ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 生態系ネットワークの形成に向けて~あいち方式~

生態系ネットワークの形成に向けて~あいち方式~

あいち方式とは

 県民や事業者、NPO、行政といった地域の多様な主体が共通の目標のもとにコラボレーション(協働)しながら、効果的な場所で生物の生息生育空間の保全・創出の取組を行うことにより、人と人とのつながりを育みながら「生態系ネットワーク」の形成を進め、「人と自然が共生するあいち」を実現する仕組みです。

あいち方式

1.生態系ネットワークについて

 多様な主体が、地域の協議会などでのコラボレーション(協働)により、生物生育生息空間を確保する方法です。 

(1)生態系ネットワークとは

(2)生態系ネットワーク協議会                         

2.あいちミティゲーション~開発などにおける、自然の保全・再生とネットワーク化を進める方法~

(1)ミティゲーションとは開発の際に自然への影響を回避したり緩和することです。

(2)あいちミティゲーションとはミティゲーションの考え方に基づいて、土地利用の転換や開発などにおいて、自然への影    
  響を回避、最小化した後に残る影響を、生態系ネットワークの形成に役立つ場所や内容で代償することにより、開発 
  地区域内のみならず、区域外も含めて自然の保全再生を促す、本県独自のしくみです。

4.自然環境の保全と再生のガイドライン

あいち方式を進めていく際の基本的な考え方や手順を示したものです。

 

5.動画「人と自然の共生」に向けた、あいちのコラボレーション

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)