ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農業振興課 > 野生イノシシの豚熱検査結果について

野生イノシシの豚熱検査結果について

野生イノシシの豚熱検査結果について

2020年10月23日 金曜日 発表

野生イノシシの豚熱検査結果について

 

愛知県内で9月24日から10月15日までに回収した野生イノシシ100頭について、豚熱遺伝子検査を実施したところ、10月22日の検査で本県で139例目となる陽性事例が豊橋市で確認されました。
なお、検査結果で陽性となった野生イノシシについては次のとおりです。

 1 陽性となった野生イノシシの詳細
 回収場所個体の状況
発見日状況性別成子体長体重
139例目豊橋市嵩山町10月15日捕獲メス成獣120cm80kg

 
2 豚熱に対する対応状況

(1)県内の養豚農場に対する措置

今回の事例の周知とともに、農場に出入りする人及び車両に対する消毒の徹底や野生イノシシの侵入防止の徹底を指導します。
なお、県内の全ての養豚農場は、豚熱ワクチン接種を行っているため、立入検査等は実施しません。

(2)野生イノシシへの豚熱経口ワクチン散布

2019年3月から行っている野生イノシシへの豚熱経口ワクチン散布を今後も計画的に実施していきます。

 

 

3 その他

(1)野生イノシシを対象とした豚熱検査の実施について

県内全域において、死亡※または捕獲された野生イノシシの検査を実施しています。

(2)検査結果の公表について

野生イノシシの豚熱検査結果については、以下の愛知県農業振興課 Webページにて公表しています。

    URL:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/nogyo-shinko/kensa.html

※市町村または旧市町村単位で、当該地域の全域が陽性イノシシの確認された地点から半径10kmに含まれる地域で確認された死亡イノシシを除く。

(3)豚熱の呼称及び表記について

 2020年10月16日に農林水産省から、「CSF」の呼称及び表記について今後は「豚熱」を使用する方針であるとの通知を受け、本県においても、今後の呼称及び表記について「豚熱」を使用します。

 

野生イノシシの豚熱検査結果について [PDFファイル/449KB]

 


このページに関する問合せ先
農業振興課
野生イノシシ対策室 経口ワクチン対策グループ
〒460-8501 名古屋市中区三の丸3-1-2 Tel:052-954-6725 Fax:052-954-6008

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)