30回日本医学会総会 2019 中部」を開催し、名古屋商工会議所、中部医療機器工業協会等と連携し、医療機器メーカーとモノづくり企業とのマッチング商談会を実施。

・主催   愛知県、名古屋市、名古屋商工会議所、中部医療機器工業協会、
     中部先端医療開発円環コンソーシアム、メディカル・デバイス産業振興協議会

・特別協力 中部経済産業局、岐阜県、三重県

・会期   2019年4月27日(土曜日)、28日(日曜日)、29日(月曜日・祝日)の3日間

・場所   名古屋国際会議場 イベントホール

・内容   ニーズを提示する医療機器メーカーと技術を有するモノづくり企業が
     参加する展示・商談会

      ・ブース展示 80社・団体
       ※愛知県ブースではあいち健康長寿産業クラスター推進協議会会員6社による
       展示を実施

      ・事前調整型商談会 商談件数34件

      ・企業ブースツアー

      ・出展者プレゼンテーション

      ・各種セミナー(筒井宣政基金セミナー、行政機関主催セミナー、地域医療機関
      セミナー、医工連携セミナー)

      ・愛知県臨床工学技士会 製品・技術相談会&医療現場ニーズ商談会

      ・大同特殊鋼株式会社 ホシザキ工場 見学会

・参加者数   出展者数:80社・団体 来場者数:2,518名

愛知県医療機器セミナーの開催

 「メディカルメッセ in 第30回日本医学会総会 2019 中部」において、先進的な医療機器開発の取組に関する講演会を開催。

 ・日時 2019年4月29日(月曜日) 10時30分から11時30分まで

 ・内容  「再生医療の産業化を推進するヒト(同種)細胞を用いた製品開発」

 ・講師 株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
        執行役員 研究開発部長 井家 益和 氏

 ・参加者数 33名

企画・設計支援

PMDAレギュラトリーサイエンス総合相談 出張個別面談in名古屋

 医療機器に関する革新的な研究成果や技術を有する大学、研究機関、ベンチャー企業等を対象に、医療機器の承認審査機関であるPMDAが、実用化に必要な治験方法や手続等に関する相談について、指導や助言を実施。

  • 日時 2020年2月5日(水曜日) 9時から17時まで

研究開発支援

新あいち創造研究開発補助金

 将来の成長が見込まれる分野(次世代自動車、航空宇宙、健康長寿、ロボット等)において、企業が行う研究開発や実証実験を助成。

・採択17件数 83件(うち健康長寿分野17件)

福祉用具開発・実証評価支援

導入効果検証支援事業

 福祉用具・機器等を開発する県内中小企業 等を対象として、開発した福祉用具・機器の導入効果を検証するための効果的な実証実験計画や倫理申請書類の作成、福祉用具情報システムへの登録等を支援するための研修会を開催。
 また、研修会参加企業に対して倫理申請書類の作成指導を実施。

福祉用具・機器等導入効果検証支援研修会

【1日目】
  日時 2019年9月25日(水)13時30分から16時30分まで

  会場 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 13階 特別会議室C 1309号室

  内容 講演1「福祉用具情報システムの紹介と用具・機器開発のポイント・留意点」
            公益財団法人テクノエイド協会 企画部 部長 五島 清国 氏

      講演2「人を対象とする人間生活工学実験における倫理的配慮と倫理審査
          申請書の書き方について」
            一般社団法人人間生活工学研究センター 事務局長 畠中 順子 氏

      面談・ヒアリング
            一般社団法人人間生活工学研究センター 事務局長 畠中 順子 氏
                                   東京事務所長 髙橋 美和子 氏

【2日目】
  日時 2020年2月20日(木) 14時から18時まで

  会場 安保ホール 701会議室

  内容 講演1「人間生活工学実験倫理審査申請書の書き方と注意点」
            一般社団法人人間生活工学研究センター 事務局長 畠中 順子 氏

      講演2「人にやさしいものづくり入門」
            一般社団法人人間生活工学研究センター 事務局長 畠中 順子 氏

倫理審査支援書類の作成指導

 ・倫理申請書類の作成指導
 ・倫理審査申請書類の作成支援

あいち福祉用具開発ネットワークの運営

 有用な福祉用具の開発を促進することを目的に、福祉用具の開発側(モノづくり企業等)と利用側(医療・福祉施設等)が、協働により開発や実証評価を行う仕組みとして、両者が参画する「あいち福祉用具開発ネットワーク」を運営。
 これまでに開発支援した福祉用具の実用化・普及を図るため、展示会出展支援や福祉施設等において出張デモを実施。

福祉用具・介護ロボット 出張デモの実施

 県内企業等が開発した福祉用具や介護ロボットを医療・介護施設へ訪問して実演を行う出張デモを実施。
・ 対象器具・機器 20用具・機器
・ 実施件数 10件