ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 農業振興課 > 野生イノシシの豚熱検査について

本文

野生イノシシの豚熱検査について

ページID:0383680 掲載日:2022年8月2日更新 印刷ページ表示
次のとおり野生イノシシの検査を実施しています。

(1) 死亡野生イノシシについて
・区域 愛知県全域
・死亡した野生イノシシを発見した場合は次により情報提供ください。

死亡野生イノシシに係る情報提供のお願い

(2) 捕獲野生イノシシについて
・区域 愛知県全域
・血液検体採取にご協力いただいている狩猟者の皆様は、次のことについてご注意ください。

捕獲イノシシからの血液検体採取について

検査結果について

・2022年7月21日から7月31日までの検査結果については、23頭を検査し、全て陰性でした。

・2018年9月15日から2022年7月31日までの野生イノシシ検査実施状況は以下のとおりです。

野生イノシシ検査頭数 3,769頭 陽性151例 陰性3,618例

 検査実施状況 [PDFファイル/499KB]

陽性イノシシ発生エリア

 

記者発表資料

<豚熱検査結果>

(7月21日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(6月23日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(6月10日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
​(5月31日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(5月10日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(2月8日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(1月21日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(1月11日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(12月21日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(12月20日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(11月12日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(10月26日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(12月1日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(11月2日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(10月23日 農業振興課発表)野生イノシシの豚熱検査結果について
(10月2日 農業振興課発表)野生イノシシのCSF(豚熱)検査結果について
(10月1日 農業振興課発表)野生イノシシのCSF(豚熱)検査結果について
(9月1日 農業振興課発表)野生イノシシのCSF(豚熱)検査結果について
(8月25日 農業振興課発表)野生イノシシのCSF(豚熱)検査結果について
(7月31日 農業振興課発表)野生イノシシのCSF(豚熱)検査結果について
(7月1日 農業振興課発表)野生イノシシのCSF(豚熱)検査結果について
(6月17日 農業振興課発表)野生イノシシのCSF(豚熱)検査結果について
(6月2日 農業振興課発表)野生イノシシのCSF(豚熱)検査結果について
(5月8日 農業振興課発表)野生イノシシのCSF(豚熱)検査結果について
(4月1日 農業振興課発表)野生イノシシのCSF(豚熱)検査結果について
過去の野生イノシシのCSF検査についての記者発表資料はこちらです。

浸潤状況調査結果について

(1)豚熱に感染したイノシシの状況について 

 2022年4月から6月までの検査頭数(遺伝子検査の結果が判明したイノシシの頭数)は243頭でした。そのうち、4頭の豚熱に感染したイノシシが確認され、県全体の感染率は1.6%となりました。

(2)豚熱の免疫を獲得したイノシシの状況について

 2022年4月から6月までの検査頭数(遺伝子検査と抗体検査の両方の結果が判明したイノシシの頭数)は223頭でした。そのうち、免疫獲得頭数は61頭で、前回結果(1月~3月分)から県全体の免疫獲得率は0.4ポイント上昇し27.4%となりました。

記者発表資料


このページに関する問合せ先
農業振興課
野生イノシシ対策室 経口ワクチン対策グループ
〒460-8501 名古屋市中区三の丸3-1-2 Tel:052-954-6725 Fax:052-954-6008

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)