ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 健康対策課 > 愛知県のがん登録について

愛知県のがん登録について

愛知県のがん登録について

 愛知県では、県内の悪性新生物(がん)罹患の実態を把握し、愛知県におけるがん対策の推進に資することを目的として、1962年から「悪性新生物患者登録事業」を実施してきました。
 2016年1月からは新たに「がん登録等の推進に関する法律」が施行され、全国の医療機関で届出が義務化となり、「全国がん登録」として事業が行われています。
 また、愛知県では、毎年がん登録による県内のがん罹患状況等をまとめています。最新の「愛知県のがん統計」については、以下をご覧ください。

愛知県のがん統計 2019年12月 Cancer Incidence for 2016 in Aichi Prefecture

       「2.罹患の状況」の中の「発見経緯」のグラフに数字の誤りがありましたので、令和2年4月20日に修正版を掲載しました。

第1章 愛知県のがん登録事業 The Registry And Registration Procedure In Aichi Prefecture

第2章 愛知県のがん罹患の状況 Results

(1)届出の状況 Number of Reports

 2018年には161医療機関からのご協力により66,899件の届出があり、1962年からの届出総数は1,118,805件となりました。

(2)罹患の状況 Cancer Incidence in 2016

 2016年に愛知県において、男性延べ28,363件、女性延べ20,711件の、合計49,074件のがんが、新たに診断されました。男性で最も多いがんの部位は前立腺であり、肺、胃、結腸、直腸と続きます。女性で最も多いがんの部位は乳房であり、結腸、肺、胃、子宮と続きます。

        「発見経緯」のグラフに数字の誤りがありましたので、令和2年4月20日に修正版を掲載しました。

(3)死亡の状況 Cancer Death in 2016

 2016年1月1日から12月31日の1年間に、愛知県在住者では、男性11,429人、女性7,658人、合計19,087人の方が、がんを原因として死亡されました。部位別では、男性で最も死亡数の多い部位は肺であり、胃、同率で結腸、膵臓と続きます。女性でも肺が最も多く、結腸、胃と続きます。

(4)5年相対生存率(2009-2011年罹患症例) 5-year Relative Survival Rate

 愛知県がん登録に登録されている2009年1月1日から2011年12月31日に診断されたがん罹患集計対象(愛知県在住者)から、5年相対生存率を算出しました。

付表 Appendix Tables

(5)年次推移 Trends

(6)人口動態統計(死亡)の概況-愛知県 Death Statistics in Aichi Prefecture

過去の統計情報

 さらに過去の統計情報を閲覧したい場合は、健康対策課までお問い合わせください。

がん登録関連サイト

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)