ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 尾張農林水産事務所 > 尾張農林水産事務所建設課

尾張農林水産事務所建設課

建設課概要

 建設課は、名古屋市、瀬戸市、春日井市、小牧市、尾張旭市、豊明市、日進市、清須市、北名古屋市、長久手市、東郷町、豊山町の10市2町を所管としており、主に農業農村整備事業(土地改良事業等)の推進、土地改良区の指導などを行っています。

 業務内容は、概ね以下の4種類に分けられ、それぞれを担当するグループによって仕事が行われています。

各グループの業務内容

◯換地・指導グループ

・土地改良事業の法手続きに関すること。

・土地改良事業の換地に関すること。

・土地改良財産に関すること。

・土地改良区の指導監督に関すること。

・公共用地の取得及びこれに伴う損失補償並びに登記に関すること。

・土地改良事業の金融に関すること。

◯調査・団体営・単県グループ

・農業農村整備事業の計画・調査に関すること。

・団体営土地改良事業に関すること。

・単独県費補助事業に関すること。

・災害復旧に関すること。

・応急ポンプの貸出しに関すること。

農業農村多面的機能支払事業に関すること。

◯かんがい排水・生産基盤整備グループ

水質保全対策事業に関すること。

用排水施設整備事業に関すること。

水環境整備事業(用排水路)に関すること。

農業水利施設保全対策事業に関すること。

緊急農地防災事業に関すること。

◯環境整備・防災対策グループ

地盤沈下対策事業に関すること。

防災ダム事業に関すること。

たん水防除事業に関すること。

 

トピックス

土地改良施設耐震対策事業について

 1 概要

   農業用用排水施設をはじめとする土地改良施設が、大規模地震による被害を受けると、復旧するまでにその使用が不可能となり農業生産に悪影響を与えるだけでなく、施設の損傷等により周辺の農用地や宅地等にも甚大な影響を与える恐れがあります。このため、土地改良施設の耐震点検を行い、必要に応じて当該施設について耐震改修を実施し、地震による被害の未然防止を図るため、平成16年度に「土地改良施設耐震対策事業」が国により創設されました。

   愛知県では、平成14年4月の東海地震に係る地震防災対策強化地域の拡大指定、平成15年12月の東南海・南海地震に係る地震防災対策推進地域の指定を受け、地震により決壊した際大きな被害の想定される農業用ため池の耐震診断を平成16年度より、尾張農林水産事務所においては平成17年度より土地改良施設耐震対策事業により実施しています。

  2 事業実施の流れ

事業実施の流れ

 

 

 

 

 

 

 

 

耐震診断 計画査定 ボーリング調査 
(1)耐震診断・計画策定(ボーリング調査)

 

耐震工事実施中
(2)耐震工事実施中

 

耐震工事完了
(3)耐震工事完了

 

 

農業用ため池耐震調査・耐震対策実施状況についてはこちらをご覧下さい。

問合せ

愛知県 尾張農林水産事務所 建設課
E-mail: owari-nourin@pref.aichi.lg.jp
TEL: 052-961-7211

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)